銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】ドリーム・ホース

映画日誌’23-02:ドリーム・ホース
 

introduction:

イギリス・ウェールズを舞台に、ひとりの主婦と片田舎の小さなコミュニティで育てた馬が最高峰のレースに挑んだ実話をもとに描く人間ドラマ。監督はドラマ「HEARTSTOPPER ハートストッパー」などのユーロス・リン。『ヘレディタリー/継承』などの実力派俳優トニ・コレットが主演し、『われらが背きし者』などのダミアン・ルイスをはじめウェールズゆかりの味のあるキャストが集結した。(2020年 イギリス)
 

story:

イギリス、ウェールズ。谷あいの小さな村で夫と二人暮らし、パートと親の介護をするだけの日々を送っている主婦ジャン。そんなある日、馬主経験のあるハワードの話を聴いて強く興味を持った彼女は、競走馬を育てることを思い立つ。貯金をはたいて血統の良い牝馬を購入し、村のみんなに馬主組合の結成を呼びかける。村民たちは週10ポンドずつ出しあって組合馬主となり、「ドリームアライアンス(夢の同盟)」と名付けられた仔馬は奇跡的にレースを勝ち進んで村の人々の人生を変えていくが...
 

review:

無気力な夫と二人暮らしをしながら実家の親の介護をし、スーパーと労働者クラブのバーでパートしている主婦ジャンが、ある日競走馬の育成を決意して村人に共同馬主になることを呼びかける。それだけで充分ドラマチックだし、映画の中でならあり得そうなエピソードだが、イギリス・ウェールズの片田舎、ブラックウッドの旧炭鉱町で起こった奇跡のような実話である。
 
気になって元ネタを調べてみたが、人物も出来事もほぼ実話どおり。ジャンの呼びかけに応じた村人たちは「決して儲けようとしないこと」を確認し合い、「胸の高鳴り(ホウィル)」を求めて馬主組合を結成したそうだ。2015年には、ドリームアライアンスの関係者を題材にしたルイーズ・オズモンド監督のドキュメンタリー映画『ダーク・ホース』も制作されている。
 
週10ポンドずつ出しあい共同馬主になった労働者たちの夢と希望を託され、「ドリームアライアンス」と名付けられた馬は奇跡的にレースを勝ち進んでいく。ドリームアライアンス号の快進撃が彼らの人生に喜びと輝きをもたらし、旧炭鉱町の寂れたコミュニティがつながりと活気を取り戻していく様子は感動的。やや駆け足だったが、主婦ジャンを演じた名優トニ・コレットの存在感も相俟って面白かった。
 
そして、妻の呼びかけにも空返事で「役立たず」と妻の父親に陰口を叩かれている無気力夫のブライアン。妻の突然の決意に戸惑いながらも挑戦を後押しし、何より動物への向き合い方が優しく愛情深く、ジャンがそこに信頼を寄せていることが窺える夫婦愛のさりげない描写が何だかよかった。ちなみに彼には前歯がない(笑)。
 
それにしても馬主組合いいなぁ。生活に圧倒的な「推し」がいるのはもちろん、その悲喜交々と「胸の高鳴り(ホウィル)」を分かち合える仲間がいるのが素晴らしい。目的もなくコミュニティ云々言ってる”まちづくり”の人々は観たらいいと思うよねぇ・・・。
 

trailer:

【映画】ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

映画日誌’23-01:ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
 

introduction:

美しく力強い歌声で世界を魅了したアメリカの歌姫ホイットニー・ヒューストンの半生を描いた伝記映画。『ボヘミアン・ラプソディ』などのアンソニー・マクカーテンが脚本を手掛け、『ハリエット』などのケイシー・レモンズが監督を務める。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のナオミ・アッキーがホイットニーを演じ、『プラダを着た悪魔』『スポットライト 世紀のスクープ』などのスタンリー・トゥッチらが共演する。(2022年 アメリカ)
 

story:

アメリカ、ニュージャージー。ホイットニー・エリザベス・ヒューストンは歌手になることを夢見て、ソウルシンガーの母シシーの厳しい指導を受けながら教会で歌う日々を送っていた。ある日、母親のステージで歌声を披露したことがきっかけで、敏腕の音楽プロデューサーでアリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスにスカウトされたホイットニーは、スターへの階段を昇り始めるが...
 

review:

2023年の映画初めは、音楽史に残る偉業を成し遂げた歌姫の栄光と苦悩を描いた伝記映画だ。世界で最も売れている歌手の1人、ホイットニー・ヒューストン。11歳の時にジュニア・ゴスペル・クワイアに入り、ニュージャージー教会で歌い始めたそうだ。ソウルシンガーの母シシーのステージで歌っているところをアリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスに見出され、一躍スターダムへと駆け上がっていく。
 
ホイットニーは全米アルバム・チャートで女性アーティストとして初めて1位を獲得し、全米シングル・チャートで7曲連続1位を記録した唯一のアーティストだ。1992年には主演映画 『ボディガード』 の主題歌 「I Will Always Love You」 が全米シングル・チャートで14週連続1位を記録。アルバムやシングルなどの累計セールスは2億枚を超え、グラミー賞6冠など400を超える受賞歴はギネス世界記録に認定されている。
 
ジャンルや人種を超えて愛された楽曲誕生の瞬間や、史上最高の国歌斉唱と語り継がれる第15回スーパーボウルでのアメリカ国家斉唱、グラミー賞アカデミー賞を受賞したパフォーマンスを通して「ザ・ヴォイス」と称された偉大な才能をドラマティックに映し出す。『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家ということで若干期待しすぎたのだろう、若干の物足りなさはあるし、残念ながら彼女の偉大さを伝えきれていない感も否めない。
 
クライヴ・デイヴィスは晩年のゴシップばかりが語られる現状に苛立ちを感じ、彼女がなぜ世界に愛されたのか、という側面を世の中に伝えたかったのだと語っている。たしかに数々のヒットソングを堪能しつつ、ホイットニーの人間的な部分に触れられたという点では満足した。大きな感動には繋がらなかったものの、あれほど世界に愛された彼女がなぜあんなに哀しい最期だったのかも少し理解できた気がした。
 
それにしても、音楽史に名を刻む偉大な歌姫はどうして毒親、ろくでなしの男、ドラッグがセットなんだろうなぁ。ジャクソン家の三男ジャーメイン兄ちゃんとそういう関係だったのか!という驚きはさておき、ボビー・ブラウンご存命だけどほんまクズ。そういやボビ男のアルバム2枚持ってたなぁ・・・(遠い目)
 

trailer:

【映画】RRR

映画日誌’22-50:RRR
 

introduction:

日本でも話題となり、ロングランヒットとなった『バーフバリ』シリーズなどのS・S・ラージャマウリ監督によるアクションエンタテインメント。イギリス植民地時代のインドを舞台に、2人の男の友情と闘いを豪快に描く。男たちを『バードシャー テルグの皇帝』などのN・T・ラーマ・ラオ・Jrとラージャマウリ監督作『マガディーラ 勇者転生』などのラーム・チャランが演じる。(2022年 インド)
 

story:

1920年、英国植民地時代のインド。英国軍にさらわれた村の幼い少女を救うため立ち上がったビームは、仲間とともにデリーに向かう。ある出来事をきっかけに、大義のため英国政府の警察となったラーマと運命的に出会い、お互いの素性を知らないまま無二の親友となる。やがてビームの本当の目的を知ることになったラーマは親友を投獄。それぞれの宿命に切り裂かれる2人は、友情か使命かの選択を迫られることに。
 

review:

数々の興行新記録を打ち立て、全世界に“バーフバリ旋風”を巻き起こしてインド映画の歴史を変えた映画史上最大の叙事詩にして、もはや神話ともいうべき伝説の2部作『バーフバリ 伝説誕生』と『バーフバリ 王の凱旋』。その創造神S.S.ラージャマウリ監督による全宇宙待望の最新作がついに完成した。インド映画史上最高の製作費7200万ドル(約97億円)をかけたその超大作の名は『RRR』。(公式サイトより)
 
これほど2022年の映画納めに相応しい作品が他にあろうか。というわけで暮れも押し迫った某日、満席の劇場に足を運んだ。タイトル「RRR」の読みは「アール・アール・アール」、「Rise(蜂起)」「Roar(咆哮)」「Revolt(反乱)」の頭文字に由来するそうだ。観る前からワクワクが止まらないが蓋を開けてみると、1920年が舞台ということで当たり前だが近代。そりゃ車とか汽車とか走ってるし、飛び道具も銃が登場。前作『バーフバリ』は紀元前が舞台なので世界観の違いにちょっとだけ戸惑う。
 
が、心配はご無用。最終的に神話を目撃するだけなので安心して身を任せるがよろしい。宇宙の法則や自然の摂理などもはや意味を持たない壮大なるケレン味によって、心身が浄化されることだろう。「観る薬膳」の効能はてきめんだし、「健康と引き換えに語彙力が下がる」のも不可抗力。あははすげぇなんだこれと思っている間に3時間が過ぎ去っているので、退屈やトイレの心配もご無用。神の誕生をその目に焼き付け、その神々しさにひれ伏すがよい。まあ、日本は実質インドってことでいいよね。たいへん清々しい映画納めであった。
 

trailer:

【映画】MEN 同じ顔の男たち

映画日誌’22-49:MEN 同じ顔の男たち
 

introduction:

SFスリラー『エクス・マキナ』でアカデミー賞視覚効果賞を獲った鬼才アレックス・ガーランドが、気鋭の映画スタジオA34と再びタッグを組んだホラー。NETFLIXオリジナル映画『もう終わりにしよう。』などのジェシー・バックリーが主演を務め、ダニエル・クレイグ版『007』シリーズなどのロリー・キニア、ドラマ「プレス 事件と欲望の現場」などのパーパ・エッシードゥらが共演する。(2022年 イギリス)
 

story:

夫の死を目の当たりにしてしまったハーパー。心の傷を癒すためイギリスの田舎町を訪れた彼女は、豪華なカントリーハウスの管理人ジェフリーの出迎えを受ける。そしてハーパーが街に出掛けると、教会の神父、そこにいた少年、警察官やバーの店主など、出会う男たちが管理人ジェフリーと同じ顔だった。さらに廃トンネルからついてくる謎の影、木からひとつ残らず落ちるりんご、部屋を覗き込む視線、フラッシュバックする夫の死など、不穏な出来事が連鎖し彼女を追い詰めていくが...
 

review:

クセつよ映画を世に放り出し続けることで有名なA24がまたアレな賛否両論映画をリリースしましたよ・・・。監督のアレックス・ガーランドは前作『エクス・マキナ』が話題になったが、『28日後...』や『わたしを離さないで』の脚本なども手掛けてきたベテランだ。『エクス・マキナ』は結局観てないのだが、予告の不穏なムードに惹かれて劇場に足を運んだ。
 
物語の主人公ハーパーは夫のジェームズが窓の外から落下する瞬間を目撃してしまう。物語が進むにつれ夫との破綻した夫婦関係が少しずつ明かされていくのだが、彼女が長く精神的暴力とも言える状況に晒されてきたことがわかる。彼女は心に深い傷を負い、自分を癒すために田舎町のカントリーハウスを訪れたのだ。管理人であるジェフリーが彼女を出迎えるが、どこか無神経で癪に触る人物だ。
 
そして森のトンネルや天の川、圧倒的な映像美に見惚れていると、次から次に男が現れてハーパーの心をざわつかせる。全裸の男、神父、少年、バーの店主、警察官。彼女に何かと絡んでくる男たちの存在がどこか鬱陶しく、彼らの口から出てくる言葉がことごとく不快なのだ。全体を通して、女性に構わずにいられない男たち、そして「Toxic masculinity(有害な男らしさ)」が描かれている。
 
Toxic masculinityとは「伝統的な男らしさのイデオロギー」が生む負の側面である。男はこうあるべき、男はタフでなければいけない、泣いてはいけないと感情を抑え込むことを強要された男性自身にとっても有害であり、男性が社会的に優位であるというステレオタイプに基づいたホモソーシャルによって、ミソジニーホモフォビアを産み、それは時に激しい暴力性、暴力による支配につながる。
 
出てくる男は全員同じ顔をしているが、ヘアメイクや衣装が異なる上に、ロリー・キニアの演じ分けが凄すぎて同じ人物に見えない。そしてハーパーは気付いていない(あるいは気にしていない)ので、映画の宣伝文句になっている「同じ顔の男」というのはハーパーにとって男はみんな同じ顔をしていることのメタファーに過ぎない。事実、男たちに投げかける彼女の視線は冷ややかだ。
 

終盤では「有害な男らしさ」が何世代にも渡って再生産されてきたことのメタファーを延々と目の当たりにさせられ、いやはや呆気に取られるラストだったが、時間が経つにつれジワジワと効いてくる。たんぽぽの綿毛、きれいだったなぁ。あれもメタファーなんだろうなぁ。メタファーだらけでやや食傷気味になるが、現代社会の真理という意味ではこれもひとつの現実だろう。興味深い映画体験だった。

 

trailer:

【映画】あのこと

映画日誌’22-48:あのこと
 

introduction:

アニー・エルノーの短編小説「事件」を原作に、法律で中絶が禁止されていた1960年代のフランスで望まぬ妊娠をした女子学生の苦悩の日々を描いたドラマ。『ナチス第三の男』などの脚本を手がけたオードレイ・ディヴァンが監督・脚本を務め、第78回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。主演は『ヴィオレッタ』などのアナマリア・ヴァルトロメイ。『仕立て屋の恋』などのサンドリーヌ・ボネール、『燃ゆる女の肖像』などのルアナ・バイラミらが共演する。(2021年 フランス)
 

story:

貧しい労働者階級の生まれながら持ち前の知性と努力で大学に進学したアンヌは、未来を掴むための学位にも手が届こうとしていた。ところが、大事な試験を前に自分が妊娠していることが判明し途方に暮れてしまう。1960年代のフランスは中絶が違法であり、医者にも突き放され孤立していくアンヌ。自分が望む未来を手に入れるため、あらゆる解決策を求めて奔走するが...
 

review:

ガツンとくる衝撃作だった。原作は、2022年度のノーベル文学賞を受賞した作家アニー・エルノーが若き日の実体験をもとに綴った短編小説「事件」。アニー・エルノーと言えば同じく映画化された「シンプルな情熱」の作者でもあり、こちらも自身の実体験を綴ったものだ。エルノー女史、なかなか激しい人生を歩んでおられる・・・。
 
女子大生が望まぬ妊娠をして処置をするべく奔走する、という物語は『4ヶ月、3週と2日』を思い出す。こちらはチャウシェスク政権下によって個人の自由が制限されていたルーマニアが舞台なので然もありなんという気がするが、フランスにおいて人工妊娠中絶が合法化したのが1975年と知って驚いたし、それでもカトリック主要国では初と知って驚いた。まだ半世紀なのだ。
 
なお我が日本では堕胎罪が存在し基本的には違法だが、母体保護法によって不妊手術及び人工妊娠中絶に関する堕胎罪の例外事項が定められている。母体保護法の前身である優生保護法の施行が1948年なので、比較的早いと言える。そして今年はアメリ最高裁判所が女性の人工妊娠中絶権を認めた1973年の「ロー対ウェイド判決」を破棄し、世界に激震が走った。
 
なぜ女性に選択する権利が与えられないのか、女性だけが心身に負担を強いられるのか。アンヌが冒頭で叫んだ「不公平よ」の一言に尽きる。医者も相手の男も、登場する男はみんな完全なる傍観者で、何の役にも立たない。同じ女性として視覚的にも心情的にも痛々しくて直視できない場面がいくつもあったが、傍観者たる男性はこれを観て何を感じるのだろうか。
 
ディヴァン監督がアスペクト比1.37:1のスタンダードサイズを選んだのは、カメラとアンヌを完全に同期させるためとのこと。カメラはアンヌにぴったりと寄り添い、彼女の目線や呼吸を捉えていく。観る側はいつしかアンヌと一体化し、人生を選びとるためにリスクを冒すアンヌと共に「事件」を体験することになる。凄まじい映画体験だった。映画ファンならばぜひ劇場で体感していただきたい。
 

trailer:

【映画】ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

映画日誌’22-47:ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ
 

introduction:

猫のイラストで人気を博したイギリスの画家ルイス・ウェインの生涯を描く伝記ドラマ。『パワー・オブ・ザ・ドッグ』などのベネディクト・カンバーバッチが主演を務め、『ファースト・マン』のクレア・フォイらが共演し、『女王陛下のお気に入り』のオリビア・コールマンがナレーションを担当。俳優としても活躍する日系英国人のウィル・シャープが監督を務めた。(2021年 イギリス)
 

story:

イギリスの上流階級に生まれ、父亡きあとイラストレーターとして働き一家を支えるルイス。やがて彼は妹の家庭教師エミリーと恋に落ち、身分違いだという周囲の大反対を押し切って彼女と結婚するが、まもなくエミリーは末期がんを宣告されてしまう。そんな中、庭に迷い込んだ子猫を保護してピーターと名付け、エミリーのために子猫の絵を描き始める。エミリーがこの世を去ったあとも、ルイスはピーターを心の友とし猛然と猫の絵を描き続け人気を博すが、次第に精神が不安定になっていき...
 

review:

19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで高い人気を博した画家ルイス・ウェイン。生涯に渡って猫を描き続け、当時のイギリスでは鼠退治にしか使われず不吉なイメージをまとっていた猫の地位を高め、人間と共に暮らすペットとしての存在価値を持たせるほどの影響を及ぼした。また、夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場する、絵葉書の作者だとも言われている。
 
病気の妻を慰めるために描き始めた猫の絵で大成功を収めるも、妻亡きあと次第に精神を病んで奇行が目立つようになり、統合失調症を抱えながら精神病院で猫の絵を描き続けたルイス・ウェインの数奇な半生を描いた本作。やや駆け足でアンビリーバボーか世界仰天ニュースかな?というくらいイッキ見感がある。中弛みせず退屈せずに見れたけど、もうすこし情緒的な部分があってもいいのではという気もする。
 
というか、夫婦愛(と猫)にフォーカスした邦題で優しく温かな愛の物語でございという面構えだが、原題は「The Electrical Life of Louis Wain」なので主にルイス・ウェインの電波きてた人生を描いている。いやほんと。ルイス・ウェインの日本国内知名度を考えるとまあ、夫婦愛推しのほうがわかりやすいんだろうけど、そこを期待して観るとちょっと肩透かしをくらうかも。個人的には『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティが出てきてうれしかった。
 

trailer:

【映画】ミセス・ハリス、パリへ行く

映画日誌’22-46:ミセス・ハリス、パリへ行く
 

introduction:

ポセイドン・アドベンチャー』シリーズなどの原作で知られるポール・ギャリコの小説「ハリスおばさんパリへ行く」を映画化。『ファントム・スレッド』などのレスリー・マンヴィルが主演を務め、『ピアニスト』などのイザベル・ユペール、「ハリー・ポッター」シリーズのジェイソン・アイザックスらが共演する。監督・脚本はアンソニー・ファビアン、『クルエラ』などのジェニー・ビーバンが衣装デザインを手がけた。(2022年 イギリス)
 

story:

1950年代のイギリス・ロンドン。戦争で夫を亡くし家政婦として働くミセス・ハリスは、ある日勤め先でクリスチャン・ディオールのドレスに出会う。500 ポンドもするというそのドレスの美しさに魅せられた彼女は、パリにディオールのドレスを買いにいくことを決意。必死に資金を集めてパリのディオール本店を訪れるものの、支配人のマダム・コルベールに冷たくあしらわれてしまうが...
 

review:

時代を創ったファッションブランドが登場する映画が好きで、ディオールのドレス目当てに軽い気持ちで観に行った。1950年代、第二次世界大戦に出征したまま帰らぬ夫を待っているミセス・ハリス。そんな彼女が雇い主の寝室でディオールのオート・クチュールドレスと出会って心奪われてしまい、何としても手に入れようと奮闘する物語だ。しかし、ドレス購入にかかる費用は500ポンド。現在の日本円で250万~400万ほど!
 
当時のイギリス(フランスも)はごく一部の上流階級と多数の貧困労働者階級で構成された格差の大きな階級社会で、彼女も家政婦として何軒かのお屋敷を掛け持ちして忙しく働き、慎ましく暮らしている。また、現代は既製品が当たり前の世の中だが、当時衣服は仕立てるものであり、その中でもオート・クチュールはパリ・クチュール組合に加盟したメゾンで縫製されたものに限られた最高級品。当然ファッションショーも特権階級だけの閉じられた世界。
 
んなこた関係ねぇ(ていうか知らねぇし)といろんな方法でお金をかき集めて、ディオールのアトリエに乗り込むんだけど、徹頭徹尾ディズニープリンセスかな?っていうくらいファンタジー。ご都合主義も大概にしろっていうくらい展開がミラクルすぎて呆気に取られるが、予定調和でいいのよ。なぜならディズニープリンセスだから。ファンタジーだから。お伽話だから。
 
ディオールスタイル画をもとに再現されたファッションショー、ディオールの美しいアトリエにも目を奪われるが、実は、このお伽話にはもっと奥行きがある。ミセス・ハリスのドタバタ冒険譚の背景には当時のイギリス、フランスの世相が映し出され、階級社会が崩壊していく予感、実存主義に基づくアンガージュマン中産階級が増え社会が大衆化していく最初のうねりが描かれている。
 
会計士アンドレ君は既視感あるなと思ったらイヴ・サン゠ローランがモデルらしい。なるほど、ここから特権階級のファッションを大衆に解放するプレタポルテにつながっていくのか。労働者階級のおばさんが頑張って働いてドレスを買ったよという単純な話ではなく、ミセス・ハリスのささやかな夢が起こした、小さな革命の物語なのだ。軽い気持ちで観たが、思いがけず善い映画だった。いつか原作も読んでみたいと思う。
 

trailer: