銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】シンプルな情熱

f:id:sal0329:20210724222218p:plain

映画日誌’21-27:シンプルな情熱
 

introduction:

フランスの作家アニー・エルノーの自伝的なベストセラー小説をもとに、妻がいる年下のロシア人外交官との恋に身を焦がす女性教師を描いた恋愛ドラマ。レバノン出身のダニエル・アービッド監督が女性ならではの視点で、原作のスピリットを繊細かつ大胆に表現し、2020年カンヌ国際映画祭公式作品に選出された。『若い女』でリュミエール賞有望女優賞を受賞したレティシア・ドッシュが主演を務め、バレエ界の反逆者にして孤高の天才ダンサー、俳優としても注目を集めるセルゲイ・ポルーニンが恋人役を演じる。(2020年 フランス,ベルギー)
 

story:

パリの大学で文学を教えるエレーヌは、あるパーティでロシア大使館に勤める外交官アレクサンドルと出会う。エレーヌは彼のミステリアスな魅力に強く惹かれ、瞬く間に恋に落ちてしまう。今までと変わらない生活を送りながらも、自宅やホテルで逢瀬を重ね、心はすべてアレクサンドルにとらわれていた。年下で気まぐれ、既婚者でもあるアレクサンドルからの電話をひたすら待ちわびる日々を過ごすエレーヌだったが...
 

review:

「去年の9月から何もせず、ある男性を待ち続けた」と追想するエレーヌを嘲笑うことができる人は、恋に出会っていないのかもしれない。恋は人を愚か者にする。そこに理屈はない。ただそれだけのことを映し出した映画だった。年下男性との愛と性の実体験を赤裸々に綴り、アムールの国フランスの女性たちの深い共感を呼び、大ベストセラーを記録したアニー・エルノーの「シンプルな情熱」が原作だ。
 
恋に身をやつしたりするのが年取るごとにしんどくなり、もう面倒臭いからこのまま一人で平穏に暮らして恙無く人生が終わってくれたらいいや、と思っていた私ですら、若い頃には抗えない思いに身を焦がし、愚かしくひとつの思いに囚われていたこともあったような気がする。若気の至りとでも言うのか、そういう場合の相手は大抵ロクでもない部分があったりする。今思えば何故と思うけれど、そういうものだ。自分の思い通りにいかないから、囚われるのだ。
 
「世界一優雅な野獣」セルゲイ・ポルーニン(が演じるアレクサンドル)の魅力に囚われて自分を見失ったエレーヌは、実に愚かしい。子育てすら疎かになるその姿に共感できないばかりか、苛立つ人もいるだろう。でも、自分の「シンプルな情熱」の忠実な下僕となり、やがて解放されながらも生々しい「世界」と結びつくことができたエレーヌの姿は、どこか清々しい。その心情の移ろいや、感情の機微がリアルに描写されていたように思う。
 
Flying Pickets の Only You が甘い余韻を残し、まるでひとつの恋が終わったような感覚に陥る。と同時に、恋の高揚感とか幸福感とかヒリヒリした痛みだとか、そういうものに振り回されるのはもう2度とゴメンだと思ったりする。そして最後に、「世界一優雅な野獣」セルゲイ・ポルーニン が惜しげもなくモザイク無しで裸体を晒しており、白っ!てか皮!って思ったことと、彼の首にぶら下がってるコインが五円玉なのかどうかが気になって仕方がなかったことを記しておく。
 

trailer:

【映画】クローブヒッチ・キラー

f:id:sal0329:20210722213358p:plain

映画日誌’21-26:クローブヒッチ・キラー
 

introduction:

ゲティ家の身代金』『荒野にて』などで注目を集めるチャーリー・プラマー主演のサスペンススリラー。監督は新鋭ダンカン・スキルズ、脚本は『クラウン』などのクリストファー・フォードが手掛けた。『ザ・シークレット・サービス』や「アメリカン・ホラー・ストーリー」などのディラン・マクダーモット、『ブロークン・アロー』『愛と呼ばれるもの』のサマンサ・マシス、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』などのマディセン・ベイティらが出演している。(2018年 アメリカ)
 

story:

信仰を重んじる小さな町の、貧しくも幸せな家庭で暮らす16才の少年タイラー。ある日、ボーイスカウトの団長も務め、町でも信頼の厚い父親ドンのガレージに忍び込み、猟奇的なポルノや不穏なポラロイド写真を見つけてしまう。不審に思ったタイラーは調べを進めるうちに、10年前に起きた未解決事件「巻き結び(クローブヒッチ)連続殺人事件」の犯人が父親ドンなのではと疑念を抱くようになる。同じく事件を追う少女カッシに協力を求め、真相を究明しようとするが...
 

review:

クローブヒッチは「巻き結び」のこと。ある田舎町で10年前に起きた、未解決の連続殺人事件の犯人の特徴だ。つまらなくはないけれど、サスペンスやサイコスリラーと思って観ると肩透かしをくらう。真犯人をめぐってサスペンスフルな描写があるかと思っていたら、割とどストレートな展開で伏線の回収とかどんでん返しとか、ない。何のひねりもない。もしかしたらお父ちゃんがSM趣味のシリアルキラーかもしれない!と閉鎖的なコミュニティのなかで揺れ動くタイラー少年の心を捉えた青春ドラマ(なわけはないが)と思ったほうが、見応えがある。
 
典型的なバイブル・ベルトのキリスト教右派白人コミュニティが舞台だ。彼らはキリスト教原理主義で、共和党支持である。教会と家族を重視し、進化論や同性愛や人工妊娠中絶に反対し、フェミニズムへの反発、ポルノを含むカウンターカルチャーへの反発を唱え、徹底的に異端を排除する。SM趣味のポルノ写真が車の中から発見されようものなら、変態の烙印を押されて村八分。変態扱いされて失恋するわ、地元民に頼られてるお父ちゃんはど変態のシリアルキラーかもしれないわ、でタイラー少年の心は乱れまくりである。
 
少しだけ、ケヴィン・スペイシー主演の『アメリカン・ビューティー』を彷彿とさせる。本作で少女カッシを演じるマディセン・ベイティは、どことなく『アメリカン・ビューティー』のソーラ・バーチとムードが似ているし、「普通」の仮面をつけた気持ち悪い家族から、自分たちを解放しようとする男の子と女の子、という相違点がある。でも、『アメリカン・ビューティー』のような盛大なカタルシスが本作にはなかった。
 
比べるものではないと思うが、序盤はそれなりに面白かったので、終盤の凡庸さが残念。真犯人が自分の欲望を持て余し、それを何とか解消しようと一人で頑張ってる様子が一番面白かった。人にはそれぞれ、他人には計り知れない秘密があるものだ。何の変哲もないと思っているあなたのパートナーも、本当の性癖を隠して家庭生活を送っているかもしれないよ...。
 

trailer:

【映画】アメリカン・ユートピア

f:id:sal0329:20210716223631j:plain

映画日誌’21-25:アメリカン・ユートピア
 

introduction:

2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案にしたブロードウェイのショーを、『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞したスパイク・リーが完全映画化。元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンと11人のミュージシャンやダンサーたちが、お揃いのグレーのスーツに身を包み、裸足で舞台に上がり、配線を無くしたマーチングバンド形式で自由自在に動き回る。ワイルドでシンプルな伝説のショーが再構築された。振り付けはアニー・B・パーソン。ブロードキャスターピーター・バラカンが日本語字幕監修を担当。(2020年 アメリカ)
 

story:

2019年の秋、元トーキング・ヘッズデヴィッド・バーンによるブロードウェイの舞台が評判を呼ぶ。いま、世界で起きていることを表現したかったと語るバーンは、知人で映画監督のスパイク・リーに映像化の話を持ちかける。アルバム「アメリカン・ユートピア」から5曲、トーキング・ヘッズ時代の9曲など、全21曲を披露。冒頭では、プラスティックの脳を手にしたデヴィッドが登場。人間の脳の進化や、現代社会が抱えるさまざまな問題について語り始め、クライマックスでは、ブラック・ライブズ・マターを訴えるジャネール・モネイのプロテストソング「Hell You Talmbout」を熱唱する。
 

review:

実は数週間前に観たのだが、どうまとめたものかと考えあぐねていた。トーキング・ヘッズのフロントマンだったデイヴィッド・バーンが2019年に発表したブロードウェイのショーを奇才スパイク・リーが映画化したこの作品は、公開前から話題になっていたし、公開後もその魅力について熱っぽく語る人々がいたし、きっとずいぶんと面白いのだろう。少し迷ったが、余計なものを極限まで削ぎ落としたミニマムなステージに興味が沸いたので観に行った。
 
なぜ少し迷ったか。それは、「トーキング・ヘッズ」も「デイヴィッド・バーン」も、これまでの私に人生には存在しなかったからである。もちろん名前くらいは知っているが、自分が生まれる前に結成されたこのバンドに出会わなかったのだ。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」の第100位ということは、古くからの熱狂的なファンも多いだろう。しかし、私は出会わなかったのだ・・・。と、長い言い訳を並べてみたが、要するに特に大きな感動はなかったのである。
 
そりゃもちろん面白かった。が、みんながカロリーを消費しながら良さを語るほどには、おそらく感動してないのである。「トーキング・ヘッズ」や「デイヴィッド・バーン」と出会っていたら、ライブで観たら、きっともっと面白いんだろうな。と、迫りくるはずだった感動の波をつかまえられなかった私は、エンドロールを眺めながらそんなことを考えていたのであった。まあ、私と同じことを思ったとて、こんだけファンが盛り上がっている状況でそれを口に出して言える人も少ないだろうから、「よくわかってない」代表として市中引き回しの上、晒し首になってやろうじゃないか。
 
それにしても、撮影と編集の技術はすごいものがあった。ライブ映像なのに、カメラの存在感がゼロ。どうやって撮ったんだろうってずっと考えてしまった。そしてプレイヤーが全員、ワイヤレスなのである。楽器がケーブルに接続されておらず、おそらくBluetoothでPAに出力されている。本来あるべき制約から解放されたマーチングバンドは、縦横無尽に、しかし整然とステージを動き回る。驚くべきチームワークで、一体感のあるステージが完成していく。ああ、そうだ、これは抜群にクールでカッコ良いのだ。晒し首になりながら、そんなことに気付いたりしたから許して。
 

trailer: 

【映画】ベル・エポックでもう一度

f:id:sal0329:20210706231930j:plain

映画日誌’21-24:ベル・エポックでもう一度
 

introduction:

行ってみたい時代や大切な思い出を映画撮影セットで再現する体験型サービスで、忘れがたい過去と再会した男性をめぐる人間ドラマ。監督・脚本は『タイピスト!』などで俳優としても活躍するニコラ・ブドス。『隠された記憶』などのダニエル・オートゥイユが主演を務め、『8人の女たち』などのファニー・アルダン、『セザンヌと過ごした時間』などのギヨーム・カネ、『ザ・ゲーム  赤裸々な宴』などのドリヤ・ティリエらが共演する。フランスのセザール賞脚本賞など3部門を受賞した。(2019年 フランス)
 

story:

かつては売れっ子のイラストレーターだったヴィクトルは、デジタル化していく社会の変化についていけず、仕事を失い、妻のマリアンヌからも見放されてしまう。息子は気落ちする父を元気づけようと、友人アントワーヌが始めた”タイムトラベルサービス”をプレゼントする。それは映画制作の技術を応用し、客が戻りたい過去を再現する体験型のエンターテイメントサービスだった。「運命の女性と出会った1974年のリヨンに戻りたい」とリクエストしたヴィクトルは、希望通りセットの中で”運命の女性”と出会うが...
 

review:

19世紀末から第一次世界大戦勃発までのパリが繁栄した華やかな時代、いわゆる「ベル・エポック」にタイムトラベルする物語かと思ってチェックしてたら、全然ちゃうやん・・・。「ベル・エポック」に惹かれがちな私としては少々萎えたが、「2019年にフランス本国で公開するや当時全世界でスーパーヒットを記録していた『ジョーカー』から興行ランキングの首位を奪って初登場第1位を成し遂げた」というので観てみることに。
 
なるほど、誰にとっても「古き良き時代」を再体験できる”タイムトラベルサービス”という設定がユニークでおもしろい。もし自分で申し込むならどこにしようかなぁと妄想してしまうが、戻りたい過去なんてないし青春もクソだったというタイプなので特に入り用ではない。が、時代に取り残されて仕事も妻も失ってしまった主人公ヴィクトルは「運命の女性と出会った1974年のリヨン」に戻ることを希望する。
 
そしてあろうことか、「運命の女性」を演じている女優マルゴに恋しちゃうのである。くたびれ老け込んでいたヴィクトルが青春と仕事を取り戻して若返り、生き生きし始めるのはいいんだけど、監督と女優の恋模様が何となく余計だし、妻や息子の存在も中途半端。ユーモアもあり退屈しないが、登場人物の誰にも共感できずに終わってしまった・・・。マルゴ役の女優さんがそんなに魅力的じゃない(個人の感想です)のが原因かも。70年代のファッションや街並み、フレンチカルチャーが再現されているのは楽しかったよ。
 

trailer:

【映画】ブラックバード 家族が家族であるうちに

f:id:sal0329:20210630223925j:plain

映画日誌’21-23:ブラックバード 家族が家族であるうちに
 

introduction:

ビレ・アウグスト監督によるデンマーク映画『サイレント・ハート』の脚本を担当したクリスチャン・トープ自らアメリカを舞台に移して脚色し、『ノッティングヒルの恋人』などのロジャー・ミッシェルが監督を務めた人間ドラマ。安楽死を選択した母と最後の時間を過ごす家族の姿が描かれる。『デッドマン・ウォーキング』のスーザン・サランドン、『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットというオスカー女優同士が共演し、『ジュラシック・パーク』シリーズなどのサム・ニール、『ボヴァリー夫人』などのミア・ワシコウスカらが脇を固める。(2019年 アメリカ,イギリス)
 

story:

ある週末、医師のポールとその妻リリーが暮らす海辺の邸宅に娘たち家族が集まってくる。病が進行し、体の自由が奪われていくリリーは安楽死を選択し、家族と最後の時間を一緒に過ごそうとしていたのだ。長女ジェニファーと夫マイケル、15歳の息子のジョナサン。長らく連絡が取れなかった次女アンナとオンオフと繰り返している恋人のクリス。そしてリリーの一番の親友リズがやってくる。ジェニファーは母の決意を受け入れているが、次女アンナは納得しておらず、一発触発のムードが漂う。平静を装いながら母リリーの願いである最後の晩餐を共にする彼らだったが...
 

review:

名優スーザン・サランドン演じる母の尊厳死と向き合う家族の物語だ。病名は語られないが、おそらくALS(筋萎縮性側索硬化症)なのだろう。じきに自発呼吸が難しくなるという局面で安楽死を望んだ母を看取るため、家族が集まり最後の週末を過ごす。すっかり貫禄がついたケイト・ウィンスレットのお尻に親近感を覚えつつ、ロジャー・ミッシェル監督の濃密な人間ドラマを堪能する。
 
長女ジェニファーは母リリーの選択を受け入れているが、心に闇を抱える次女アンナは母を失う覚悟ができない。母リリーはその週末「よき家族」を演出し、美しい思い出だけで旅立とうとしている。しかし遺される側の家族は、綺麗ごとだけではない現実を抱えて葛藤し、穏やかな死を望む母を目前に鬱憤をぶつけ合う。
 
脚本が秀逸だ。複雑な感情が渦巻く家族の人間模様が、静謐な語り口で描かれる。穏やかなタッチで淡々とした会話劇が続くが、不思議と中弛みせずに観ていられる。明かされていく家族の秘密と少しのユーモアが緩急とドラマをもたらし、思いがけない展開に息を呑んだりもする。こうしたドラマにありがちな説教くさいセリフがないところも良い。美しい海辺の風景に癒され、”Tonight You Belong to Me”のメロディが心に深い余韻を残す。いい映画だった。
 

trailer:

【映画】5月の花嫁学校

f:id:sal0329:20210626225128j:plain

映画日誌’21-22:5月の花嫁学校
 

introduction:

フランスを代表するオスカー女優ジュリエット・ビノシュが、1960年代フランスの小さな村にある花嫁学校の校長を演じたコメディ。『ルージュの手紙』などのマルタン・プロヴォが監督・脚本を務める。『セラフィーヌの庭』などのヨランド・モロー、『カミーユ、恋はふたたび』などのノエミ・ルヴォウスキーらが共演し、本年度セザール賞助演女優賞にそれぞれノミネートされた。(2020年 フランス)
 

story:

1967年。美しい街並みとぶどう畑で有名なフランスのアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校に、18人の少女たちが入学した。校長のポーレットは、迷信を信じる修道女マリー=テレーズ、義理の妹で料理長のジルベルトとともに彼女たちを迎え入れる。ある日、経営者である夫ロベールが莫大な隠れ借金を遺して急死。ポーレットは学校が破産寸前であることを知り、何とか窮地を抜け出そうを奔走する。そんな中、パリで5月革命が起き...。
 

review:

革命の国フランスの「自由、平等、博愛」は男女にかかわらず与えられたものかと思いきや、フランス女性が強くなったのは「Mai 68(1968年の5月革命)」以降だと言う。フランス映画に出てくる恋愛至上主義でエモーショナルで主張がハッキリした強い女性像(これもきっとステレオタイプだが)からは想像もつかないが、それ以前は、封建的な家父長制のもとで子を産み夫を支えるのが美徳とされ、夫の承諾無しでは貯金すら下ろせなかったという。
 
女性が抑圧されていたのは地球規模だったんだなぁ。そんな当たり前のことを目の当たりにさせられる本作は、5月革命前夜、美しい街並みとぶどう畑で有名なアルザス地方の花嫁学校が舞台だ。ピンクのスーツで身を固めたポーレット校長を演じるジュリエット・ビノシュが、前時代的価値観の「女性としての幸せは良妻賢母説」を力説するが、もはや完全にギャグである。
 
そのほか、「迷信を信じる一方で、戦時中はレジスタンスとして戦った熱き修道女」「夢見る少女のまま中年になったギックリ腰気味の料理の先生」という濃いキャラクターが脇を固めており、随所で笑わせてくれる。夫を亡くしたポーレットさん、第2次世界大戦で死に別れたはずの恋人アンドレとの焼け棒杭に火が付き、いい大人が草原を追いかけっこしてるのもギャグだろう・・・。
 
しかし、学校再建のために経営を学ぶうちに、亡き夫がいかに旧弊な価値観で自分や妹を「家」に縛り付けてきたかに気付いたポーレット。女性解放運動の風を感じ始めていた生徒たちの行動に触発され、自分らしい生き方に目覚めていく。ふいに扉が開く。女性が解放されていくメタファーがいい。女たちが自由に生きる権利を全身でのびやかに宣言する、ラストシーンが突拍子もなくていい。
 
5月革命は、人々の装いを変え、フランスを変えた。作品に登場する花嫁学校は数多あったが、1968年5月以降に存続したものが一つもないそうだ。こうして闘ってきた女性たちがいて、今がある。そして本当の多様性が求められている今だからこそ、改めてその歴史に触れ、エンパワーメントされたい。素敵な映画であった。
 

trailer: 

【映画】ローズメイカー 奇跡のバラ

f:id:sal0329:20210623225704j:plain

映画日誌’21-21:ローズメイカー 奇跡のバラ
 

introduction:

『大統領の料理人』『偉大なるマルグリット』などの大女優カトリーヌ・フロ主演のドラマ。倒産寸前のバラ園を営む女性が、素人集団と一緒に世界最高峰のバラ・コンクールに挑む姿を描く。監督・脚本は、短編映画“Les Miettes”がカンヌ国際映画祭批評家週間に出品され、セザール賞短編映画賞を始め数々の栄えある賞を受賞したピエール・ピノー。これが2作目の長編監督作品となる。インディーズ系ラッパーのメラン・オメルタ、『パリの家族たち』などのオリヴィア・コート、『パリ・エキスプレス』などのファツァー・ブヤメッドらが出演。(2020年 フランス)
 

story:

フランス郊外で父が遺した小さなバラ園を経営するエヴ。優秀なバラ育種家として活躍し数々の賞を獲得してきた彼女だったが、数年前から巨大企業のラマルゼル社に賞も顧客も奪われ、バラ園は倒産寸前だった。何とか立て直そうとしている助手のヴェラが、職業訓練所から格安で前科者のフレッド、定職に就けないサミール、異様に内気なナデージュを雇うが、バラの知識など皆無の3人は足手まといに。そんな中、新種のバラの交配を思いついたエヴは、バガテル新品種国際バラ・コンクールに挑むことを決心するが……
 

review:

フランスの大御所カトリーヌ・フロ演じる、才能あるバラ育種家エヴが父から譲り受けた小さなバラ園は、倒産寸前。そこに、社会からちょっとはみ出してしまった3人が職業訓練所からやってくる物語だ。色、かたち、香り、種としての強さ、バラの究極の美に情熱を傾けるプロフェッショナルの仕事を映し出しながら、格差社会育児放棄などによって世間から見放されそうになっている人々が人生を再起させようと奮闘する様子を、ユーモラスに描く。
 
フランスの超一流ローズブランドであるドリュ社、メイアン社のスペシャリストが完全監修しているとあって、エヴのような小さなバラ園から大企業のバラ工場の実態、世界にひとつだけの新しいバラが誕生するまでの交配と栽培の過程、パリのバガテル公園で開催される世界最高峰のコンクールが忠実に再現されており、それだけでも見応えがある。バラの新種って、あんな風に作られているんだなぁ。職人さんの世界が覗けそうな映画は、つい観てしまう。
 
序盤で、まさかのクライムサスペンス!?というような展開があったりするのもご愛敬。前科者のフレッドとエヴが、少しずつ心を通わせていくさまも心温まる。が、どうせなら、他の二人や助手のヴェラ、一人一人の背景をもう少し掘り下げてほしかったなぁ。エヴと巨大企業ラマルゼル社にも深い因縁がありそうだし、そのあたりを描写してくれたら、もっと奥行きが出て楽しめたような気がする。とは言えバラ園の日々は美しく、そこで働く人々の心の交流がとても素敵な作品であった。バラが好きな人にはおすすめ。
 

trailer: