銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】ブレット・トレイン

映画日誌’22-33:ブレット・トレイン
 

introduction:

グラスホッパー」などで知られる伊坂幸太郎による「殺し屋シリーズ」の第2作「マリアビートル」を、『アトミック・ブロンド』『デッドプール2』デビッド・リーチ監督がブラッド・ピット主演でハリウッド映画化したクライムアクション。『キスから始まるものがたり』シリーズなどのジョーイ・キング、『キック・アス』『TENET テネット』などのアーロン・テイラー=ジョンソン、『エターナルズ』『ゴジラvsコング』などのブライアン・タイリー・ヘンリーのほか、真田広之マイケル・シャノンらが共演する。(2022年 アメリカ)
 

story:

世界一運の悪い殺し屋レディバグ。彼が新たに請けたミッションは、東京発の超高速列車“ゆかり号”でブリーフケースを盗み、次の駅で降りるという簡単な仕事のはずだった。ブリーフケースを手に入れることはできたが、疾走する車内で次から次へと殺し屋たちに命を狙われ、降車するタイミングを逃してしまう。列車はレディバグと殺し屋たちを乗せたまま、世界最大の犯罪組織のボス、ホワイト・デスが待ち受ける終着点・京都へ向かって加速していく。死闘を繰り広げる中、やがて殺し屋たちとの過去の因縁が浮かび上がり...
 

review:

ブレット・トレインとは新幹線のこと。日本の新幹線"ゆかり"号を舞台に、ブラッド・ピット演じる世界一運の悪い殺し屋が乗り合わせた殺し屋たちに命を狙われるストーリーだ。実に荒唐無稽、期待したほどではなかったが馬鹿馬鹿しくておもしろかった。実は伊坂幸太郎を読んだことがないのだが、彼が影響と受けているというクエンティン・タランティーノの風味もあり、なかなかの怪作。というかトンデモ映画。
 
そして敢えてリアリティを排してデザインされたであろうフィクションの「日本」が非現実世界に誘ってくれるのがよい。『ブレードランナー』で描かれた日本人街のようなサイバーパンク感、ヤクザ映画やカワイイ文化が散りばめられている。東京駅はそうじゃねぇーとツッコミつつ、東京2020パラリンピックのマスコットキャラクターソメイティにそっくりな「モモもん」の可愛くなさが妙にリアルだったりする。
 
伏線回収や謎が解かれていくようなカタルシスはないし、各キャラクターの掘り下げ方も足りないし賛否両論だが、ギャグ映画として肩の力を抜いて楽しんだらいいんじゃないだろうか。何ならもっとB級に振り切ってもいいくらいだ。肩の力が抜けたブラピが良いし、レモン&タンジェリンのコンビがいい味出してる。「キムラ」の日本語が棒読み過ぎて興醒めする一方で、ヤクザの親分たちの英語が堪能過ぎる。駅前留学でもしたのかな・・・。劇場で観た人は公式サイトのネタバレを読めばよろし。
 
ネタバレになるので細かいことは書けないが、『ロストシティ』を観た人にはご褒美があるよ。
 

trailer:

【映画】スワンソング

映画日誌’22-32:スワンソング
 

introduction:

引退したヘアメイクドレッサーが、亡き親友に最後のメイクを施すための旅に出るロードムービー。監督は本作の舞台となったアメリカ・オハイオ州サンダスキー出身のトッド・スティーヴンス。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『異端の鳥』などのウド・キアが主演を務め、『キューティ・ブロンド』シリーズなどのジェニファー・クーリッジ、『シングル・オール・ザ・ウェイ』などのマイケル・ユーリー、『トム・ホーン』などのリンダ・エヴァンスらが共演する。(2021年 アメリカ)
 

story:

アメリカ・オハイオ州サンダスキー。ゲイとして生き、ヘアメイクドレッサーとして活躍した「ミスター・パット」ことパトリック・ピッツェンバーガーは、最愛のパートナーであるデビッドを早くにエイズで亡くし、現在は老人ホームでひっそりと暮らしている。そんなパットのもとに、思わぬ依頼が届く。それはかつての顧客で、町の名士だったリタ・パーカー・スローンの「死化粧はパットに頼んでほしい」という遺言だった。すっかり忘れていた生涯の仕事への情熱、親友でもあったリタへの複雑な思いに、パットの心は揺れるが...
 

review:

「ミスター・パット」ことパトリック・ピッツェンバーガーは実在の人物がモデルなんだそうだ。監督のトッド・スティーブンスは17歳の時にオハイオ州サンダスキーのゲイクラブでミスター・パットが踊っているのを見て衝撃を受け、いつか彼を題材に映画を撮ろうと思い続けたとのこと。自身もゲイであるスティーブンス監督は、エイズが蔓延した1990年の時代から現在に至るゲイカルチャーを真摯に見つめ、愛ある作品を完成させた。
 
スワンソング』は、急速に消えていくアメリカの“ゲイ文化”へのラブレターなのだ。クィアであることが以前よりずっと受け入れられてきた矢先に、昔栄えていたコミュニティが、あっという間に社会の中に溶けてなくなっていく。同化作用とテクノロジーのおかげで、“ザ・ユニバーサル・フルーツ・アンド・ナッツ・カンパニー”のような小さな町のゲイバーは消えていく運命にある。『スワンソング』を、忘れ去られたすべてのホモセクシャルのフローリストと美容師たちに捧げよう。彼らがゲイコミュニティを築き、私たちの多くが今日までしがみついてきた権利のための道を切り開いてくれたのだ。だが、何よりも、私にとってこれは、もう一度生きるのに遅すぎることは決してないということを教えてくれる映画なのだ。
 
映画としては少々散漫でまとまりがないのが残念。中盤で少しだけ退屈してしまったが、老人ホームを無一文で抜け出したのに過去の遺産でいろんなものを手に入れ、過去の栄光を取り戻していく描写が面白い。少しずつ、彼がかつて街中の尊敬を集め、また、時代に翻弄された存在だったことが浮き彫りになっていく。
 
パットは旅の途中で多くの人と出会い、親友リタの死と向き合うことで、過去の自分と向き合い、最後に自分の人生を完成させる。まさに「スワンソング」である。ラース・フォン・トリアー作品の常連であり『アイアンスカイ』『異端の鳥』といった異色作で強烈な個性を放ってきたドイツ出身の俳優ウド・キアの仕事が素晴らしい。エンドロールでは席を立たず、最後まで観てほしい。
 

trailer:

【映画】セイント・フランシス

映画日誌’22-31:セイント・フランシス
 

introduction:

冴えない日々を送る30代女性のひと夏を描き、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭2019で観客賞と審査員特別賞を受賞した人間ドラマ。主演のケリー・オサリヴァンが自伝的要素を盛り込んだオリジナル脚本を執筆し、オサリバンの私生活のパートナーでもあるアレックス・トンプソンが長編初監督を務めた。子役のラモナ・エディス=ウィリアムズの他、舞台などで活躍するチャリン・アルバレス、マックス・リプシッツ、リリー・モジェクらが出演。(2019年 アメリカ)
 

story:

レストランの給仕として働く34歳独身のブリジットは、うだつがあがらない日々に憂鬱感を抱えている。ある日、知人から夏限定のナニー(子守)の仕事を紹介された彼女は、一度は不採用になるものの、6歳の少女フランシスの面倒を見ることになる。当初は軽い気持ちで子守をしていたブリジットだったが、フランシスやその両親であるレズビアンカップルとの出会いによって、その心境に少しずつ変化が訪れる。
 

review:

大学を1年で中退し、34歳で独身、今は街のレストランでウェイトレスの仕事をしているブリジット。年相応の生活ができていない自分に向けられる視線が気になる。何者にもなりきれず、自分の人生を生きることができずに鬱々としたまま30代になってしまう若者、古今東西、いつの時代も世界中にいるんだな。日本にいたらダメだという海外志向の人、こういう現実も見たほうがいいよね。
 
私もイマイチ冴えない学生生活を送った上に新卒の就職活動から離脱し、20代の半ばまで、気が向いたら働いて気が向いたら絵を描く、主に寝ている。みたいな腐ったニート生活を送っていたし、やりたいことを見つけて上京した33歳まで、挫折したまま地元で「何となく」生きていたのでよく分かる。特に、他人の充実している(ように見える)人生がSNSで可視化されてしまう現代はしんどいだろう。
 
と、思いきや、この映画の主題はこれでははない。女性の心身の本音を見せたかったというケリー・オサリヴァンさん、これまで映画で描かれることの少なかった生理、避妊、妊娠、中絶といった女性の身体にのしかかる負担やプレッシャーを脚本に落とし込んだ、とのことだが、ちょっと生理の描写がしつこいんだな・・・。そこに6歳の女の子、彼女の両親であるレズビアンカップルとの心の交流が盛り付けられ、よくわからない恋模様までデコレーションされてしまうという有り様。
 
いや意図は分かるんだけど、お腹いっぱい。それで肝心の主題がぼんやりしてしまうという、ちょっと残念な出来栄え。なお、生理に対する男性の反応がそれぞれで、女性をどう捉えているかという価値観が透けて見える点は興味深い。子役のラモナ・エディス=ウィリアムズはかわいいし、二人が遊んでいる描写は微笑ましい。でも終盤のあのシーンは既視感しかない。この直前に観た映画でも同じ演出が使われていたこともあり、使い古された感が否めない。もう子どもの映画でこの演出使うの禁止にしたい。それが何か気になる人はぜひ劇場で・・・
 

trailer:

【映画】1640日の家族

映画日誌’22-30:1640日の家族
 

introduction:

『ディアーヌならできる』などのファビアン・ゴルゲール監督が、幼少期に両親が里子を迎えて4年半一緒に暮らした自身の経験をもとに描くヒューマンドラマ。里子のシモンを演じたのは、公園で母親と遊んでいたところを監督とキャスティング・ディレクターによって見出されたガブリエル・パビ。『海の上のピアニスト』などのメラニー・ティエリー、『負け犬の美学』などのリエ・サレム、『沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家』などのフェリックス・モアティらが出演する。(2021年 フランス)
 

story:

里親のアンナと夫のドリスは、生後18か月のシモンを受け入れて4年半が経った。長男のアドリと次男のジュールは、シモンと兄弟のように成長し、一家は幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、月に1度の面会交流を続けてきたシモンの実父エディから、息子との暮らしを再開したいとの申し出を受けてしまう。突然訪れた「家族でいられるタイムリミット」に一家は動揺し、シモンも里親と実父のあいだで揺れ動く。
 

review:

本作はファビアン・ゴルジュアール監督が子どもの頃、両親が生後18ヶ月の子どもを里子として迎えて6歳まで一緒に暮らした経験を、記憶を掘り起こしながら映画化したものだそうだ。また、監督が福祉関係者や里親とのインタビューで知った父と息子のエピソードもモデルになっている。子どもの誕生後すぐに母親が亡くなり、打ちのめされた父親は子どもと引き離されてしまったそうだ。
 
里親制度は、さまざまな理由で家族と離れて暮らす子どもを家庭に迎え入れて養育する制度だ。里親と子どもに法的な親子関係はなく、実親が親権者である。ゴルジュアール監督がインタビューで「里子との出会いと別れは、私たち家族全員に影響を与えました。初めて里親となった私の母がソーシャルワーカーから受けた唯一のアドバイスは、『この子を愛しなさい、でも愛し過ぎないように』という言葉だったそうです。」と語っており、「愛し過ぎない」ことの難しさが描かれる。
 
監督はおそらく、ありのままの現実を写し取り、ありのままの現実を我々の前に差し出そうとしたのだろう。過剰な演出は排され、淡々と物語は進んでいく。暖かい家族の日常が綴られていくが、長男アドリの悪気がない言動も妙にリアルだ。我々も残酷な現実を淡々と受け止めるしかなく、生後18か月から4年半も育てた子を手放すよう迫られる里親のアンナとドリスの心情を考えると胸が締め付けられる。
 
だが実父のエディはもちろん、全員がシモンの幸せを願っていて、全員に共感するしかないのだ。血縁だから幸せになるとは限らないし、だからと言って実父と引き離されたままだった場合将来シモンが後悔するかもしれないし、正解なんてどこにもない。本当の、本物の家族ってなんだろうなぁ。私は子どもを持たない人生を選択したが、考えさせられたし泣かされた。そしてシモンをはじめ、子どもたちがとってもキュート。心に残る佳い映画であった。
 

trailer:

【映画】バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー

映画日誌’22-29:バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー
 

introduction:

フランス映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』などのフィリップ・ラショーが監督・主演を務めたアクションコメディー。ヒーロー映画の主役に選ばれた俳優が撮影途中に事故に遭い、記憶を失ったことで起こる騒動を描く。同作に出演したジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタンのほか、『ベティブルー 愛と激情の日々』のセザール賞俳優ジャン=ユーグ・アングラードが出演している。(2021年 フランス/ベルギー)
 

story:

警察署長の父親の反対を押し切って夢を追い続ける売れない役者のセドリックは、晴れて新作映画『バッドマン』の主役に抜てきされる。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。撮影初日が順調に終わろうとした頃、妹から父親が倒れたという知らせが入る。動揺したセドリックは衣装の「バッドスーツ」を着たまま「バッドモービル」に乗って病院へ急行するが、その途中で事故に遭い記憶を失ってしまい...。
 

review:

例によってレビューを書くのが遅すぎ、都内はほぼほぼ上映修了しておるんだが配信で充分だから問題ない。なぜレビューを書くのが遅くなるのかと言うと、夏休みの宿題を最後までとっておくタイプの子どもだったからである。その上、7月で忙しいのが終わるかと思ったら8月もうっすら忙しい上に体調がよろしくなく、仕事以外でMacの前に座るのが非常に苦痛だったからである。しかし配信で充分だから問題ない。
 
日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスで見事大ヒットを記録した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームが再び集結したそうな。シティーハンターは観ていないが、各サイトのレビューを参照するとそれほど悪くもなかった様子・・・?が、そんなことはどうでもいい。当時疲れ果てていた私はただ、何も考えなくていい映画を観たかった。
 
しかも『ベティブルー 愛と激情の日々』のセザール賞俳優ジャン=ユーグ・アングラードが出演しているだと・・・?情緒不安定で後に精神に異常をきたすベティを優しく包み込む青年ゾルグの今を観たかった。というわけで、さほど期待するでもなく「バットマン」ならぬ「バッドマン」に会いに行ってきた。何と言ってもB級映画の宝庫アルバトロス配給作品である。予想通り実にくだらない下ネタ多め、不謹慎なジョークありのドタバタコメディ。
 
文化というか国民性というか感性の違いもあるのだろう、全体を通して腹を抱えるほど笑えるものじゃないな・・・と思いながら観てたけど、ハリウッドのアメコミヒーロー作品を好きな人なら爆笑できるシーンがある。少々中弛みするが、何ならそのシーンだけで満足。ハリウッドアメコミ映画への愛とリスペクトを感じられるし、83分というコンパクトな尺もよい。ポップコーン片手に気楽に観たらいいね、配信でね。
 

trailer:

【映画】私は最悪。

映画日誌’22-28:私は最悪。
 

introduction:

『母の残像』『テルマ』などのヨアキム・トリアー監督による異色の恋愛ドラマ。主演はトリアー監督作『オスロ、8月31日』などのレナーテ・レインスヴェ。『パーソナル・ショッパー』『ベルイマン島にて』のアンデルシュ・ダニエルセン・リー、ノルウェーの俳優ヘルベルト・ノルドルムらが共演する。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で女優賞を受賞、2022年・第94回アカデミー賞では国際長編映画賞と脚本賞の2部門にノミネートされた。(2021年 ノルウェー/フランス/スウェーデン/デンマーク)
 

story:

30歳を迎えたユリヤ。学生時代は優秀で才能に恵まれていたが、いまだに人生の方向が定まらず、人生を浪費している。一方、グラフィックノベル作家として成功した年上の恋人アクセルは家庭を持ちたがり、彼女に母親になることを勧めてくる。ある夜、招待されていないパーティーに紛れ込んだユリヤは、若くて魅力的な青年アイヴィンと惹かれ合う。ほどなくしてユリヤはアクセルと別れ、アイヴィンとの新しい恋に人生の展望を見い出そうとするが・・・
 

review:

邦題がダサい。意味がよく分からないし、映画の本質が伝わらないし、何よりタイトルに句読点つけるのダサい。ダサい邦題を許さない委員会として日本の配給会社に物申したい。と言っても、原題である「The worst person in the world」をどう捉えるかは人それぞれだろう。
 
きらきら輝かしいキャリアを積み、最初からパートナーに恵まれて人生をお送りになっている人はここらへんでそっと閉じていただいていいのだが、大体みんな恥ずかしい黒歴史があるはずだ。性別に関わらず恥の上塗りを積み重ねた若き日々を振り返り、あの頃の自分に向かって「おまえほんと最悪」と呟いたことがあるはずだ。おそらく、そのことだろうと推察する。
 
主人公のユリヤは、医学の道に進むも「やっぱ心理学じゃね」と方向転換。教授と寝たりしながら「やっぱ視覚だわ」と写真家を目指したりするが食えないから本屋でバイトしている。それで、うっかり美人で魅力的だから年上のグラフィックノベル作家と恋に落ちたりする。何者かになりたい女子あるあるなんだけど、優れた男性の中に自分の存在意義を求めがち。でも彼の中に自分はいないんだよ・・・!
 
根拠のない自信、何者かになりたい願望となれるのではないかという期待、いまだ持たざる者ゆえの猛烈なコンプレックス。器用貧乏なんだろうなぁ。何でもそこそこできるけど「コレ」というモノにはならない。それはおそらく、本人の中に本当の動機がないからである。何故わかるかというと、かつての私がそうだったからである・・・!
 
共感するとかそういう次元の話じゃないんだ。そっと封印してきた恥部をスクリーンで見せつけられて、うおおやめろやめてくれと赤面したいつかの若者たちが世界中の映画館にいたことだろう。ラブロマンスというよりもはやスリラー。ていうか、こういうのって世界共通なんだねという新しい気付きを得たよ。
 
ヨアキム・トリアーは、鬱映画を撮らせたら右に出るものがいない鬼才ラース・フォン・トリアーの甥っ子。前作の『テルマ』がそんなにピンとこなかったから半信半疑で観たが、好き嫌い以上にしてやられた感がある。きっと次回作も観るだろう。そしてあの頃の私に言ってあげたい。適職と理想の夫に巡り合うのは44歳だよと・・・(遅)。
 

trailer:

【映画】ボイリング・ポイント/沸騰

映画日誌’22-27:ボイリング・ポイント/沸騰
 

introduction:

イギリス・ロンドンの高級レストランを舞台に、オーナーシェフの波乱に満ちたスリリングな一夜を全編90分ワンショットで捉えた人間ドラマ。主演を務めたのは『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『アイリッシュマン』のスティーヴン・グレアム。『ポルトガル、夏の終わり』などのヴィネット・ロビンソン、『スナッチ』などのジェイソン・フレミングらが共演する。監督は新鋭フィリップ・バランティーニ。第75回英国アカデミー賞(BAFTA)では4部門にノミネートされ、英国インディペンデント映画賞(BIFA)では最多11部門にノミネート、4部門の受賞を果たした。(2021年 イギリス)
 

story:

一年で最も賑わうクリスマス前の金曜日、ロンドンの人気高級レストラン。妻子と別居し疲れ果てていたオーナーシェフのアンディは、運悪く衛生管理検査があり店の評価を下げられるなど、次々にトラブルに見舞われてしまう。気を取り直して開店するも、オーバーブッキングでスタッフたちの間にはピリピリしたムードが漂う。そんな中、アンディのライバルシェフが有名なグルメ評論家を連れて来店し、脅迫まがいの取引を持ちかけてくるが...。
 

review:

ロンドンに実在するレストランで撮影をおこなった本作は、編集なしCGなし、正真正銘の全編90分ワンカットだ。これまで、「ワンカット映像」で高い評価を受けた作品としては『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『1917 命をかけた伝令』があるが、いずれも巧みに繋ぎ合わせワンカットの長回しで撮影されたようにつくられた映像である。それらは十分に驚異的だったが、本作は本物のワンカットであり輪をかけて驚異的であった。
 
レストラン内を縦横無尽に動き回るカメラワーク、俳優たちの即興演技がもたらす圧倒的な臨場感は、とてつもない没入感をもたらす。考えてみれば演劇や舞台はライブなので、NGなしでアドリブを入れながら演じるということに関しては不可能ではないだろう。しかし、撮影となると話は別だ。あっという間に満席になる店内を慌ただしく動き回るスタッフ、そんな彼らを次から次に襲うトラブル、目まぐるしい展開をたった一台のカメラがどこまでも追いかける。編集の痕跡は一切無し。
 
しかも、12年間シェフとして働いた経験のあるフィリップ・バランティーニ監督が紡ぐ人間ドラマが濃密なのだ。タイトルの「ボイリング・ポイント」は沸点のこと。私生活がうまくいっておらず、最初から不安定であることが見て取れるアンディの心身が限界に達するまでの様子をワンカットで切り取っている。アンディの不安定さが負の連鎖を引き起こし職場全体に蔓延していくさま、起こるべくして起きるトラブルの数々に、息つく暇もなく緊張感に絡め取られてしまう。
 
アンディを取り巻く登場人物もそれぞれキャラクターが立っており、90分という決して長くはない尺にひとりひとりのドラマを緻密に描き込まれており見事。あからさまに人種差別する客、女性蔑視する客、SNSのフォロワーを盾に無茶な注文をしてくるインフルエンサー。みんなが言いたい放題やりたい放題で、店内はまるで社会の縮図だ。アンディが肉体的にも精神的にも追い詰められていくと同時にそれぞれが限界を迎え、人間関係も修復不能なまでに壊れていくスリリングな展開は、人間ドラマというよりもはやサスペンスである。凄まじい映画体験だった。
 

trailer: