銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】バトル・オブ・ザ・セクシーズ

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-46
 

うんちく

1970年代、絶対王者として女子テニス界に君臨し、男性優位の不平等と闘い続けたビリー・ジーン・キングを描いたドラマ。アカデミー賞4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトンが監督を努め、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を受賞したダニー・ボイルサイモン・ボーフォイが再び手を組み、それぞれ製作と脚本を手掛ける。『ラ・ラ・ランド』などのエマ・ストーン、『フォックスキャッチャー』などのスティーヴ・カレル、『インデペンデンス・デイ』シリーズなどのビル・プルマンらが出演。
 

あらすじ

1973年、全米女子テニスチャンピオンのビリー・ジーン・キングは、女子選手の優勝賞金が男子選手の8分の1であることなど男性優位主義に抗議。男女平等を求めて仲間とともにテニス協会を脱退し、女子選手の地位向上を掲げた女子テニス協会を立ち上げる。著名なジャーナリストで友人のグラディス・ヘルドマンがスポンサーを見つけ出し、女子だけの選手権の開催が決まると自分たちでチケットを売り、宣伝活動に励んでいた。そんなビリー・ジーンに、かつての世界王者ボビー・リッグスが男性優位主義代表として挑戦状を叩きつけてくるが...
 

かんそう

リトル・ミス・サンシャイン』などのジョナサン・デイトンヴァレリー・ファリス夫妻が監督、ダニー・ボイルが製作と聞けば観に行くほかあるまい。『ラ・ラ・ランド』を評価せず、同作におけるエマ・ストーンの魅力が理解できない私であるが、しかしエマ・ストーンは作品を選べば非常に優れた俳優であるし、チャーミングな女性である。本作のエマ・ストーンは見事なハマり役で素晴らしかった。そんなエマが演じたビリー・ジーン・キングとは、圧倒的な強さを誇ったテニスプレイヤーで、タイム社による「20世紀における最も重要なアメリカ人100人」に名を連ねる人物である。ビリー・ジーン・キング・イニシアティブの創設者で、ワールド・チーム・テニスの共同創設者。長きにわたり、社会変革と平等を求めて戦っている。行政の援助が行き届かない人々への支援を生涯の使命とし、HIV感染者へのプログラムと財政的支援を、エルトン・ジョンエイズ基金と共に行っているそうだ。私生活では、恋愛結婚した理解ある夫ラリーがいたが、その後レズビアンであることを公表している。作中では、最初の女性の恋人であるマリリンにどうしようもなく惹かれ、揺れ動く様子をエマ・ストーンが繊細に演じているほか、対戦相手であるボビー・リッグスの複雑な背景も丁寧に描き出されており、作品に奥行きを出している。程よくユーモアを散りばめつつ所々に哀愁を漂わせる演出、1970年代の衣装や調度品に彩られた映像がスタイリッシュで素敵だ。全体を通してテンポの良い描写が続き、テニス対決シーンもあっさり描かれるのでそこを楽しみに観た人には期待はずれのようだが、ビリー・ジーンにとってボビーとの対決は、人生をかけた長い闘いの序章に過ぎないのである。それにしても、スティーヴ・カレルが実際のボビー・リッグスが生き写し。エンドロールで確認しよう。
 

【映画】告白小説、その結末

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-45
告白小説、その結末』(2017年 フランス,ベルギー,ポーランド)
 

うんちく

『反撥』『ローズマリーの赤ちゃん』『戦場のピアニスト』など、センセーショナルな作品で知られる巨匠ロマン・ポランスキーが、フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を映像化。スランプに陥った人気作家と熱狂的な読者という、ふたりの女性がたどる運命をスリリングに映し出す。出演は、ポランスキー監督作『毛皮のヴィーナス』でセザール賞主演女優賞にノミネートされたエマニュエル・セニエ、『007/カジノ・ロワイヤル』などのエヴァ・グリーン、『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』などのヴァンサン・ペレーズら。『夏時間の庭』のオリヴィエ・アサイヤス監督が、ポランスキーと共同脚本を務めた。
 

あらすじ

精神を病んで自殺した母親と暮らした日々を綴った私小説がベストセラーとなったものの、その後スランプに陥ってしまった作家デルフィーヌ。ある日、彼女の前に熱狂的なファンだと名乗る美しく聡明な女性エルが現れる。差出人不明の脅迫状に苦しめられていたデルフィーヌは、献身的に支えてくれる彼女に信頼を寄せていく。まもなく二人は共同生活を始めるが、時折ヒステリックに豹変するエルの不可解な言動にデルフィーヌが翻弄されるようになる。やがてエルの壮絶な身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女を題材に小説を執筆しようとするが…。
 

かんそう

ポランスキーホドロフスキーイーストウッドなど80代になっても精力的に作品を撮り続ける映画監督は多い。彼らの感性は瑞々しく、その作品は生命力に溢れ、観る者を圧倒する。おっさんが迫害される昨今だが、おっさんをおっさんたらしめているのは、他でもないおっさん自身の感性なので年齢を言い訳にしてはいけない。さて、御年84歳のロマン・ポランスキー先生の新作、どんな感想書いてもネタバレになるやんか…。もう何にも書けへんやんか…。とりあえず、単なるサスペンスという軸で評価するとまったく的外れになる。ポランスキーの作家性を語るにあたっては壮絶な彼の半生について知っておいたほうがいいが、あまりにも衝撃的なので詳細はGoogle先生に尋ねていただきたい。忌まわしい、その数奇な運命が彼にもたらしたもの。彼の目に世界がどう映っているのかなんて、まるで想像がつかない。ただ、ポランスキーの作品が倒錯的で妖しく不穏な空気をまとい、我々を魅了するのは仕方のないことだと思わずにいられないのだ。仕組まれたメタフィジカルな伏線は、観客の感情を逆撫でし、不安を煽る。これでもかと見せつけられる違和感から覚える苛立ちと歯がゆさに脳をかき乱される。そしてこの罠から一刻も早く抜け出したいと不快感に支配されながら迎えるエンドロールで、得体の知れないカタルシスを味わうとき、それがポランスキーの思惑通りだったと気付かされて呆然とするのだ。くやしい。もう一回最初から見直して答え合わせしたいが、もういやだ。そういえば作中にケンウッドの調理用ミキサーが登場して、おお、欧州では家電メーカーなのか!そうか!という発見をしたのであった。
 

【映画】ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-44
『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』(2018年 オーストラリア,アメリカ)
 

うんちく

『ジグソウ ソウ・レガシー』『プリデスティネーション』のマイケル&ピーター・スピエリッグ監督兄弟がオスカー女優ヘレン・ミレンを主演に迎え、カリフォルニア州に現存するウィンチェスター・ミステリー・ハウスにまつわる実話を脚色し映画化したホラー。ライフル銃で莫大な財産を築いたウィンチェスター一族の女性が、亡霊の呪いから逃れるため屋敷を増築し続けるさまを描く。『エベレスト 3D』などのジェイソン・クラークらが共演。
 

あらすじ

カリフォルニア州サンノゼに、ライフル銃の開発によって膨大な富を築いたウィンチェスター一族の未亡人であるサラ・ウィンチェスターによって建てられた屋敷があった。娘と夫を突然の病気で相次いで亡くしたサラは、著名な霊媒師の助言を信じ、ウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れるため、24時間365日、屋敷を増改築し続けていた。精神科医のエリックは、ウィンチェスター社の依頼を受けて彼女の精神鑑定のため屋敷を訪れ...
 

かんそう

子供の頃から本好きだが、とりわけ小学館なぜなに学習図鑑の「世界のふしぎ」的なオカルト本を震えながら読むような子だった。少なからず昭和のオカルトブームの洗礼を受け、ノストラダムスの大予言を真に受け1999年7月に死ぬと思っていた小学生の1人だ。あの世紀末(?)を乗り越えた我々にとって、残りの人生は謂わばおまけだ。その上ロストジェネレーション世代とか言われて享楽的で刹那的なのはそのせいだろう。閑話休題。当然、サラ・ウィンチェスターとその屋敷のことも子供の頃から知っていた。その実話を題材にした映画と聞き、オカルトマニアのホラー映画好きは喜び勇んで観に行った。音で怖がらせるだけがホラーじゃないし、そもそも怖くないし、PRで『死霊館』というタイトルを使うのやめてほしいし、この貧しい脚本は何なの・・・という哀しみを抱えて劇場をあとにした。ちなみにサラ・ウィンチェスターは亡き夫から莫大な財産とともに、会社の所有権を半分受け継いでいたため、1日につき1,000ドルの収入があったそうだ。現在の金額にしておよそ21,000ドル。そりゃ38年間365日24時間増改築できるわけだ。ロスジェネ世代には羨ましい話よ・・・。
 

【映画】死の谷間

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-43
 

うんちく

1976年にエドガー・アラン・ポー賞を受賞したアメリカの児童文学者ロバート・C・オブライエンの「死の影の谷間(原題:Z for Zachariah)」をイギリス人脚本家ニサール・モディが大胆に脚色し映画化。監督は『コンプライアンス 服従の心理』などで知られる気鋭のレイグ・ゾベル。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞候補になったマーゴット・ロビーを主演に迎え、『それでも夜は明ける』『オデッセイ』などの実力派俳優キウェテル・イジョフォー、『スタートレック』シリーズや『ワンダーウーマン』などのクリス・パインが共演。
 

あらすじ

地球規模の核汚染によって壊滅した世界に、死の灰を免れた奇跡の谷があった。たった1人の生存者であるアン・バーデンは、その緑豊かな谷で愛犬ファロとともに暮らしている。かつて家族と暮らした農場で、揺るぎない信仰心に支えられ長すぎる孤独の中を生きていた。そんなある日、安全な場所を求めて放浪していた科学者ジョンに遭遇する。人種も考え方も異なる2人だったが、共に生活していくうちに慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生えていく。しかし、もう1人の生存者である美しい若者ケイレブが現れたことから、その生活が一変し...

 

かんそう

地球規模の核汚染により壊滅した世界、という世紀末な設定ながら、舞台は緑豊かな谷と農場、その周辺という地味なもので、演者は3人のみ。派手な演出もドラマチックな展開もないし、SF的事件は何事も起きない。ゾンビもでてこない。死の灰に覆われた世界の片隅で紡がれる人間模様だ。たった1人生き残った孤独や寂しさから、ある日突然2人になった安堵感は未来への希望を暗示するが、もう1人が現れて3人になると均衡が崩れ、不穏な空気が流れ始める。アンを人として尊重しようとするジョンとのあいだには崇高な精神性に基づいた「アガペー」のようなものが存在したが、ケイレブが現れたことにより突如として「エロス」がその場を支配し始める。次第にそれぞれの本性が剥き出しにされ、そのうち誰ひとり本心を話さなくなる。宗教、人種、価値観の違い。そこに男女の嫉妬と欲望が交錯し、ヒリヒリとした緊張感が漂うなか、複雑に揺れ動く心情とエゴイズムを見事に描き出している。牧歌的でありながら、どこか終末観を匂わせる退廃的な映像も秀逸だ。“第2のアダムとイヴ”を演じきったマーゴット・ロビーキウェテル・イジョフォークリス・パインの演技も素晴らしい。しかし、しかしだよ。兎に角もクリス・パインが美しくてたまらんのだよ。その青い瞳があまりにも美しくてに吸い込まれそうになった。人を誘惑する悪魔が人の形になったら、クリス・パインになるんじゃないだろうか。色んな意味で心がざわつく作品であった・・・。
 

【映画】ガザの美容室

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-42
ガザの美容室』(2015年 パレスチナ,フランス,カタール)
 

うんちく

パレスチナ自治区、ガザで生まれ育った双子の監督タルザン&アラブ・ナサールによる初の長編作品。第68回カンヌ国際映画祭批評家週間に出品され話題を呼んだ。ガザの美容室を舞台に、戦争状態という日常を生きる女性たちをワンシチュエーションで描き、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった人々の恐怖を追体験するヒューマンドラマ。出演は『扉をたたく人』『ブレードランナー 2049』などのヒアム・アッバスら。
 

あらすじ

パレスチナ自治区、ガザ。ロシアからの移民、クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっていた。亭主の浮気が原因で離婚調停の主婦エフィティカール、戦争で負傷した夫に処方された薬で中毒になっているサフィア、結婚式を今夜に控えたサルマ、臨月の妊婦ファティマ、マフィアの一員アハマドとの恋愛関係に悩んでいるアシスタントのウィダト。女だけの憩いの空間でヒジャブを脱ぎ捨て、四方山話に興じている。しかし通りの向こうで銃声が響き、美容室は殺りくと破壊の炎の中に取り残され…。
 

かんそう

ガザのことをどのくらい知っているだろうか。イスラエル/パレスチナはアジア、ヨーロッパ、北アフリカを結ぶ重要な場所であり、ユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地であるエルサレムをめぐる争いには長い長い歴史があり、さまざまな国や民族、宗教に支配が移り変わってきた。そして現在のガザは、「自治区」とは名ばかりのイスラエルの占領地に180万人のパレスチナ人が収容されている。四方を海と壁、フェンスで囲われた“空の見える監獄”だ。世界で最も人口密度が高い地域の一つであり、世界で最も1平方メートルあたりの流血量が多いと言われている地域である。そんなガザ地区の美容室。その小さな空間で、個性豊かな女性たちが感情の赴くままに、たわいないおしゃべりをしているうちに諍いが起き始める。じっとりとむせかえるような、けだるい湿度が映像から伝わってくるのが実に鬱陶しい。不快極まりないこの空間で、我々は男たちの戦争によって閉じ込められている女性たちの苛立ちを体験させられているのだ。やれやれ、という気分になったが、そこに「人生」があるのを確かに見た。「ガザ地区の女性たちは、頭からつま先までベールで覆っていて、外の世界の価値観を知らないというようなお決まりの姿で描かれる。でも他の地域の女性と同じように、彼女たちは幸せを感じたり悲しんだり、日々の問題に向き合い、恋もするし、自分の意見も持っている。(中略)戦争中であっても、彼女たちは常に人生を選択している。 僕たちは“虐げられたパレスチナの女性”ではなく、人々の暮らしを、死ではなくて人生を描かなきゃならないんだ」と監督のタルザン&アラブ・ナサール兄弟が語っているように。
 

【映画】ワンダー 君は太陽

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-41
 

うんちく

世界各国で翻訳され、800万部を超える売り上げを記録したR・J・パラシオの児童小説「ワンダー」を、『ウォールフラワー』などのスティーヴン・チョボスキーが映画化。遺伝子の疾患で、人とは異なる容姿を持つ少年の成長を描く。『ルーム』などの天才子役ジェイコブ・トレンブレイが、第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされたスタッフによる特殊メイクで主演を務める。『エリン・ブロコビッチ』などのジュリア・ロバーツ、『ミッドナイト・イン・パリ』などのオーウェン・ウィルソンらが共演。
 

あらすじ

遺伝子の疾患で、人とは違う顔で生まれてきたオギー。幼い頃から27回もの手術を受け「少しマシ」になったが、宇宙飛行士のヘルメットでいつも顔を隠し、学校へは通わずずっと自宅学習を続けてきた。両親は10歳になった息子を外の世界へ送り出そうと決意し、5年生の初日から学校に通うことになる。クラスメイトと仲良くしたいと願うオギーだったが、いじめや裏切りなどの困難に遭い、幾度もくじけそうになってしまう。しかし、家族の愛情に支えられ、自分の弱さに負けずに学校に通い続ける彼の姿が、周囲を少しずつ変えていき...。
 

かんそう

遺伝子の突然変異によって、頬骨の欠如等の顎顔面形態の不調和が特徴的な症状として見られるトリーチャー・コリンズ症候群。日本では50000人に1人の割合で発症するそうだ。最近は当事者がメディア取材を受け話題になるなど、知っている人も増えているだろう。この疾患を抱えて生まれついた男の子の物語である。さあ泣きなさいと言わんばかりのエピソードが満載だが、お涙頂戴のあざとい演出が少ない、好感の持てる爽やかな映画の作り方で、心置き無く最初から最後まで泣きながら観た。オギーが可愛くていじらしくて微笑ましくて、泣くわ、こんなん。オギーの喜怒哀楽や心のひだをつぶさに描き、その小さな体で闘う姿に寄り添うように同調してしまい、がんばれと心の底から応援してしまう。そして、オギーを取り巻く登場人物のひとりひとりにスポットをあてる構成も良い。お姉ちゃんであるヴィアの物語がとても好きだった。弟を中心に回っている家庭でそれなりに葛藤を抱えているが、両親から“世界一手のかからない子”と言われ、いつしか自分の感情を抑え込むようになってしまう。本当はまだ自分が甘えたいのに、それでも、健気に弟を支えようとする姿に胸を打たれる。既視感のあるストーリーで展開も読めるけど、そんなことはどうでもいい。それ以上に、深い愛と大きなやさしさに溢れているこの作品のすべてが愛おしくなる。きっと現実はもっと過酷で、世界はもっと残酷だろう。でも、この作品でオギーに出会った人々が、”正しいこととやさしいことの間で迷ったら、やさしさを選ぶ”ようになれば、少しだけ明日が変わるかもしれない。
 

【映画】ALONE/アローン

f:id:sal0329:20180624205635p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-40

『ALONE/アローン』(2016年 アメリカ,スペイン,イタリア)
 

うんちく

『コードネームU.N.C.L.E.』や『君の名前で僕を呼んで』で世界的な人気を不動のものとしたアーミー・ハマーが、主演および製作総指揮に挑んだアクションスリラー。戦場の砂漠地帯で地雷を踏み、身動きが取れなくなった兵士の孤独な闘いを描く。脚本・監督は本作が長編デビューとなるクリエイターユニットのファビオ・レジナーロ&ファビオ・グアリョーネ。『アナベル 死霊館の人形』などのアナベル・ウォーリスらが共演。
 

あらすじ

テロリスト暗殺のミッションに失敗した米軍兵士のマイクは、相棒のトミーとともに砂漠地帯を退却中、3000万個以上の地雷が埋められた危険地帯に足を踏み入れてしまう。マイクの目の前でトミーが爆死した直後、彼自身も地雷を踏んでしまい身動きが取れなくなってしまう。通信手段を失い、水も食料もない状況で、救出部隊が到着するまでの52時間、昼は灼熱、夜は極寒という砂漠の過酷な自然環境に身も心も疲弊していく。心身が極限に達し、意識が混乱するなかで幼少期のトラウマに襲われ……
 

かんそう

アーミー・ハマーは身長195cmの美青年というばかりでなく、曽祖父は石油王という御曹司である。どんだけ前世で徳を積んだらそんな極上のシルバースプーンをくわえて生まれてくるのだよ。と、そんな戯言を言って時間稼ぎをしているが、映画がどうだったかという話もしなくてはなるまい。冒頭、アーミー・ハマーのおしゃべりな相棒が薄っぺらい台詞を並べ立てている様子を眺めているうちに、なんともシラけた冷ややかな気持ちになってしまった。そして時が経てば経つほど、思い返せば思い返すほど、1800円払って映画館で観なくてもよかった。アーミー・ハマーの無駄遣い(と言っても自分で製作総指揮してるから自業自得ではある)、無念である。広大な砂漠地帯で1人、地雷を踏んで身動きが取れないまま救出を待つ52時間、自分との闘い。極度の疲労で次第に幻覚を見るようになり、フラッシュバックする過去のトラウマに苦しめられ、夢想と現実との境界が曖昧になっていく。この設定とプロットは面白い。何なら面白くなるポテンシャルしかないはずなのに、凡庸で奥行きのない脚本、既視感たっぷりの使い古された手法による演出と構成、そしてまさかの展開が、観る人の心を「無」へと誘う脅威の作品。伝えようとしているメッセージが押し付けがましくて逆に分かってやるもんかという気分にさせるのってすごいなー(棒読み