銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】家に帰ろう

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’19-01
『家に帰ろう』(2017年 スペイン,アルゼンチン)
 

うんちく

ホロコーストを生き抜いたユダヤ人の老人が、友人との約束を果たすためアルゼンチンから故郷ポーランドへ旅する姿を追ったロードムービー長編映画の監督作はこれが2作目となるパブロ・ソラルスが、自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことに発想を得て、自ら脚本・監督を務め、完成させた。『タンゴ』などのミゲル・アンヘル・ソラ、『シチリア!シチリア!』などのアンヘラ・モリーナが出演。各国の映画祭で絶賛された。
 

あらすじ

アルゼンチンのブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、自分を老人介護施設に入れようとしている家族から逃れ、スペイン・フランスを経てポーランドへと向かうための旅に出る。その目的は、第2次大戦中のホロコーストから逃れたアブラハムを助け、匿ってくれた命の恩人である親友に会い、自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すことだったが...
 

かんそう

2019年最初の映画は、これまでに見たことのない切り口で語られるホロコースト。監督のパブロ・ソラルスが、自らのルーツと向かい合った作品である。彼は6歳のときに「ポーランド」という単語を初めて聞き、父方の祖父の家でその“悪い言葉”は禁じられていること、同時に自分がユダヤ人であることを知ることになる。一族の集まりのときに誰かがその言葉を口にした途端、その場に流れた緊迫した沈黙と、祖父が見せた憎しみの表情を思い出す度、怖れを抱きながら育ったそうだ。重く暗いテーマでありながら、ユーモアと皮肉を交えながら軽やかに描く。回想のシーンは最小限であり、戦争の凄惨さは間接的に描かれるが、ドイツはもちろん、祖国の名前である「ポーランド」を決して口に出せないほどの怒りと哀しみ、そして憎しみとは、想像を絶する痛みである。心身に深い傷を負った戦争経験者の命がある限り、その痛みは続く。戦争は終わっていないのだと思い知らされる。「聞いた話ではない、この目で見たことだ」というアブラハムの言葉は、あまりにも重い。ブエノスアイレスからマドリッドに飛び、マドリッドからパリ、そしてポーランドへ。70年前の忌まわしい記憶を背負ったアブラハムの心を溶かす、優しさに溢れた悲喜こもごもの鉄道の旅は、優れた脚本、印象深い俳優たちの演技、哀愁漂うイディッシュ音楽に彩られた素晴らしい作品であった。
 

【映画】2018年総ざらい

f:id:sal0329:20190105011310j:plain

劇場で映画を観ることが好きだ。
 
2018年も時間を作ってはひたすら映画館に通った。
素晴らしい映画にたくさん出逢った。
 
2018年に観た87本のなかから、
もう一回観たい映画まとめ。
 

Awesome ☆☆☆☆☆ 2018年TOP10

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆『アンダー・ザ・シルバーレイク』デビッド・ロバート・ミッチェル
 

Brilliant ☆☆☆☆

 
 
◆『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』アシュリング・ウォルシュ
 
 
◆『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』クレイグ・ギレスビー
 
  
 
 
◆『バグダッド・スキャンダル』ペール・フライ
 
 
◆『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』デヴィット・ロウリー
 
◆『パッドマン 5億人の女性を救った男』ガウリ・シンデー
 

Excellent ☆☆☆ 

 
 
 
◆『バーフバリ 王の凱旋』S・S・ラージャマウリ
 
 
 
◆『サバービコン 仮面を被った街』ジョージ・クルーニー
 
 
 
 
 
 
 

Great ☆☆

 
◆『キングスマン:ゴールデン・サークル』マシュー・ヴォーン
 
 
 
 
◆『死の谷間』レイグ・ゾベル
 
◆『ヒトラーを欺いた黄色い星』イェルク・ヴィトマ
 
 
 
 
 

さいごに。

 
TOP10に名を連ねている作品は
作家性の強いものが好き、という私の嗜好が最も反映されている。
 
映画慣れしていない人にはしんどいかもしれない。
 
だが、映画は総合芸術であり、”一つの経験”なのである。
ぜひ騙されたと思って経験していただきたい。
 
リストの一番上の作品を観て、騙された と思った人は
ぜひ、リストの一番下の作品を観てほしい。
  
 
 
一周回ってMARVELかよ!
 
 
 
と、地団駄を踏むことであろう・・・。
 
 
 
 
2019年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 

【映画】アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-87
『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』(2018年 アメリカ)
 

うんちく

25年目のキス』『そんな彼なら捨てちゃえば?』などを手がけてきた脚本家コンビのアビー・コーンとマーク・シルバースタインの初監督作品。容姿に自信がないぽっちゃり女子が自信を得たことで輝きを増していく姿を描いたコメディドラマ。『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』で脚本と主演を務め、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた人気コメディエンヌのエイミー・シューマーが主演。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などのミシェル・ウィリアムズ、『アメリカン・ハッスル』などのエイドリアン・マルティネス、モデルのナオミ・キャンベル、エミリー・ラタコウスキーのほか、大御所ローレン・ハットンらが共演している。
 

あらすじ

高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門に務めるレネー。ぽっちゃりした自分の容姿にコンプレックスがあり、美しい社員たちが務める華やかな本社に憧れながら、チャイナタウンの地下にあるオフィスでサエない毎日を過ごしていた。ある日、一念発起したレネーは自分を変えるためジムに通い始めるが、トレーニング中のハプニングで頭を強打し、気を失ってしまう。目覚めたとき、頭を打ったショックで自分が絶世の美女に変身したと思い込んだ彼女は、性格までポジティブに変わってしまい...
 

かんそう

隣の席で何の遠慮もなくバカ笑いする初老の女性に若干引きつつ、あれ私なんでこれ観ようと思ったんだっけ、と、そもそもな疑問が頭に浮かんできた。ああそうか、一年の終わりくらい、ただただ楽しい映画を観ようと思ったのであった。内容的には、『ブリジット・ジョーンズの日記』と『愛しのローズマリー』を足して2で割り、洗濯機につっこんで15分ほど脱水したような仕上がりである。ブリジット・ジョーンズなんかはやっぱり、なんだかんだ言ってよく出来てると思うのよ。配役も最高だし、脚本や演出も絶妙でお約束の大立ち回りも楽しいし、何よりおそらく、世界中の働く独身女子の内側にはそれぞれの小さなブリジットがいて、圧倒的な共感を集めるのだ。今でもときどきブリジットに会いたくなるもんねぇ・・・(なるんかい)。その点、本作は共感が少なかったかもしれない。設定にちょっと無理があるし、脚本もやや過剰で辟易する。が、観ているあいだは楽しめたし、誰かに愛されたければ、自分を愛することから始めるべきだという普遍的なメッセージが、自尊心を正しく持つことはとても大事だと教えてくれる。ミシェル・ウィリアムズやエイドリアン・マルティネス、ナオミ・キャンベルなど脇を固めるキャラクターもいい味出してた。そして草食系男子イーサンとの恋模様が微笑ましく、一年の映画生活を締め括るにふさわしいかどうかはともかく、レネーがイーサンを土俵際に追い込み上手投げを決めたパワーとノウハウを手に入れたいと思った映画納めであった。
 

【映画】シシリアン・ゴースト・ストーリー

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-86
シシリアン・ゴースト・ストーリー』(2017年 イタリア,フランス,スイス)
 

うんちく

1993年にシチリアで起きた誘拐事件をモチーフにしたラブストーリー。突然姿を消した同級生の行方を追う13歳の少女が、事件の真相に切り込んでいく様子を幻想的に描く。2017年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出され、イタリア・アカデミー賞脚色賞をはじめ、イタリアの主要映画賞を多数受賞。監督・脚本は、デビュー作『狼は暗闇の天使』が2013年カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリに輝いたファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァ。共にこれが映画デビュー作となるガエターノ・フェルナンデスとユリア・イェドリコフスカが主演を務める。
 

あらすじ

美しい自然に囲まれたシチリアの小さな村。同級生の少年ジュゼッペに思いを寄せている少女ルナは、想いを綴った手紙を渡そうと、乗馬の練習のために森へ向かう彼のあとを追う。二人の仲が深まろうとした矢先、ジョゼッペは突然、姿を消してしまう。ルナは謎だらけの失踪を受け入れられず、周囲の大人たちが口をつぐむなか、必死にジョゼッペの行方と事件の真相を追うが...
 

かんそう

イタリアといえばマフィア、『ゴッドファーザー』の国である。イタリア南部のシチリア島を起源とする組織犯罪集団で、いまや政財界と結びついて絶大な権力を持つと言われている。ちなみにバナナ・フィッシュに出てくるゴルツィネはコルシカ島を起源とするコルシカ・ユニオンなので厳密に言うとマフィアではない。さて、本作は1993年にシチリアで実際に起きた「ジュゼッペ事件」を題材にしている。マフィアの頭領ジョヴァンニ・ブルスカは、密告者サンティーノを口を封じるため、12歳になる息子ジョゼッペを誘拐し、25ヶ月間監禁。ジュゼッペは鎖と目隠しをつけられたままシチリア各地の監禁場所を転々とし、1996年1月11日の夜に絞殺され、その亡骸は硫酸に投げ込まれた。ネタバレやん!と思ったかもしれないが、実際のところ、この背景を知らずにこの作品を理解することは難しく、おそらく事件を知っている前提で作られている。シチリア人なら誰でも知っている事件なのだ。シチリア出身の監督二人は、この衝撃的な事件のことを忘れてほしくないという思いでこの作品を撮ったのだそうだ。シチリアには、マフィアに関して見て見ぬふりをする文化があり、誰もが口をつぐんでしまう。そんななか、勇気を振り絞って声を上げるルナの存在はフィクションとのことだが、この冷酷非道な事件に甘酸っぱい初恋の物語を付与することで、凄惨な最期を遂げたジョゼッペの魂を救済せんとする製作者の叫びのようなものが伝わってきて、切ない。ただなー、個人的な好みの問題なので、これからこの作品を観る予定の方はどうか気にしないでいただきたいのだが、やたら低音ボイスのルナがあんまり可愛くなかった。その点、不満である。って、おっさんか。
 

【映画】メアリーの総て

 
劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-85
『メアリーの総て』(2017年 イギリス,ルクセンブルク,アメリカ)
 

うんちく

ゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」誕生から200年、原作者メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を、エル・ファニング主演で映画化。監督は『少女は自転車にのって』が第86回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた、サウジアラビア初の女性映画監督ハイファ・アル=マンスール。『ゴッホ 最期の手紙』などのダグラス・ブース、『パイレーツ・ロック』などのトム・スターリッジ、『マイ・プレシャス・リスト』などのベル・パウリーらが共演している。
 

あらすじ

19世紀、イギリス。無神論者でアナキズムの先駆者である父親の教育、フェミニズムの先駆者である母親の存在から影響を受け、小説家を夢見ているメアリーは、”異端の天才詩人”と噂されるパーシー・シェリーと出会う。二人は互いの才能に強く惹かれ合うが、パーシーには妻子がいた。家族の反対を押し切り、情熱に身を任せて駆け落ちした二人だったが、メアリーは数々の悲劇に見舞われてしまう。失意のなか、夫と義妹とともに滞在していた詩人バイロン卿の別荘で、怪奇談を披露しあうことになり...
 

かんそう

パーシー・シェリー、パッと見は王子キャラなのに、二度見したら青ヒゲ濃い!バイロン卿もめっちゃキャラ濃い!と、そんなことばかりに気を取られがちだったが、ゴシック小説の古典的名作「フランケンシュタイン」が誕生した背景は実に興味深く、反骨心と知性を併せ持ち、数奇な運命に翻弄され続けたメアリー・シェリーを体現したエル・ファニングが見事だった。本作では、1816年夏のレマン湖畔、文学史に残る伝説の一夜「ディオダティ荘の怪奇談義」が再現されている。嵐の夜に暇を持て余して「怪談しようぜ!」っていうのが『フランケンシュタイン』『吸血鬼ドラキュラ』という歴史に残る二大怪物誕生のきっかけとなったのだから、「ディオダティ荘」とはすなわち「トキワ荘」である。ちなみに『吸血鬼ドラキュラ』の著者ジョン・ポリドリ医師を演じたのは、『ボヘミアン・ラプソディ』でロジャー・テイラーを演じたベン・ハーディ。なかなか報われない気の毒な役柄であったが、こっちは「あ、ロジャーじゃん!」って気が気でなくなるしな。って、そんなことはどうでもいい。「フランケンシュタイン」を書き上げたときメアリーが弱冠18歳だったということにも驚かされるが、家庭ではソリの合わない継母に抑圧され、才能はあるけど生活力のない妻子ある詩人と駆け落ちするも、自由恋愛を掲げてヨメの義妹にも手を出すクズ夫に翻弄されつつ借金まみれ、産まれてきたばかりの我が子を失い・・・と、ここまでが18歳なのである。そりゃ悲しみの淵からモンスター生まれるわ。エル・ファニングもまだ20歳であることに気付いて、ぼんやり生きててすみませんという気持ちになっている。
 

【映画】マイ・サンシャイン

 
劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-84
『マイ・サンシャイン』(2017年 フランス,ベルギー)
 

うんちく

デビュー作『裸足の季節』がアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督が、1992年のロサンゼルス暴動に巻き込まれていく家族を描いたドラマ。『チョコレート』でオスカーを獲得したハル・ベリーと、『007』シリーズのジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグが共演。アメリカ史に深い傷を残したロサンゼルス暴動を、普通の家族の視点から描く。
 

あらすじ

1992年、ロサンゼルス・サウスセントラル。事情があり家族と暮らせない子供たちを育てるミリーは、貧しいながらも愛情の溢れる幸せな家庭を築いている。隣人オビーは騒々しいミリーたちに文句をつけながらも、実は彼らを優しく見守っていた。そんななか、黒人が犠牲となった事件で不当な評決が下されたことから暴動が勃発。その影響で、ミリーたちの生活にも変化が訪れるが…。
 

かんそう

日本の配給会社はどうしてダメな邦題をつけるのか問題案件である。マイ・サンシャイン・・・どこをどう発想したら、この硬質な社会派ドラマが、こんな爽やかなタイトルに・・・配給会社はギルティ。タイトルが物語を正確に伝えてないので、ほのぼのファミリードラマを期待して観に行った観客からのレビューが散々でも仕方なし。原題の”KINGS”は、1992年のロドニー・キング事件、そしてアフリカ系アメリカ人公民権運動のシンボルであるキング牧師のことも指しているだろう。この作品は、15歳のアフリカ系アメリカ人の少女が食料品店の韓国系女店主によって殺害されたラターシャ・ハーリンズ射殺事件、26歳のアフリカ系アメリカ人青年が、スピード違反でLA市警から追跡された末、警官数人に殴打されたロドニー・キング事件の評決結果を発端として、サウスセントラルから発生したロサンゼルス暴動を舞台にしている。50名を超える死者、4,000人の逮捕者、3,600件の火災が発生、1,100の建物が破壊され、根深い人種問題、陪審制の是非など、暴動の背景にある多くの問題が浮き彫りとなった。この事件を背景に、ある一家が日常を積み重ねていくさま、その崩壊の顛末が描かれる。当時の様相がドキュメンタリーのように差し込まれ、その時代に生きる若い世代の思春期の葛藤とともに、虐げられてきた黒人の怒りと鬱憤が映し出される。その悪夢は今なお続き、キング牧師暗殺から50年、何も変わっていない。やりきれない思いに心が覆われるが、ミリーという女性の存在がほんの少しの救済を与えてくれる。監督がシナリオハンティングで訪れたサウスセントラルで何人もの子供たちをホストマザーとして育てている女性ミリーと出会ったことから、この物語が生まれたのだそうだ。ミリーを演じたハル・ベリーの、今年52歳とは思えない内面から溢れ出す美しさと、べらんめえ口調のダニエル・グレイグが楽しめる。ダニエル・グレイグが好きすぎて『007』を観るようになったクチであるが、ジェームズ・ボンドじゃないダニエル・グレイグにはあんまり興味がないことに気がついたりしたのであった・・・。
 

【映画】マダムのおかしな晩餐会

 
劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-83
『マダムのおかしな晩餐会』(2016年 フランス)
 

うんちく

身分を隠して晩餐会に出席したメイドが、客の紳士に一目ぼれされることから騒動が起こるラブコメディ。『リトル・ミス・サンシャイン』などのオスカー女優トニ・コレット、『レザボア・ドッグス』などの名優ハーベイ・カイテルペドロ・アルモドバル監督作品の常連ロッシ・デ・パルマ、ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』などのトム・ヒューズら、個性的なキャストが顔をそろえる。監督は新鋭アマンダ・ステール。
 

あらすじ

パリに引っ越してきた裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブの友人たちを招いて晩餐会を開こうとするが、急にやってきたボブの息子が加わり、招待客の数が不吉な13人になってしまう。アンは急きょスペイン人メイドのマリアを「ミステリアスなレディ」に仕立て上げ、晩餐会に同席させることに。緊張のあまりワインを飲みすぎたマリアは下品なジョークを連発するが、場違いなはずの彼女がなぜか英国紳士に気に入られてしまい...
 

かんそう

ブルジョワジーが移民を見下しているだけの、なんとも胸糞が悪くなる悪趣味な映画だった。振り返り、観るんじゃなかったと思っている。この作品で誰が喜ぶのか分からないし、日本にこの映画を持ち込んだ配給会社は何を考えているのだろうと怒りにも似た感情が湧いてくるが、ただ、これが現実なのだろう。監督は今そこにある世界のリアルを切り取ったに過ぎないのだ。これが虚飾と欺瞞に満ちたブルジョワジーへの壮大な皮肉だと考えると、なるほどと腹落ちする。これは、格差社会や人種差別の不条理を描いたブラックユーモアなのだ。全体を覆うコミカルな雰囲気とは程遠い、ブルジョワジーによる差別と偏見がこもった台詞の応酬は毒気にあてられてしまうが、そのアンバランスさがかえって彼らの不愉快な人間性を際立たせる。まともな人間は、本当の幸せや豊かさが何かを知っているメイドたちだけだ。おそらくは金目当てで年の離れたセレブと結婚し、パリの社交界で見栄を張りながら生きている物質主義のアメリカ女を嫌味たっぷりに演じきったトニ・コレットは、やっぱり素晴らしい俳優だということだ。だけどな、おいら、ロマンチックコメディという触れ込みを信じて、ひたすら楽しい気持ちになりたくて映画館に行っただよ。こりゃ全然ロマンチックコメディじゃないべ?配給会社はギルティ。あの日の私に謝りなさい。颯爽と歩き出すマリアの未来が、ハッピーエンドだったと信じたい。