銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】ヴェノム

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-73
『ヴェノム』(2018年 アメリカ)
 

うんちく

スパイダーマン最大の宿敵として知られるマーベル・コミックスのキャラクター「ヴェノム」を、『ゾンビランド』『L.A. ギャング ストーリー』のルーベン・フライシャー監督が映画化。地球外生命体シンビオートに寄生され、運命に翻弄されるジャーナリストの闘いを描く。主演は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント:蘇りし者』などのトム・ハーディ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などのミシェル・ウィリアムズらが共演している。本国公開3週目で全世界興収4億6,000万ドルを突破する大ヒットとなり、その後も快進撃を続けている。
 

あらすじ

サンフランシスコに暮らすジャーナリストのエディ・ブロックは、ライフ財団がホームレスを利用した人体実験で死者を出していることを知り、その真相を突き詰めようとする。その過程でライフ財団に侵入したエディは被験者と接触し、自身が地球外生命体「シンビオート」に寄生されてしまう。それ以来エディは、意思を持った生命体が自分に語りかける声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていくが...
 

かんそう

観ちゃった・・・。MARVEL作品に全くと言っていいほど食指が動かない私だが、トム・ハーディの最新主演作を観たい一心で、座席予約ページの「予約する」を震える指でクリックしたのである(照)。さて、そんなトム・ハーディ演じるエディ。正義感が強いと言えば聞こえは良いが、いまいち頭が弱いのか想像力が欠如しているのか、著しく危機管理能力に欠けており、まあまあ、しでかす。それやったらアカンやん、ってことを何度もしでかす。ホラー映画でそこ開けたらあかんやん!っていうドアを開けて最初に犠牲になる人物であり、いま私が最も自己責任論を問いたいジャーナリストであるが、エディは死なない。Eddie never dies.  何故なら俺たちヴェノムだから。"You're Eddie Brock. I'm the symbiote. Together we are Venom”なのである。馬鹿だからではない。が、エディもヴェノムも少々お馬鹿でかわいいのだ。畜生、こんな母性本能をくすぐるダークヒーローがおってたまるか。でも人間の頭を喰いちぎる姿にはお母さんドン引きよ・・・そして粘着質なクリーチャーが組んず解れつのバドルシーンは訳わからんほど迫力があってエキサイティング。バイクで街を疾走するイカれたカーチェイスあり、隣の席の外国人もワーオ!って言ってた。つか上映中に声出すなやって普通なら思うけど、もうどうでもいいよ。さすがMARVELよねって、他観てないんだった。スパイダーマンを観てないからこそかもしれないが、残虐でダークなアンチヒーローの物語に程よくユーモアが散りばめられた、ポップな仕上がりのバディムービーで楽しめた。様々な名作にインスパイアされて製作されたと思われる本作、ネオンが光るエキゾチックな街並み、エディが部屋の窓から街を見下ろすシーンは『ブレードランナー』を彷彿とさせる。最後のあれは『羊たちの沈黙』だよね、ね。続編があったらきっと観るけど、ミシェル・ウィリアムズに少々若作りさせすぎていて痛々しいので、次はもう少し大人の女性のファッションにしてあげて・・・。
 

【映画】バグダッド・スキャンダル

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-72
バグダッド・スキャンダル』(2017年 デンマーク,カナダ,アメリカ)

うんちく

元国連職員マイケル・スーサンが自身の体験を元に執筆した小説「Backstabbing for Beginners」を原作に、国連史上最悪のスキャンダルとなった「石油・食料交換プログラム」の汚職事件を描いたポリティカル・サスペンス。『ストックホルムでワルツを』などのペール・フライが監督を務め、『ダイバージェント』シリーズや『アンダーワールド』などのテオ・ジェームズが主演のほか製作総指揮も務めた。『ガンジー』で第55回アカデミー賞主演男優賞を受賞した名優ベン・キングズレー、名作『ブリット』などのジャクリーン・ビセットらが共演している。

あらすじ

2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願叶って国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する”オイル・フォー・フード”「石油・食料交換プログラム」を担当することになった。それは、クウェート侵攻に対するイラクへの経済制裁の影響で困窮するイラクの民間人を救うための人道支援計画で、国連の管理下でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの市民に配給するというものだ。しかしマイケルが目の当たりにした実態は、サダム・フセイン自身がプロジェクトに関与しており、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が利権をめぐって深く関わっている巨額の汚職事件であった...

かんそう

あまり注目していなかったが、「A24」が製作したと知り俄然興味が湧いた。A24はエッジの効いた作家性の強い作品を次々と世に放ち、2012年の設立からわずか6年で映画界に旋風を巻き起こした気鋭の独立系配給会社だ。彼らが手掛けた話題作と言えば枚挙にいとまがないが、近年では『ムーンライト』『20センチュリー・ウーマン』『パーティで女の子に話しかけるには』などの突出した作品で私のようなマニアの心を鷲掴み。つい最近では『アンダー・ザ・シルバーレイク』に唸らされ、年内には『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』『イット・カムズ・アット・ナイト』『へレディタリー/継承』の公開が控えており、身悶えるほど楽しみである。
さて、A24についてお分かりいただけたところで本題だが、国連史上最悪のスキャンダルを描いた骨太な作品である。緊張感あふれるスリリングな展開に引き込まれるが、過剰な演出を避けた淡々とした語り口、その真摯な映画作りに好感がもてる。脚本が優れているのだろう、政治作品にありがちな「説明のための」冗長な会話の応酬が少なく、人物の行動や表情、端的なフレーズで背景や状況を察することが出来る。最後まで中弛みすることなく、非常に興味深く観た。この”オイル・フォー・フード”は総額640億ドル(当時の為替で7兆3600億円超)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し、人道支援を喰いものにした汚職は少なくとも18億ドル以上と言われている。しかし国連が調査協力を拒んだだめ、現在も全貌が明らかになっていないそうだ。イラク戦争の開戦から15年が経った今でも、イラクの人々の苦難は続いている。フセイン独裁政権からは解放されたが「フセインよりも厄介なやつら(米軍)がやってきた」、そしてその後のイラク治安部隊や軍による人権侵害は凄惨を極め「まだ米軍の方がマシだった」と人々に言わしめた。破壊しつくされたイラクは大量の犠牲者と避難民を生み、情勢は不安定なままだ。日本政府は、米国の「フセイン政権が大量破壊兵器の開発を続けている」という嘘とイラク戦争を支持し、米軍の物資や人員の輸送を支援し自衛隊を派遣した。少なくとも我々は関与していたのだ。世界で起きている悲劇に無関心であってはいけないと改めて思う。

 

【映画】search/サーチ

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-71
search/サーチ』(2018年 アメリカ)
 

うんちく

Google社のプロジェクトで、Google Glassだけで撮影した2分半の短編映画『Seeds』を制作し、24時間で100万回以上YouTube再生された気鋭の新星アニーシュ・チャガンティによる初長編監督作品。失踪した娘を捜すため、娘のPCにログインして捜査する父親の姿を追うサスペンス。『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』の監督を務めたティムール・ベクマンベトフが製作に名を連ね、チャガンティ監督とともに脚本を執筆した。主演は『スター・トレック』シリーズなどのジョン・チョー。全編PCモニター上ですべてのストーリーが展開する。2018年のサンダンス映画で観客賞(NEXT部門)を受賞。
 

あらすじ

ある日、忽然と姿を消した16歳の女子高校生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まるが、家出なのか誘拐なのか不明のまま、37時間が経過する。娘の無事を信じたい父デビッドは、マーゴットのPCにログインし、FacebookInstagramなどのSNSにアクセスを試みる。しかし、そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったマーゴットとは別人の、自分が知らない娘の姿だった...

 

かんそう

ITエンジニアのパパがさくさく娘のPCをいじって、FacebookやらInstagramやら勝手に開いて洗いざらい調べていくんだけど、その様子を眺めながら、万が一自分が行方不明になって親兄弟にGAFAのITジャイアントに吸い取られてる個人的なアレコレ全部見られたら死ぬ!もしくはすでに死んでたら二度死ぬ!って思ったので、心肺停止した瞬間に全てのアカウントが削除されるデバイスはよ。でも三途の川から生還できたときにちょっと寂しいから、息を吹き返したら復旧してほしい。閑話休題。予想を裏切る展開と言えば聞こえはいいが、注意力散漫な私にとっては、え、そっちなの?っていう、なんの伏線も脈略もない展開だった。明らかになっていく娘の秘密も、驚くほどのことでもない。せっかくサーチするなら、点と点をつないで伏線を張り巡らせ、最後に美しく回収してくれよぅ。と、一部の勝手に期待した観客を置き去りにしながら明後日の方向に展開していくさまは、ブレードランナーでインディジョーンズなハリソン・フォードサイバーテロと闘った『ファイヤーウォール(06)』という映画をほのぼのと思い出させる。あれから12年。ネタバレを避けるため、どのあたりが似ているのかについて言及するのは控えておく。ただ、すべてがPCモニター上だけで展開する手法はとても興味深く、楽しい映画体験だった。少々の無理やり感は否めないが、これまでにない、新しい表現に挑戦した姿勢を買う。そんなことより高校生の16歳のマーゴット役が30歳は無茶しすぎやで・・・キャバクラ嬢でもそこまではサバ読まないだろ・・・
 

【映画】テルマ

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-70
テルマ』(2017年 ノルウェー,フランス,デンマーク,スウェーデン)

うんちく

ダンサー・イン・ザ・ダーク』などで知られる鬼才ラース・フォン・トリアーを親類に持ち、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された『母の残像』などで注目されるノルウェーヨアキム・トリアー監督が手がけたホラー。主演を務めた『THE WAVE/ザ・ウェイブ』などのアイリ・ハーボーは各国の映画祭で絶賛され、2018年にはベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞した。ロンドンやニューヨークを中心に活躍しているモデルでミュージシャンのカヤ・ウィルキンスが本作で映画デビューを果たし、『ブラインド 視線のエロス』などのエレン・ドリト・ピーターセンらが共演する。アカデミー賞ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノルウェー代表作品に選出。

あらすじ

ノルウェーの人里離れた小さな田舎町で、信仰心が深く厳格な両親のもと育てられたテルマは、オスロの大学に通うため一人暮らしを始める。そんなある日、図書館で癲癇のような発作が起き、病院に運ばれてしまう。原因が分からず不安を抱えるテルマだったが、その時居合わせた同級生のアンニャと親しくなり、罪の意識に苦悩しながらも彼女に恋心を抱くようになる。それからも発作とともに、不気味な自然現象が周りで起きるようになり、テルマは原因を探るため検査入院するが…

かんそう

どこにも救いがない物語を紡ぎ出し世界を絶望の淵に陥れ、自分も盛大に鬱を発症しちゃったりしつつ、衝撃的な作品で世界を挑発し続ける鬼才ラース・フォン・トリアーの甥。もうそれだけで不穏である。しかも大友作品、とりわけ「AKIRA」に影響されているらしい。ますます不穏である。凍てつく湖の氷上を渡り、森に足を踏み入れる親子、向けられた銃口。息を呑むほど美しいノルウェーの自然を映し出したオープニング・シークエンスに始まり、スタイリッシュかつイノセントな映像美で静謐に描かれる。敬虔なクリスチャンである厳格な両親の教育によって抑圧されてきたテルマそのものだ。しかし貞淑さの内側に秘めたほとばしる情念は、初恋の予感とともに制御を失い、”超常的な”能力として剥き出しになっていく。欲望への葛藤、罪悪感にからめとられながら解放された自我は、点滅する光、鳥の群れ、樹木のざわめき、ゆれる水面などの不穏なビジュアルと結びつき、強烈な印象を残しながら繊細に映し出される。オカルトでありながら、絶望的な美しさによって高い芸術性を保ち、ありとあらゆるメタファーが様々な解釈を生み出し、心の奥に深い余韻を残す。万人向けとは言えず観る人を選ぶ作品ではあるが、ヨアキム・トリアーが叔父とは違うタイプの天才だということを世間に知らしめるには充分だろう。テルマとアンニャがベランダで微笑み合う、頬をなでる風を感じさせてくれる夕暮れのシーンが好きだった。誰にとってもかけがえのない日々は、そのような美しさや切なさの積み重ねで出来ているのだろう。

【映画】マイ・プレシャス・リスト

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-69
マイ・プレシャス・リスト』(2016年 アメリカ) 

うんちく

『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』『ミニー・ゲッツの秘密』のベル・パウリ―が主演を務め、高い知能指数を持つがコミュニケーション能力に欠ける19歳の心の成長を描く。監督は、プロデューサーとして『さよなら、僕らの夏」』などを手掛け、本作が長編映画初監督作品となるスーザン・ジョンソン。『ホリデイ』『マイ・インターン』などのヒット作を手掛けてきたスザンヌ・ファーウェルがプロデューサーに名を連ねる。『プロデューサーズ』などのネイサン・レイン、TVドラマ「イン・トリートメント」のガブリエル・バーンらが共演。

あらすじ

ニューヨークのマンハッタンで暮らす19歳のキャリーは、IQ185でハーバード大学飛び級で卒業した天才だが、仕事にも就かず、友人も作らず、家にこもって読書ばかりしている。ロンドンにいる父親から感謝祭を一緒に過ごすことができないと連絡があり失望していたキャリーに、唯一の話相手であるセラピストのペトロフはリストを渡し、そこに書かれた6つの課題を実行するよう告げる。半信半疑ながらも、ペットを飼い、昔好きだったチェリーソーダを飲み、デートの相手を探そうとするが...

かんそう

この作品には、サリンジャーの「フラニーとゾーイ」がシンボリックに登場する。私は代表作「ライ麦畑でつかまえて」すら読んでおらず、思春期に”サリンジャー”という試金石を踏んでいない。しかし私の本棚には短編集「ナイン・ストーリーズ」があり、それは「バナナフィッシュにうってつけの日」が収められているからという中二病的理由なのでまともに読んでいない。というわけで、「フラニーとゾーイ」について調べてみた。グラス家の末娘フラニーは周囲の人たちのささやかなエゴが許せない。週末を恋人と過ごしていても気取り屋の恋人に苛立ちを募らせ、いちいち食ってかかっては自己嫌悪を繰り返す。終いにはレストランで気を失い、デートを台無しにして、トイレに駆け込み宗教書「巡礼の書」を読みふける、と。そしてそんな妹を諭そうとする兄のゾーイのお話である。思春期の青年が直面する自意識との対峙という普遍的なテーマを扱っており、この本と多感な時期に出会うことは、もしかすると大事なことなのかもしれない。フラニーは”こじらせ女子”の見本だが、本作の主人公キャリーの早逝した母親はおそらく、人並み外れて賢い我が娘の行く末を案じてこの本を与えたのだろう。ママの不安は的中し、キャリーは見事なIQ185のこじらせ女子になった。パパ、セラピスト、教授、新しい出会い、揃いも揃って絶妙な塩梅のクソ野郎が登場し、知性と良識に溢れる自意識の塊キャリーを苛立たせる。そんなキャリーが行き着いた場所は、という物語である。社会と接点を持とうとしないニートが外界に出て成長する、という単純な物語ではない。それを理解するには「フラニーとゾーイ」の予備知識が必要だったと気付いたのは、ずっと後のことであった・・・。先に言うてや。しかし何はともあれ、傑作とは言い難いがそこそこ楽しめた。キャリーを演じたベル・パウリーがキュートで愛らしく、クリスマスや大晦日が近付く冬のマンハッタンの街並みを映し出した映像が素敵。ふと、人恋しくなったりしつつ、この冬はサリンジャーを読んでみようという気持ちになっている。

【映画】アンダー・ザ・シルバーレイク

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-68
アンダー・ザ・シルバーレイク 』(2018年 アメリカ)

うんちく

『イット・フォローズ』で世界的な注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、ロサンゼルスの街シルバーレイクを舞台に描くサスペンス。失踪した美女の行方を探すうちに、街に潜む陰謀を解明することになるオタク青年の顛末を映し出す。主演は『ハクソー・リッジ』『沈黙 サイレンス』などのアンドリュー・ガーフィールドエルヴィス・プレスリーの孫で、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』などに出演しているライリー・キーオが謎の美女を演じる。

あらすじ

セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスのシルバーレイク。都市伝説や陰謀論をこよなく愛するゲーム好きのオタク青年サムは、成功を夢見てこの街に暮らしているが、仕事もなく家賃すら滞納している。ある日、向かいに越してきた美女サラに一目惚れした彼は、何とかデートの約束を取り付けるも、彼女は忽然と姿を消してしまう。サラの行方を捜すうち、陰謀の匂いを嗅ぎ取ったサムだったが、いつしかロサンゼルスの裏側でうごめく闇に飲み込まれていく...

かんそう

「あのロサンゼルスの丘に建っている屋敷の中では、一体何が起きているのだろうか?」という疑問が頭から離れなくなったデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督が書き上げた脚本は、ロサンゼルスがいかに奇妙で美しくて恐ろしい街であるかということを描いてきた巨匠たちへのオマージュ、80,90年代のポップ・カルチャーへの偏愛が散りばめられた幻想的な映像、大仰に鳴り響くクラシカルで壮大な映画音楽、細部までこだわった美術や衣装に彩られた怪作となった。荒唐無稽でただただ面白かった。140分の長尺だが、整合性などまるでない予測不能な展開に呆れ驚き、不条理で摩訶不思議な白昼夢に引き込まれてしまった。確かにデヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』のようでもあるし、つげ義春が描く悪夢のようだなぁ、と思いながら観ていた。広告や映画、ヒット曲に隠された秘密の暗号やメッセージの解読に取り憑かれてしまうサムと一緒に、巧妙に作り上げられたハリウッドの光と影を彷徨う。犬殺し、ホーボーのサイン、ホームレスの王、フクロウのキス、音楽業界を牛耳る謎の老人・・・。ニルヴァーナカート・コバーン、ドアーズのジム・モリソンら“27クラブ”のメンバーのアイコンが作中に登場する。悪魔と契約して成功した者は27歳で命を落とすが、27歳を過ぎても芽が出なければ”選ばれし者”ではなく、サムもその一人であると示唆する。シルバーレイクの水底には、夢破れた若者たちの屍が沈んでいる。そしてその下には、大富豪にしか行けない高次元の地下帝国があるのかもしれない。人生がうまくいかないのは、巨大な秘密組織が仕掛けた陰謀かもしれない。夢想と現実が幾層にも重なり合い、たくさんの謎を孕んだ物語は、いま目に見えている世界が真実なのか?その選択は果たして自分の意思によるものなのか?と我々に問いかけてくる。

【映画】エンジェル、見えない恋人

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-67
エンジェル、見えない恋人』(2016年 ベルギー)

 

うんちく

トト・ザ・ヒーロー』『ミスター・ノーバディ』などで知られるベルギーの名監督ジャコ・ヴァン・ドルマルが製作に名を連ねるラブロマンス。俳優としてドルマル作品に出演し、短編やテレビシリーズを手掛けてきたハリー・クレフェンが監督を務め、姿が見えない男の子と、目が見えない女の子の恋の物語が綴られる。主演はこれが長編映画デビューとなる新星フルール・ジフリエ。『わたしたちの宣戦布告』『愛・アマチュア』などのエリナ・レーヴェンソンが共演する。
 

あらすじ

マジシャンの恋人に突然捨てられ、心を病んでしまったルイーズは、収容された精神病院で人知れず男の子を出産する。エンジェルと名付けられたその赤ん坊は、人の目に見えない特異体質だった。施設の中でひっそりと育てられたエンジェルは、母ルイーズから自分の存在を誰にも明かしてはいけないと言われていたが、外の世界で知り合った盲目の少女マドレーヌと恋に落ちてしまう。エンジェルの秘密に気付くことなく成長したマドレーヌは、視力を取り戻すための手術を受けることになり...
 

かんそう

ベルギーといえば、ビール、ワッフル、チョコレート。とりわけベルギービールは大好物である。もともと酒に弱い私がビールを飲めるようになったきっかけは、私と対照的に呑兵衛の姉からハモニカ横丁で飲まされた「ヒューガルデン」である。ヒューガルデンと仲良くしたい一心で努力を重ね、根性でビールへの耐性を身につけたのである。それが今となっては「I ♡ Guinness」って黒々しい1パイントグラスをインスタ投稿するようなクズになったわけであるが、今でも白い恋人ヒューガルデンを愛している。前置きが長くなったが、そんなベルギーの至宝と呼ばれているジャコ・ヴァン・ドルマル監督が製作を務めた本作、見えないはずの存在を生々しく感じさせる演出は秀逸。3人の女優が幼少期、思春期、成人のマドレーヌを演じているが、それぞれの美しい佇まいが作品に透明感をもたらし、純愛を際立たせる。目が見えないからこそ認識できていた存在が、目が見えるようになったことによって見えなくなる皮肉。二人のあいだに生まれる葛藤が切ない。ロマンチックで官能的なファンタジーだ。が、黒々しい1パイントを飲み干すようになった私は、透明とは言え生活費どうしてるんだと経済面が心配になったり、食べたものは体内でどうなるんだとか全裸で寒くないのかとか裸足で怪我するだろとか、頭からペンキかけてみたい衝動にかられたり、頭のなかが邪念でいっぱいになったのであった・・・。