銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】ブレス しあわせの呼吸

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-61
 

うんちく

28歳でポリオを発症し、首から下が麻痺して余命宣告を受けた男性とその妻、その夫婦を支え続けた人々の闘いを描いたドラマ。『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズなで知られる名プロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュの両親の実話が基になっている。メガホンを取ったのは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『猿の惑星』シリーズの出演で知られる俳優アンディ・サーキス。『ハクソー・リッジ』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、『ミスティック・アイズ』などのクレア・フォイらが共演。
 

あらすじ

1950年代、イギリス。運命の恋に落ち、皆に祝福され幸せな結婚生活を送っていたロビンとダイアナ。ダイアナが妊娠していることが判明し、彼らは喜びの絶頂にいたが、出張先のナイロビで突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が麻痺して人工呼吸器なしでは生きられない体になってしまい、医師からは「余命数ヵ月」を宣告される。絶望し、死にたいと繰り返すロビンだったが、医師の反対を押し切って自宅介護を決意したダイアナの愛情によって、生きる気力を取りしていく──
 

かんそう

ポリオについて調べてみた。ほんの半世紀ほど前まで人類にとって脅威の病だったが、1950年代に開発されたワクチンによって患者数が大きく減少したとのこと。日本では、1960年にポリオ患者の数が5千人を超え大流行したそうだが、生ポリオワクチンの導入によって沈静化し、1980年を最後に野生のポリオウイルスによる患者は出ていない。ジョナサンの父親ロビンがポリオを患ったのは1950年代後半、過渡期にあたるだろう。不幸にも、首から下が麻痺して人工呼吸器が無ければ2分と生きられない境遇になってしまった。当時の医療技術では、病院から出ることなど考えも及ばない状況である。しかし、無償の愛情を持ってポジティブに行動を起こしてきたダイアナの強い意志と、夫婦を支え続けたダイアナの双子の兄や友人たちとの絆が、実話とは思えない奇跡を起こしていくのだ。常に笑顔とユーモアを絶やさず、生き生きと自分の人生を全うしたロビンに悲愴感はなく、生きることってなんだっけ、と、自分の生き方と照らし合わせてみたりする。かつて「健常でなくなった人」に対する人権がどのようなものであったか、という描写も興味深い。しかしながら、物語が時系列で単調に紡がれるので、いささか眠気を誘う・・・。もっと工夫できたのではと思ってしまう月並みな構成と演出で、特記すべき点は特にない。が、作品全体を覆うやさしくあたたかい空気は、一見に値する。
 

【映画】500ページの夢の束

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-60
500ページの夢の束』(2017年 アメリカ)

うんちく

JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』のプロデューサー、ダニエル・ダビッキが惚れ込んだマイケル・ゴラムコの脚本を、『セッションズ』で高い評価を受けたベン・リューイン監督が映画化。自閉症の女の子が、大好きな『スター・トレック』の脚本コンテストのためにハリウッドを目指す姿を活写する。主演は『I am Sam アイ・アム・サム』で天才子役の代名詞となり、最近では『ブリムストーン』などで高い演技力が評価されているダコタ・ファニング。『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イヴらが共演している。

あらすじ

自閉症を抱えるウェンディは、たった一人の肉親である姉と離れ、ソーシャルワーカーのスコッティにサポートされながら自立支援ホームで暮している。『スター・トレック』が大好きで、並外れた知識を持つ彼女の楽しみは、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くこと。ある日、『スター・トレック』脚本コンテストが開催されることを知ったウェンディは、渾身の作品を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気付き、愛犬ピートとともにハリウッドまで数百キロの旅に出ることを決意するが...

かんそう

天才子役と世界中の称賛を集めながら、ここ最近は妹エルの活躍の陰に潜んでしまったような印象のダコタだったけど、やはり彼女は素晴らしい俳優である。今回彼女が挑んだのは、スタートレックをこよなく愛する自閉症のウェンディだ。前作『セッションズ』で障害者の性という”タブー”を爽快に描いたベン・リューイン監督の手腕によって、自閉症を抱える人が「普通の」暮らしをすることに少々の困難が伴うことが作品の冒頭で描かれ、ダコタの好演も相俟って自然とウェンディに心が寄り添うようになっている。不測の事態に対処出来ず癇癪を起こしたり、人と目を合わせて話すことが苦手だったり、適切な距離でコミュニケーションを取ることが難しいことの描写で、ウェンディが単独で遠出することの大変さが理解できる。それでも彼女は勇気を振り絞り、ハリウッドまでの数百マイルを旅立つ。大好きなスタートレックと、唯一の肉親である姉への思いを込めて書き上げた脚本を、パラマウント社に届けたい一心で。自分が大好きなことに没頭すること、ひとつ事を成し遂げること、人生はうまくいかないことばかりだけど、それでも自分の思いを貫くこと。日々に忙殺されていると、どこかに置き忘れてきてしまう大切なことを、ふと思い出させてくれる。幾度となく立ち上がるウェンディに自分を重ね合わせて、思わず気持ちが奮い立つ。ちょいちょい出てくるスタートレックネタにクスリと笑わされ、暖かい気持ちになる。エンタープライズ号の制服を着てるワンコがかわいいし、終盤に登場する警察官とのやりとりが最高。カーク船長、スポック、ドクターマッコイのことを知っていたほうが楽しめるけど、たとえスタートレックを全く知らなくても、作品のなかでその魅力をきっちり伝えてくれるので大丈夫。ユーモアと愛に溢れ、否応無しに幸せな気持ちになれる、愛すべき作品。

【映画】輝ける人生

 
劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-59
輝ける人生』(2017年 イギリス)
 

うんちく

ダイアン・キートン主演『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン監督が描く人生賛歌。長年連れ添った夫の浮気をきっかけに、ダンスを通して自分の人生を見つめ直す女性の姿を追う。『ヴェラ・ドレイク』で英国アカデミー賞主演女優賞を受賞したイメルダ・スタウントンが主演を務め、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『否定と肯定』のティモシー・スポール、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のセリア・イムリーが脇を固める。ダンス教室の仲間には元プロダンサー20名が選ばれ、見事なダンスを披露。
 

あらすじ

イギリスのサリー州にある屋敷で暮らす専業主婦のサンドラは、35年寄り添った夫がナイトの称号を授与され、自身も“レディ”となって幸せの絶頂にいた。ところが夫と親友の浮気現場を目撃しまい、傷心で姉ビフが暮らしているロンドンの団地に転がり込む羽目に。金や名誉に関心がないビフは、気の置けない親友やダンス教室の仲間に囲まれ、自分の人生を謳歌していた。鬱ぎ込む妹を心配したビフは、サンドラを無理やりダンス教室に連れていく。かつてダンサーを目指したこともあるサンドラは、音楽とダンスに心を癒されていくが...
 

かんそう

この数年、往年の名優たちが出演するシニアが主役の作品が増えている気がする。人生100年時代だし、現役引退してからの年月も長いし、何なら死ぬまで現役だし。ということだろう。私も遺伝子上おそらく100歳ほどまで生きると思われ、まだ人生を折り返していないことにぞっとしたりする。だから観に行ったという訳ではないが、何故この作品を観ようと思ったかは忘れた。銀座シネスイッチに観に行ったところ、当たり前だがシニアに囲まれた。さて、本作の原題は『Finding Your Feet』であるが、環境に慣れる、自信がつくという意味だ。築き上げてきた人生の足元が揺らいだとき人はどうするか、という割合い凡庸なテーマであるが、よく練られたコミカルな脚本と名優たちの演技で、素敵な作品に仕上がっている。ダンスシーンは正直見どころではないが、次々に登場するダンスナンバーが楽しい。Nile Rodgers率いるChicの「Le Freak」が個人的最高潮。それぞれの人生を背負ってきた登場人物の描写も味わい深く、特に私はシスコンなので、姉妹の葛藤と絆に胸を締め付けられた。姉妹というのは歳を重ねれば重ねるほど、その存在がありがたく、良いものである。そして映画の中だけの話ではなく、人と言うのはいくつになっても恋愛するものであるらしいよ・・・。希望が持てるよね・・・。
 

【映画】判決、ふたつの希望

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-58
判決、ふたつの希望』(2017年 レバノン,フランス)

うんちく

クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つレバノン出身ジアド・ドゥエイリ監督が、自身の体験をもとに描いた社会派ドラマ。異なる背景を持つ二人の男の“ささいな口論”が、国家を揺るがす法廷劇にまで発展していくさまを描く。本国で爆発的な大ヒットを記録。各国の映画祭で絶賛され、レバノン映画史上初となる、第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの快挙を果たした。主演のひとりカメル・エル・バシャは本作で第74回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

あらすじ

レバノンの首都ベイルート。住宅の補修作業をしていたパレスチナ人の現場監督ヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートの水漏れをめぐって口論となる。ヤーセルが漏らした言葉がトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもトニーが放った一言に深く尊厳を傷付けられ、二人の対立は法廷へと持ち込まれることに。この裁判をメディアが大々的に報じたことから政治問題に発展し、レバノン全土を揺るがす騒乱が引き起こされる事態となるが...

かんそう

トニーがヤーセルに向かって吐いた『お前らなんかシャロンに抹殺されればよかったんだ』というセリフは、ドゥエイリ監督自身が口論となった相手に言ってしまった言葉そうだ。すぐに謝り解決したそうだが、レバノンに暮らすパレスチナ人にとっては最大の侮辱である。1948年のイスラエル建国を受けて勃発した第一次中東戦争によって70万人以上のパレスチナ人が故郷と家を失い、ヨルダン川西岸地区、ガザ、ヨルダン、レバノンなど周辺諸国に逃れ、難民として困窮を極めた生活を強いられた。そしてレバノンにおいては、イスラエルレバノン侵攻とパレスチナ難民大量虐殺事件など、血で血を洗うような歴史が繰り返されてきた。1982年にイスラエルレバノン侵攻した当時の国防相シャロンだったのである。キリスト教レバノン人とイスラムレバノン人およびパレスチナ人の対立だったレバノン内戦は、シリアの介入やイスラエルの侵攻など外部勢力の影響で完全な混乱状態に陥り、今日のレバノンは主権が誰にあるのか分からないような様相を呈している。
本作では、人種、宗教が異なる二人の間におきた些細な諍いが負の連鎖を生み、様々な宗教的、政治的な思惑を取り込みながら肥大化し、本人たちを置き去りしてレバノン全土を騒乱へと巻き込んでいくさまが描かれる。それは長きに渡るレバノン内戦の縮図となっている。アラブ系キリスト教徒とパレスチナイスラム教徒、どちらにも肩入れしない絶妙で見事な脚本は、イスラム教家庭出身のジアド・ドゥエイリ監督と、キリスト教家庭出身の元妻ジョエル・トゥーマが、離婚手続きのさなかに共同執筆したそうだ。トニーとヤーセルどちらの妻も、頑なに自分の考えを貫き通そうとする夫に対して常に理性的である。法廷で熾烈な論戦を繰り広げる弁護士など、ドラマに組み込まれた人間模様も実に興味深い。主演を務めた二人の素晴らしい演技も相まって、社会派ドラマでありながら、強い求心力を持つエンターテイメント性も秀逸。中東の複雑な歴史を知らずとも、激しく心を揺さぶられることだろう。

 

【映画】タリーと私の秘密の時間

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-57
タリーと私の秘密の時間』(2017年 アメリカ)

うんちく

JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞にノミネートされたジェイソン・ライトマンが、生活に追われ疲れ果ててしまった女性が、ベビーシッターとの交流を通して自分を取り戻していくさまを描いた人間ドラマ。徹底した役作りで知られ、『モンスター』でアカデミー賞を獲得したシャーリーズ・セロンが18キロ増量し、毎日に奮闘する女性を演じた。脚本は『ヤング≒アダルト』でもライトマン監督とタッグを組んだディアブロ・コディ。『ブレードランナー 2049』で鮮烈な印象を残したマッケンジー・デイヴィスが共演している。

あらすじ

もうじき3人目の子供が生まれるマーロは、大きなお腹を抱えながら、娘のサラと息子のジョナの世話や家事に追われる毎日を暮らしていた。息子のジョナは情緒が不安定で、マーロが校長に呼び出されることもしばしば。夫のドリューは優しいが、家のことは妻に任せきり。無事に女の子を出産したマーロだったが、もはや限界と心が折れてしまう。事業に成功して裕福な兄が、出産祝いにと手配してくれた夜間のベビーシッターを頼むことに。ところが22時半に現れたタリーは、年上のマーロにタメ口をきき、ファッションもメイクもイマドキの女の子。戸惑うマーロだったが、タリーの完璧な仕事振りによって、荒れ放題だった家はたちまち片付き、家族にも余裕が生まれていく。久しぶりに笑顔を取り戻したマーロはタリーに信頼を寄せ、二人は友情を育んでいくが…

かんそう

アトミック・ブロンド』で凄腕の女性諜報員としてサイボーグのような肉体美を披露していたシャーリーズ・セロン姉さんが、18キロも増量して産後の中年女性のたるんだ身体を創り上げ、子育てや家事に追われる日常を痛いほどリアルに怪演。と言っても、私は育児したことがないので想像の範疇だが、それでも気が滅入るほどリアルだった。もう、怪演としか言いようがない。夫のドリューは温厚で優しい男だけどワーカーホリックで家のことは妻に任せっぱなし、ときにデリカシーがないことを言ったりする。虚ろな瞳で、言い返す気力もないマーロ。そして出口のない海へと追い詰められていく。そこへタリーという若いナイトシッターがやってきて、マーロを絶望の海から救い出す物語だ。人に頼ることが出来ず、一人で頑張りすぎて憔悴していたマーロが、タリーの支えによって心身の余裕と、輝きを取り戻していく。マーロがタリーの存在に癒されているとき、ふと、観る者の心も癒されていることに気付く。シンディ・ローパーヴェルヴェット・アンダーグラウンドのナンバーが、ブルックリンへと走らせる車をタイムマシンに変え、不思議な浮遊感を味わう。そしてタリーがどこからやってきたのか判ったとき、散りばめられたパズルのピースが立体感を持って浮かび上がってくる演出と構成が、深い余韻を残すのだ。程良いさじ加減で余白を残し、それぞれがそれぞれの思いを抱けるようになっている。素敵な作品であった。ちなみに言い忘れそうだが、本件、ダサい邦題に物申す委員会の出動案件である。これはあかん。乳飲子抱えてる妻に、冷凍ピザか、ご馳走やな。って皮肉言う夫くらいあかん。
 

【映画】オーケストラ・クラス

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-56
オーケストラ・クラス』(2017年 フランス)

うんちく

フランスで2000人以上が体験し、マクロン仏大統領やメルケル独首相も現場に訪問するなど、大きな話題になった音楽教育プロジェクト「Démos(デモス)」。音楽に触れる機会の少ない子供たちに無料で楽器を贈呈し、プロの音楽家が音楽の技術と素晴しさを教えるこの情操教育プログラムに着想を得て描かれた人間ドラマ。挫折したバイオリニストが、初めて音楽に触れる子供達と演奏会を目指して交流するさまを活写する。『コーラス』など音楽映画の名作をプロデュースしてきたニコラ・モヴェルネが製作、これが長編2作目となるラシド・アミが監督を務めた。『マイ・ファミリー/遠い絆』などのカド・メラッド、『カミーユ、恋はふたたび』などのサミール・ゲスミらが出演している。

あらすじ

パリ19区。音楽教育プログラムの講師として小学校にやってきたバイオリニストのシモンは、楽器に触れたこともない6年生の生徒たちにバイオリンを指導することになる。音楽家として行き詰まりを感じているだけでなく、気難しく子供が苦手な彼は、やんちゃな子供たちに手を焼き自信喪失してしまう。しかし、クラスの中でひとり、バイオリンの才能と音楽への興味を持っているアーノルドとの出会いによって、シモンの心境に変化が起き始める。そして、アーノルドに影響された子供たちは次第に音楽の魅力に気付き始め、演奏することに夢中になっていくが...

かんそう

シモンが派遣された小学校がある19区について調べてみた。旅行者は特別な用事がない限り避けるべきだと書いてあった。中国系移民出身者と北アフリカ系移民出身者コミュニティ間の抗争があり、また不良集団のシマ争いも激しいそうだ。暴走族の動画を見たが、ハコ乗りするのは日本と一緒なのね。と、そのように治安の良くない地域の子どもたちである。やんちゃにも程がある、というくらい手に負えない悪ガキ揃いで思わずシモンに同情するのだが、ちょっとぽっちゃりアーノルドがかわいい。オーケストラ・クラスが気になって、窓の外に張り付いている様子に心を鷲掴みにされた・・・。もうちょっと丁寧に作り込んだほうが良かったのではと思うディティールやエピソードもあり、飛び石のような展開で駆け足感が否めない。そんなに上達するもんかいなとツッコミを入れたくなるアテレコにムムムとなったりもする。が、そもそも子どもが苦手で、個人的な問題を抱えているシモンが、それぞれの背景を持つ様々な人種の子どもたちと音楽を通じて交流するうちに、少しずつ自分を変化させ、心を解放していく。愛に溢れ、美しいパリの夕暮れが印象的に残る、素敵な映画であった。アーノルドに好意を寄せているらしいヤエルが素敵な女の子なんだけど、私も「君のことが好きだから」って軽やかに言える女の子に生まれたかった・・・。来世はそのように生まれてこよう・・・。

【映画】2重螺旋の恋人

f:id:sal0329:20180827003558p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-55
2重螺旋の恋人』(2017年 フランス)

うんちく

『危険なプロット』『17歳』などで知られ、フランスを代表する鬼才フランソワ・オゾンが、4年の構想期間を経て放つ心理サスペンス。双子の精神分析医のポールとルイという、2人の男性と禁断の関係に溺れていく女性が迎える、驚くべき結末をスリリングに描き出す。主演は『17歳』で鮮烈な印象を残したマリーヌ・ヴァクト。同じくオゾン監督作品『クリミナル・ラヴァーズ』『しあわせの雨傘』に出演したジェレミー・レニエが双子の精神分析医を演じる。ほか、ジャクリーン・ビセットらが共演。

あらすじ

原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールのカウンセリングを受けることによって痛みから解放される。やがて2人は恋に落ち、一緒に暮らし始めるが、そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男を見かける。彼はポールの双子の兄で精神分析医のルイだった。ポールからルイの存在を聞かされていなかったクロエは疑惑にかられ、真相を確かめるため偽名を使ってルイのクリニックに通い始る。診察を受けるうちに、優しいポールとは違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていくが...

かんそう

「『2重螺旋の恋人』は本質的には精神的な物語を描いていますが、演出は建築的な構成で、シンメトリー、 反映、幾何学的なものを作用させ、美術も脳が考えを作り上げるように、何かが作り上げられて行く印象を与えるようにしています。」オゾン監督かく語りき。原因不明の腹痛、双子の精神分析医、螺旋階段、鏡、どこか怪しげな隣人、猫のモチーフ、恋人の過去、クロエが勤める美術館のインスタレーションが彼女の不安定な心象を表したようにグロテスクに変化していくさま。幻想的で美しい映像、巧みな演出と構成。それらが絡み合い、極上のサスペンスを生み出していく。最後まで強く惹きつけられて目が離せない。妄想と現実の境目が分からないまま、散りばめられた謎が謎を呼び、すべてが曖昧なまま迷宮に置き去りにされてしまう。観る者を手玉に取りながら幻惑の袋小路に追い立てるべく、ほくそ笑みながら作ったんだろうなぁ。ああ、なんだか悔しい。まんまとフランソワおじさんの罠に嵌ってしまった。もう一度見直して、謎解きしたい。近年のオゾン作品の中でも卓越した傑作ではないだろうか。作家性と娯楽性を両立させる鬼才の手腕に酔い痴れた。そしてなんと言っても、オゾンの世界を体現してみせた主演のマリーヌ・ヴァクトが実に美しく、素晴らしかった。で、ジェレミー・レニエ扮するポールとルイ、メガネ男子フェチとしてはポール派。(どうでもいい