或る映画凝屋の手記

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】T2 トレインスポティング

f:id:sal0329:20170507230405p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-21
『T2 トレインスポッティング』(2017年 イギリス)

うんちく

1996年に公開され、世界中を熱狂させた青春映画の金字塔『トレインスポッティング』。アーヴィン・ウェルシュの小説を基に、スコットランドで暮らす4人のジャンキーたちの明るく悲惨な青春像を斬新なスタイルで描いたこの作品は、90年代のポップ・カルチャーの代名詞となった。そして21年後の今年、世界中が待ち望んだ続編が完成。監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジ、製作のアンドリュー・マクドナルドらオリジナルスタッフとともに、主演のユアン・マクレガーほか、ユエン・ブレムナージョニー・リー・ミラーロバート・カーライルら、お馴染みのキャストが再集結した。

あらすじ

舞台はスコットランドエディンバラ。かつて3人の仲間を裏切り、大金を持って逃走したマーク・レントンが20年振りに故郷に戻ってくる。親友だったシック・ボーイことサイモンは表向きパブを経営しながら売春やゆすりに手を染め、ジャンキーのスパッドは家族に愛想を尽かされ人生に絶望し、ベグビーは殺人罪で刑務所に服役中で、いつまでも大人になれないダメな男たちは相変わらず荒んだ人生を送り続けていた...

かんそう

私の青春には『トレインスポッティング』があったのだ。スリリングでショッキングなストーリーはさることながら、セオリーに従わない自由奔放でスタイリッシュな映像と音楽、そしてファッション、すべてが刺激的で、すべてに影響された。ドラッグ以外。それは社会現象にもなり、『トレインスポッティング』を観たかどうかが試金石にもなるような、そんな「アイコン」だった。堂々と好きって言うのがちょっぴり恥ずかしい時期もあった。そして20年の時を超え、おそるおそる再会した「青春」は、絶妙に最高だった。やっぱり『トレインスポッティング』が大好きなんだってことや、そして
そのほかのことも、話したいことがたくさんある。でも、心の中に色んな感情が渦巻いて上手く言葉に出来ないから、レントンの言葉を借りる。

”Choose your future, Choose life !”