銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】旅立つ息子へ

f:id:sal0329:20210504212639j:plain

映画日誌’21-15:旅立つ息子へ
 

introduction:

『ブロークン・ウィング』『僕の心の奥の文法』で東京国際映画祭グランプリを2度受賞したイスラエルの俊才ニル・ベルグマンが、自閉症スペクトラムの息子と父親の絆を描いた人間ドラマ。脚本家ダナ・イディシスの父と弟の実話をもとに、息子のために人生を捧げる父親の姿を映し出す。主演はイスラエルのベテラン俳優のシャイ・アヴィヴィと、無名の新人ノアム・インベル。第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「カンヌ2020」に選出された。(2020年 イスラエル,イタリア)
 

story:

一流グラフィックデザイナーというキャリアを捨て、自閉症スペクトラムの息子ウリのために人生を捧げてきた父アハロンは、田舎町で2人だけの世界を楽しみながらのんびりと暮らしている。しかし別居中の妻タマラは息子の将来を案じ、全寮制の特別支援施設への入所を決めてしまう。定収入がないアハロンは養育不適合と判断され、裁判所の決定に従うしかなかった。ところが入所当日、大好きな父との別れにパニックを起こすウリ。その姿を見たアハロンは息子を守ることを決意し、2人の逃避行が始まるが...
 

review:

息子のために全てを捨ててきた父親が、いつの間にか成長していた息子から子離れする物語だ。自閉症スペクトラムの子どもが親離れする話ではない。子育てのゴールってどこだろう。子育てしたことがないので分からないが、きっと、独り立ちしたときだろう。子育てしたことはないけれど子育てされたことはあるので分かるが、過保護であることは往々にして親の自己満足だ。子どもを信じて見守り、独り立ちを促すこと。それができない愛情は、およそ自己愛のようなものだろう。
 
私の姉は、高齢出産を乗り越えて授かった待望の長男を、生後4ヶ月で保育園に預けて社会復帰した。たくさんの大人の手で愛情深く育てられた甥っ子は、感受性が豊かで意思表示がはっきりしており、よく笑いよく喋る。そして物心つく前に一人寝の習慣がついていた彼は自立心が旺盛で、5歳になると1人で我が家に泊まりに来るようになった。姉の子育ての全てを肯定するわけではないが、子どもを1人の人間として尊重し、その存在に依存しない姿勢には感心する。お互いに不完全な部分を受け入れ、そこには親子関係とともに人間関係があるように見える。
 
そういう意味で、アハロンはウリに依存してしまっている。父と子、2人の世界で生きている様子は微笑ましくもあるが、どこか、出口のない閉塞感が漂う。ベルグマン監督が
 
「息子を守ろうという父の思いは、国境や文化を越えて共感を呼ぶものだと思います。危険な世界から愛しい誰かを守るというテーマは、身近なものですからね。私は劇中にある“ねじれ”がとても気に入っています。父親は息子のためにキャリアを捨てたのではなく、自分の繊細かつもろい性格ゆえに、子育てという盾を手にして現実逃避したのです。実は息子を利用しているのです。アハロンを苦しめる葛藤は、人生に悩む人々の共感も得られると思います」
 
と語っている通りだ。観る側も引き離される父子に胸を締め付けられるが、物語が進むにつれ、過保護なアハロンに反対する妻タマラの思いが理解できるようになっていく。そのあたりのさりげない描写も見事だし、俳優陣の素晴らしい演技や美しいロケーション、父と子の絆と成長を映し出した完璧なラストシーンが、心の奥のほうに余韻を残す。いい映画だった。
 

trailer: 

【映画】サンドラの小さな家

f:id:sal0329:20210426222643j:plain

映画日誌’21-14:サンドラの小さな家
 

introduction:

アイルランド・ダブリンに暮らすシングルマザーが、周囲の人々と助け合いながら自分の手で家を建てようと奔走するヒューマンドラマ。舞台を中心に活躍する女優クレア・ダンが、親友が家を失ったことをきっかけに脚本を書き、『マンマ・ミーア!』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』などのフィリダ・ロイド監督が映像化した。主演はクレア・ダン自身が務め、『つぐない』などのハリエット・ウォルター、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのコンリース・ヒルらが共演している。(2020年 アイルランド,イギリス)
 

story:

夫の暴力から逃れるため、2人の幼い娘と家を出たサンドラ。しかし公営住宅は長い順番待ちがあり、ホテルでの仮住まいから抜け出せずにいた。そんなある日、サンドラは娘との会話から小さな家を自分で建てることを思いつく。最初は土地や資金など足りないものだらけで途方に暮れていた彼女だったが、雇い主のペギーや偶然知り合った建設業者エイド、仕事仲間や友人たちの協力を得てマイホーム建設に取り掛かる。ところが執念深い元夫の妨害が始まり...
 

review:

アイルランド・ダブリンを舞台に、シングルマザーの貧困や家庭内暴力、不十分な公的支援の問題に鋭く切り込みながら、希望の光となりうる共助の力にスポットを当てる作品だ。本作で主演を務めている女優のクレア・ダンが、三人の子どもを抱えながらホームレスになってしまった親友の状況に怒りを覚え、脚本を書き上げたという。
 
シングルマザーの貧困は、我が国でも深刻な問題だ。と思ってググってみたら、日本は一人親貧困率ワースト1位とのこと。シングルマザーの就業率が世界一にもかかわらずだ。世界一働いているが世界一貧困率が高い人たちを生み出す、日本社会の構造的な問題に直面してしまった。女性の貧困問題については多少読んだり聞いたりしてきたが、自業自得としか言えないパターンはさておき、自己責任という言葉では到底片付けられない根深いものがある。
 
本作に登場するサンドラも、支配的な夫のDVとモラハラからやっとの思いで抜け出してきたけれど、社会に受け皿がなく行き場を失ってしまう。公営住宅には果てしない順番待ちがあり、制度を使い一時的に暮らすことになったホテルでも、ホテルマンからロビーやエレベーターを使うことを断られ自尊心を傷つけられる。夫の暴力によって負傷した左手の痛み、PTSDに悩まされる日々のなか、娘のエマから「聖ブリジット」の物語を聞いたサンドラは、自分の家を自分の手で建てることを閃くのだ。
 
格安で家を建築できる方法をネットで検索して手探りで動き出したサンドラに、雇い主のペギーが支援を申し出る。そのことをきっかけに1人で抱え込まなくていいのだと気付いた彼女が、周囲の人々を巻き込んでいく様子が描かれる。ホームセンターで偶然知り合った土木建設業者のエイド、彼のダウン症の息子フランシス、唯一のママ友ローザ、パブの同僚エイミーとその同居人たち。多様な出自と社会的背景を持つ人々が集まって無償で自分の時間を差し出し、力を合わせていく。
 
夫からの虐待で、社会から孤立していたサンドラがコミュニティを取り戻していく物語であり、みんなで建てた彼女の小さな家は、共助の力によって立て直される彼女自身「herself(原題)」のメタファーである。お互いに助け合うことで、誰もが「誰かに信頼されることの喜び」を取り戻す。アイルランドに昔から伝わる「メハル(みんなが集まって助け合うことで、自分自身も助けられる)」の精神だ。人生は耐え難く、世の中は世知辛い。でも、人と人のあいだに生まれる希望はある。サンドラを支える周囲の人々の人物描写がもう少しあれば作品に奥行きが出たような気がするし、手持ちカメラの映像に酔いそうだったけど、いい映画だった。
 

trailer: 

【映画】ノマドランド

f:id:sal0329:20210421214651j:plain

映画日誌’21-13:ノマドランド
 

introduction:

気鋭のジャーナリスト、ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「ノマド 漂流する高齢労働者たち」を原作に、「ノマド(遊牧民)」と呼ばれるアメリカ西部の車上生活者の姿を描いたロードムービー。前作の『ザ・ライダー』でも映画賞43ノミネート24受賞という栄誉に輝いたクロエ・ジャオが監督を務める。主演は『ファーゴ』と『スリー・ビルボード』で2度のアカデミー賞主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンド、『グッドナイト&グッドラック』などのデヴィッド・ストラザーンが共演するほか、実際のノマドたちが本人役で出演する。第77回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞、第45回トロント国際映画祭でも最高賞の観客賞、第78回ゴールデングローブ賞でも作品賞や監督賞を受賞。第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など6部門でノミネートされている。(2020年 アメリカ)
 

story:

アメリカ・ネバダ州に暮らす60代の女性ファーンは、リーマンショックによる企業の倒産で長年住み慣れた家を失ってしまう。キャンピングカーに亡き夫との思い出を積み込み、現代のノマド遊牧民)として車上生活を送りながら、過酷な季節労働の現場を渡り歩くことに。その日その日を懸命に乗り越え、行く先々で出会うノマドたちと心の交流を重ねながら、誇りを持って自由を生きるファーンは広大な西部の大地をさすらう。
 

review:

物凄い映画だった。劇場の大スクリーンで観て、アメリカ西部の広大で美しい自然を映し出した映像美に吸い込まれたほうがいいし、その自然と一体化していくファーンの姿に憧れのような気持ちを抱きつつ、名優フランシス・マクドーマンドの演技に圧倒されるべきだし、エンドロールで作中に登場したノマドたちが本物だったと分かって呆気にとられたらいいし、現代アメリカの現実と明日の我が身を交錯させて打ちのめされるがいいよね。
 
アメリカには、「ノマド」「ワーキャンパー」と呼ばれる車上生活者がいる。さまざまな理由で家を失い、キャンプ場やアマゾンの配送センターなどで季節労働者として仕事をしながら、バンやキャンピングカーで各地を転々とする人たちだ。2008年の金融危機リーマン・ショック」は多くの失業者を生み、中間層の人々が低所得者に転落するケースが増え、産業に依存した町が工場の閉鎖に伴いゴーストタウン化していった。さらにはサブプライムローンの破綻によって、何万人もの人が住居を失った。
 
本作に登場するファーンも、そうした一人だ。必要最低限の家財道具と夫の思い出をキャンピングカーに詰め込んで、彼女は旅に出る。車上生活者として放浪するノマドたちの多くは60代、70代の高齢者だが、彼らの青春時代にはヒッピー文化があった。家を飛び出し、アメリカ中を旅することに憧れた世代だ。そしてノマドとしての彼らの生き方には、新天地を求めて西部開拓時代に入植した移民たちのスピリットにも近いものがある。
 
ファーンは、かつての教え子に「先生はホームレスになったの」と聞かれて「ハウスレスだ」と答える。ホームレスは家族、友人の絆が切れた人々のことを指し、ハウスレスは経済的、物理的困窮を意味するそうだ。そこには彼女の、自ら生き方を選んでいるのだという意志が垣間見える。ノマドたちは自分たちの命と尊厳を守るため、知恵をスキルを共有して時に助け合い、新しい文化と潮流を生み出している。フロンティア精神を持ち、場所やしがらみに縛られない自律的で自由な存在である、という彼らの誇りが映し出されており、そこに悲壮感はない。
 
そして何と言っても、この作品の大きな特徴は、フランシス・マクドーマンドとデビッド・ストラザーン以外は本物のノマドたちが出演しているということだ。マクドーマンド自身の生き方や考え方のすべてを投影して創り上げられた「ファーン」が、実在のノマドたちのなかに身を投じる。ファーンと深い絆を結ぶボブ、リンダ、スワンキーらも本人であり、彼らのリアルな胸中が物語と調和する。ひとつの作品のなかでドキュメンタリーとドラマの境界を融解させ、ポエティックで美しいものに昇華させる。映画に全く新しい表現を提示したクロエ・ジャオ、素晴らしい映画体験だった。
 

trailer: 

【映画】ビバリウム

f:id:sal0329:20210412223106j:plain

映画日誌’21-12:ビバリウム 
 

introduction:

新居を探す若いカップルが、不動産屋に紹介された奇妙な住宅地から抜け出せなくなるサスペンススリラー。新鋭ホラー監督ロルカン・フィネガンがメガホンを取る。『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグと、『グリーンルーム』『マイ・ファニー・レディー』などのイモージェン・プーツが出演。謎の住宅地に閉じ込められ、誰の子か分からない赤ん坊を育てることになってしまったカップルの、精神が崩壊していくさまを見事に演じたプーツは、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。(2019年 ベルギー,デンマーク,アイルランド)
 

story:

新居を探すトムとジェマのカップルは、ふと足を踏み入れた不動産屋から、全く同じ家が建ち並ぶ住宅地<Yonder(ヨンダー)>を紹介される。内見を終え帰ろうとすると、ついさっきまで一緒にいた不動産業者の姿が見当たらない。二人は奇妙に思いながらも帰路に着こうと車を走らせるが、どこまで走っても周囲の景色は一向に変わらない。誰もいない住宅地から抜け出せなくなり困惑する彼らのもとに、段ボール箱が届く。そこには誰の子かわからない生まれたばかりの赤ん坊が入っており、二人は仕方なく世話をすることになるが...
 

review:

冒頭、カッコウの托卵の様子が描かれる。カッコウのヒナによって蹴落とされ息絶えたヒナを土に埋めながら、自然の摂理だから仕方がないと話す若いカップル。彼らは新居を探しており、何気なく足を踏み入れた不動産屋でとある住宅地を紹介され、軽い気持ちで見学する。すると案内していたはずの不動産屋が姿を消し、彼らも帰ろうとするがどうやってもその住宅地から出られない。そして彼らのもとに「この子を育てれば開放する」と書かれた箱が届き、中には赤ん坊が入っていた。彼らも托卵されてしまうのだ。
 
彼らが育てることになった子どもは「子どもらしさ」から「かわいらしさ」を排除したような存在で、彼らを苛立たせる。親をじっとりと観察し、執拗に言動を真似て、気に入らないことがあればヒステリックに金切り声をあげる。それでも黙々と家事と子育てをこなし、次第に環境に適応してくかのように見えるジェマ。対して、子育てを放棄し、わずかな希望を求めて庭の穴を掘り続け、その穴で夜を明かすようになるトム。生物学的な性差による行動の違い、旧態依然としたジェンダーの価値観を映し出しているのだろう。
 
そして彼らが暮らす羽目になった「Yonder」の街並みは、どこまでも均質で無機質。マグリットの絵画を彷彿とさせるが、実に不気味だ。「Yonder」から抜け出す術を奪われたトムとジェマは、そこで毎日を繰り返すしかない。生命を維持するだけの糧は与えられるが、「生きる」以外の選択肢がない、出口のない拷問。希望が持てない状況で人間の精神が崩壊していくさまを、シュールに描いている。
 
彼らは謎の生命体によって選択肢を奪われたように見えるが、いき過ぎた資本主義のもとで暮らす私たちは、本当に自分の意志で人生を生きているだろうか?思考停止したまま、資本家から作為的に与えられたものを消費するだけの存在になっていないだろうか。資本主義の歯車として労働力を搾取され使い捨てられる存在なのだとしたら、ビバリウムに閉じ込められ、そのサイクルに組み込まれたトムとジェマは私たちのことなのではないか。ふと、人生の目的って何だろうと考えさせられる。不条理で不快な物語だったが、その映画体験は実に興味深いものだった。
 

trailer:

【映画】ステージ・マザー

f:id:sal0329:20210407233420j:plain

映画日誌’21-11:ステージ・マザー
 

introduction:

急逝した息子が遺したゲイバーを相続することになった普通の主婦が、経営再建に奮闘する姿を描いた人間ドラマ。
キッズ・オールライト』やNetflix映画『シカゴ7裁判』を製作したJ・トッド・ハリスがプロデューサーを務め、『ハンギング・ガーデン』などのカナダ人映画監督トム・フィッツジェラルドがメガホンを取った。主演は『世界にひとつのプレイブック』などで知られる大御所ジャッキー・ウィーヴァーが務め、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズなどのルーシー・リュー、『プラダを着た悪魔』などのエイドリアン・グレニアー、『タンジェリン』などのマイア・テイラーらが共演する。(2019年 カナダ)
 

story:

保守的なテキサスの田舎町に暮らす主婦メイベリンは、長い間疎遠だった息子リッキーの訃報を受け、リッキーの葬儀に出席するため夫の反対を押し切りサンフランシスコに向かう。そこで彼女は、リッキーのパートナーで協同経営者のネイサンから、息子がドラァグクイーンとしてゲイバーを経営していたことを知らされる。そしてバーの経営権は母親である自分が相続することになっていること、しかも経営危機にあることが発覚。メイベリンは困惑しながらも、ドラァグクイーンたちと一緒に息子が遺した店を再建するために立ち上がるが...
 

review:

サンフランシスコにある世界有数のLGBTQ+ コミュニティの拠点カストロ・ストリートを舞台に、息子の遺したゲイバーを立て直そうと奮闘する女性と、彼女を取り巻く人間ドラマが描かれる。テキサスの田舎町から出てきた母メイベリンを演じたジャッキー・ウィーヴァー、声や喋り方がチャーミングでとてもキュートである。『チャーリーズ・エンジェル』ことルーシー・リューが放つドスの効いた存在感と対照的だ。
 
ドラァグクイーンを題材にした映画はこれまでも制作されてきたが、本作はキャストとスタッフのほとんどがクィアドラァグクイーンであり、描写の正確性という点では突き抜けているだろう。セクシャルマイノリティやシングルマザーなど、社会的弱者の葛藤や苦悩、生きづらさが映し出されるものの、ただ悲壮感だけを漂わせるようなものではなく、そこには友情と希望があって救われる。
 
中身はありがちなストーリーで、大きく奇を衒うような展開はない。シンプルでわかりやすいが安直といえば安直、映画のつくりも脇が甘い。だけど、素直に感動してしまった。母は息子を愛し、息子もまた、母を深く愛していたのだと。それが痛いほど伝わってくるクライマックスのシークエンスは、ぐっと心をつかまれる。そして何より、音楽やパフォーマンスが素敵なので退屈しない。観終わったあと、清々しい気持ちになる。そういう映画はきっと、いい映画なのだと思う。
 

trailer: 

【映画】カポネ

f:id:sal0329:20210329215636j:plain

映画日誌’21-10:カポネ
 

introduction:

マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディが、“暗黒街の顔役”と恐れられた伝説のギャング、アル・カポネの晩年を演じた伝記ドラマ。『クロニクル』などのジョシュ・トランクが脚本・監督を務め、『パルプ・フィクション』『イングロリアス・バスターズ』のローレンス・ベンダーが製作陣に名を連ねる。『ハウス・ジャック・ビルト』などのマット・ディロンTVシリーズツイン・ピークス」のカイル・マクラクラン、『ダンケルク』などのジャック・ロウデンらが共演する。(2020年 アメリカ,カナダ)
 

story:

1940年代半ばのフロリダ。長い服役生活を終えたアル・カポネは、大邸宅で家族や友人たちに囲まれひっそりと暮らしている。かつて“暗黒街の顔役”と恐れられたカリスマ性は失われ、梅毒の影響による認知症が進行していた。一方、FBIのクロフォード捜査官は今も彼を危険視して仮病を使っていると疑い、隠し財産1000万ドルのありかを探るべく執拗な監視活動を続けていた。やがて症状が悪化したカポネは現実と悪夢の狭間で奇行を繰り返して周囲を困惑させ、妻のメエでさえも彼の真意をつかめなくなっていくが...
 

review:

トム・ハーディがカポネ!カポネがトム・ハーディ!ってことで勇み足で劇場に向かったが、いささか勇み足が過ぎた。連日4時間のメイクアップを施して「スカーフェイス」になりきり、病魔に蝕まれ狂気に落ちていくカポネを生々しく演じたトム・ハーディーの怪演は確かに凄みがあったが、糞尿を垂れ流して徘徊する姿はなかなかショッキング。世界中のトム・ハーディーファンの落胆が見えるようだ。
 
それでも、映画が面白ければ受け入れられるものだと思うが、ひたすら陰鬱なだけで何も心に響いてこない。絶妙に間延びしたテンポ、抑揚があるんだか無いんだか、妄想なのか現実なのか分からない展開に睡魔が襲ってくるほどだった。暗黒街の顔役と言われた悪名高いギャングの哀れな末路を描いているが、これ、映画にする必要があった・・・?という疑問符しか残らない。何が言いたいのかよく分からないのである。
 
ちなみにこれを映画にしちゃった脚本家で監督のジョシュ・トランクは、かねてよりカポネの偉業に魅せられていたが、彼の最晩年が人々に忘れられ、勝利という観点からしか語られないことが気にかかっていたそうだ。いやだからって、という気持ちになるが、思わずアル・カポネの生涯をWikipediaで読んでしまったよ。
 
それで何が一番びっくりしたかって、彼の享年が48歳だったことである。ということは、本作でトムが演じていた「老」カポネは47、8歳だったということだ。深い業を背負い、生き急ぐ人間というのは、あのような形相になるのだろうか。それをなりふり構わず体現したトム・ハーディの仕事は素晴らしかったと言うべきだろう。
 

trailer:

【映画】世界で一番しあわせな食堂

f:id:sal0329:20210324193336j:plain

映画日誌’21-09:世界で一番しあわせな食堂
 

introduction:

アキ・カウリスマキの実兄で『GO!GO!L.A.』などで知られるミカ・カウリスマキ監督による人間ドラマ。フィンランドの小さな村にある食堂を舞台に、異国から来た料理人と地元の人々の出会いと心の交流を描く。主演はフィンランドの女優アンナ=マイヤ・トゥオッコと香港出身の俳優チュー・パック・ホング。フィンランドを代表する俳優ヴェサ=マッティ・ロイリ、カウリスマキ監督作『ヘルシンキナポリ/オールナイトロング』などのカリ・ヴァーナネンらが脇を固める。(2019年 フィンランド,イギリス,中国)
 

story:

フィンランド北部の小さな村に、中国・上海から料理人チェンとその息子がやってきた。彼らは恩人を探しに来たと言うが、その人を知る人は誰もいない。村で食堂を営むシルカは、チェンが食堂を手伝うことと引き換えに恩人探しに協力することに。恩人探しが思うように進まない一方で、チェンが作る中国料理は評判となり、食堂は大盛況。料理を通してシルカや常連客たちと次第に親しくなっていくチェンだったが、観光ビザの期限が迫り、帰国の日が近付いていた。
 

review:

ムーミン谷のフィンランド。世界幸福度第1位の国なのに、料理はイギリスより不味いと言われているらしい。知ってた?フィンランドには一度行ってみたいけど、イギリスに勝る味盲の国には住めないなぁ・・・。イギリス知らんけど。ちなみに「フィンランド料理」でググってみたら、お世辞にも美味しそうとは言えない画像とともにラップランドの食材盛り合わせ、トナカイ肉のソテー(とマッシュポテト)、バルチックニシンのフライ(とマッシュポテト)、ミートボール(とマッシュポテト)などが紹介されておった。
 
と言うわけなので、プロ料理人のチェンが作る美味しくて見た目も美しい、“医食同源”の中華料理はフィンランド人の心を鷲掴み。料理は国境を超えて喜びをもたらし、フィンランドの美しい自然を背景に、異なる文化を持つ人々が心を通わせていく。そりゃ、面白くないことはないけどもな。分断に揺れる現代社会に対する監督の強いメッセージはこれでもかと伝わってくるが、いかんせん、ストーリーが凡庸すぎて。描き方が浅くて登場人物に共感しないし、心が動かされるような抑揚が何もないのである。おじいちゃん二人組がいい味出してる。そこは良かった。
 
ミカ・カウリスマキ監督の実弟で、フィンランドを代表する巨匠アキ・カウリスマキの監督作品をこよなく愛する私であるが、兄弟だからって期待しすぎたのだろうか。アキ・カウリスマキの厳密なる配色の構図、端正な脚本、無駄のない寡黙な演出、そういうものを期待しすぎたのだろうか。勝手に期待してごめんよ・・・。アキのお兄ちゃんだから観とくか、という動機で観るつもりのカウリスマキ信者のみなさん、そういうつもりで観るのはおすすめしないっす・・・。
 

trailer: