或る映画凝屋の手記

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】人生はシネマティック!

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-68
人生はシネマティック!』(2016年 イギリス)
 

うんちく

第2次世界大戦中のイギリスを舞台に、映画製作に情熱を注ぐ人々の姿を描いたヒューマン・ドラマ。コピーライターの秘書が脚本家として活躍するさまを活写する。監督は『17歳の肖像』などのロネ・シェルフィ。『007/慰めの報酬』『アンコール!!』などのジェマ・アータ-トンが主演を務め、『あと1センチの恋』などのサム・クラフリン、『ラブ・アクチュアリー』などのビル・ナイほか、ジャック・ヒューストン、エディ・マーサンジェマ・アータートンジェイク・レイシーら、英国を代表する豪華なキャストが結集している。、
 

あらすじ

1940年、第二次世界大戦下のロンドン。カトリンはコピーライターの秘書として働いていたが、徴兵されたライターの代わりに書いた広告コピーが情報省映画局の特別顧問バックリーの目に留まる。イギリス政府は戦争に疲弊した国民を鼓舞するためのプロパガンダ映画を日夜製作しており、ダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子姉妹の感動秘話を映画化する脚本チームにカトリンも加わることに。新しい職に就いたカトリンは、スペイン戦争で足を負傷し、空襲監視員を務めながら画家の夢を諦めきれずにいる夫エリスを支えるため、なんとしても映画の仕事を成功させることを決意するが…
 

かんそう

折しも大ヒットとなったクリストファー・ノーラン監督『ダンケルク』の反対側が舞台である。戦時下、「ダンケルクの戦い」を題材にしたプロバガンダ映画製作に奔走した人々の姿を描く。当然政府や軍部からの横やりも入るし、いろんな思惑が絡まり合い、アメリカに気を使って脚色されていくあたり、とても面白い。ダンケルク救出劇の反対側ではこんな呑気な暮らしがあったのかと思わせつつ、戦争の暗い影は街を覆い、絶え間ない空襲を受け人々は死と隣り合わせの毎日を送っている。重厚でシリアスなテーマながら、極めてシンプルなストーリーでユーモアとロマンスを散りばめ描かれており、クスリと笑わされ、ううむと唸らされる。でも、もう少しロマンチックでも良かったなぁ。そして相変わらず、ビル・ナイが素敵なの。ビル・ナイおじさんが素敵だったからもう他はどうでもいいの。今年のクリスマスも『ラブ・アクチュアリー』観るからねー!・・・って、話が逸れたが、「人生の一時間半を捧げてもいい映画を作れ」という台詞がとても印象的で、映画館でのラストシーンは感極まる。良作。
 

【映画】ノクターナル・アニマルズ

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-67
ノクターナル・アニマルズ』(2016年 アメリカ)
 

うんちく

ファッションアイコンとして世界中の注目を集めるトム・フォードが、2009年『シングルマン』から7年振りに手掛けた監督第二作。オースティン・ライトの小説「ミステリ原稿」を大胆なアレンジで映画化したサスペンス。『メッセージ』などのエイミー・アダムスと『ナイトクローラー』などのジェイク・ギレンホールが主演を務め、『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』などのマイケル・シャノン、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』などのアーロン・テイラー=ジョンソンらが共演。エイミー演じるスーザンが着用する衣装のほとんどは映画のために製作されたオリジナルデザイン。ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ、アーロン・テイラー=ジョンソンがゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞、マイケル・シャノンアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
 

あらすじ

アートディーラーとして成功を収めているスーザン。夫ハットンと裕福な暮らしを送っていたが、夫婦関係はほころび、心に虚無感を抱えていた。そんなある日、彼女のもとに20年前に離婚した元夫のエドワードから、小説の原稿が送られてくる。「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」と名付けられ、彼女に捧げられたその小説は、暴力的で衝撃的な内容だった。スーザンは不穏なストーリーに不安を覚えながらも、精神的な弱さを軽蔑していたはずの元夫が秘めていた才能を読み取り、再会を望むようになるが…
 

かんそう

鮮烈なインパクトを残す、凄まじい映画。緻密に構図を計算されたのであろう、ひとつひとつのカットが息を呑むほどに端正で美しく、全く飽きることなくそれを眺めていることができる。時代の寵児トム・フォードの美学が細部にまで宿っている。この才能溢れる美しい男が創り出す、誰も観たことのない、狂気じみた愛と復讐の物語。虚構と現実と夢想が複雑に折り重なり、その解釈についてはさまざまな憶測を生むが、美の概念を覆すオープニングがきっと、そのどれもが正しくないことを示唆している。トム・フォードブルジョワの虚無に寄り添うようにしながら、その俗物性と浅ましさを炙り出す。この繊細で美しい悪夢のような物語の登場人物はなぜか、誰1人として美しくないのだ。それなのに心を鷲掴みにされ、その濃密な世界に飲み込まれてしまう。時折ふっと思い出しては、やるせなく甘美な気持ちになる。まごうことなき傑作。
 
「人生の中で私たちがなす選択がもたらす結果と、それを諦めて受け入れてしまうことへの、警告の物語です。すべてが、人間関係すらも、あまりに安易に捨てられる廃棄の文化にあって、この物語は、忠誠、献身、愛を語ります。私たちみなが感じる孤独、私たちを支えてくれる人間関係ををめぐる物語なのです。」──トム・フォード
 

【映画】IT/イット“それ”が見えたら、終わり。

f:id:sal0329:20171111191843p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-66
 

うんちく

スティーヴン・キング作品の中でも最も恐れられ、1990年にも映画化された小説「IT」を、ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めた『MAMA』で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティが映画化。平和な田舎町で相次ぎ発生した児童失踪事件と、人々を恐怖に陥れる正体不明の存在に立ち向かう子供たちの姿を描く。”It” は英語で鬼ごっこの鬼を意味する。『シンプル・シモン』『アトミック・ブロンド』などのビル・スカルスガルドが殺人ピエロ"ペニーワイズ"を演じるほか、『ヴィンセントが教えてくれたこと』などのジェイデン・リーバハーらが出演。
 

あらすじ

1989年夏のメイン州デリー。平和な田舎町で児童失踪事件が相次いでいた折、内気な少年ビルの弟も大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消してしまう。以来ビルは自分を責め、哀しみに暮れていた。そんなある日、突如姿を現した「それ=ピエロ姿のペニーワイズ」を目撃したビルは、その恐怖に取り憑かれてしまう。不良グループに目をつけられ、いじめの標的にされている”負け犬”グループの仲間たちも、それぞれペニーワイズに遭遇していた。その恐怖にまつわる秘密を共有することになったビルと仲間たちは、「それ」に立ち向かうことを決意するが…..。
 

かんそう

ホラー映画が一番好きというわけではないが、ホラー映画愛好家としては見逃せない1990年公開『IT』のリメイク。世界中を恐怖のどん底に陥れた殺人ピエロ再びということで、しかもペニーワイズ役はスカルスガルド家の美男ビル。メイクで一切素顔出てこないけど、左右の眼球が別々に動く眼力恐すぎるけど、ビル。どうでもいいけど邦題の「“それ”が見えたら、終わり。」要らなくない?さて、原作は言わずもがな安定のスティーヴン・キング師匠である。『キャリー』などの恐怖ものから『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』といった感動ものまで、抜群の高映画化率。からの、2017年版『IT』は全然恐くなかった(えっ)。しかし映画としては良く出来ている。ペニーワイズの恐怖より以前に、学校や家庭で理不尽な暴力と支配に虐げられている子供たちの成長譚。切ない『スタンド・バイ・ミー』にホラー要素をまぶしたような仕上がりで、気付けば『グーニーズ』を見ているような気持ちで子供たちを応援していた。白いブリーフ姿で断崖に並んでる姿とかかわいすぎるだろ、特にぽっちゃり君。ホラー映画としては描写に深みが足りないが、なかなか見応えのある作品であった。
 

【映画】ゲット・アウト

f:id:sal0329:20171105164358p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-65
『ゲット・アウト』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

パラノーマル・アクティビティ』シリーズや『ザ・ギフト』『ヴィジット』などを手掛けて来たジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ”キー&ピール”のジョーダン・ピールが初監督と脚本を務めたスリラー。主演は『Chatroom/チャットルーム』などのダニエル・カルーヤ、ドラマシリーズ「GIRLS/ガールズ」などのアリソン・ウィリアムズ。低予算ながら全米2781館で公開され、週末興行収入ランキング初登場一位となった。
 

あらすじ

ニューヨークに暮らしているアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末、恋人である白人女性ローズの実家に招かれる。不安と裏腹に過剰な歓迎を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚えるとともに、彼らの不審な行動に動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティーに出席するが、出席者はなぜか白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、黒人の若者を見つけたクリスは、古風な格好をした彼に思わずカメラを向ける。しかしフラッシュがたかれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら態度を豹変させ、「出て行け!」とクリスに詰め寄る。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが…..
 

かんそう

なるほど、そういうことか!って膝を打つスリラー(なんだそりゃ)。これはレイシズムを皮肉めいて風刺した、壮大なブラックジョークであり、喜劇のようでもある。伏線とも言える演出や、役者の芝居が絶妙で面白い。醸し出される違和感と薄気味の悪さに、じわじわと得体の知れない恐怖が湧き上がってくる。あんな風に闇に沈められたらたまらんなぁと、その生き地獄に戦慄を覚えるが、結末にもう一捻り出来たんじゃないかって少々物足りなさを感じた。と思ったら、エンディングは当初予定されていたものから、世相などを鑑みて急遽変更されたものだそうだ。予定取りのエンディングであれば、世界に強烈なインパクトを与えただろうし、作品の重厚感も変わってきただろう。ただ、このエンディングだからこそエンターテイメントとして楽しめたのだと思われる。どちらが良かったのかは、分からない。
 

【映画】ブレードランナー 2049

f:id:sal0329:20171105163255p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-64
ブレードランナー 2049』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

1982年、フィリップ・K・ディック著の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』をリドリー・スコットが映像化し、SF映画の金字塔となった『ブレードランナー』から35年の時を経て生み出された続編。今作では『灼熱の魂』『複製された男』『メッセージ』などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取り、リドリー・スコットは製作総指揮を務めた。前作で主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが同役で出演し、『ラースと、その彼女』『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴスリングと新旧のブレードランナーを熱演する。
 

あらすじ

人間と見分けのつかない「レプリカント」が労働力として製造されていた2019年、LA市警の元捜査官デッカードが女性レプリカントと共に忽然と姿を消した。その後、2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレスが遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、デッカードが消息を経ってから30年の月日が流れた2049年。さらに荒廃が進んだカリフォルニアで、最新型レプリカントの”K”はブレードランナーとして旧型レプリカントの「解任(殺害)」の職務に就いていた。
 

かんそう

レプリカント」という言葉を生み、シド・ミードの手によって”退廃した未来都市”のイメージを創造し、その後のSF映画に甚大なる影響を及ぼした、エポック・メイキングな傑作である。当時とそれ以降、好きな映画と聞かれたらとりあえず『ブレードランナー』って答えるサブカル男子がいっぱいいた。あれから30年。噂では、2049が公開されるやいなや、30年越しのサブカル男子が大挙して押し寄せ、男泣きに泣いていたらしい。要するに、おっさんホイホイである。うっかり主観を交えた感想なんて書こうものなら市中引き回しの刑にでも遭いそうな気がするので、時折ぞっとするほど美しい構図にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作家性を見た、とだけ書いておこう。『ブレードランナー』は、30年の時を超えてなお、『ブレードランナー』として素晴らしかった。んで、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品が大好きな(?)ばかうけが出てきた。今回は黒くて小さかった。
 

【映画】アトミック・ブロンド 

f:id:sal0329:20171028180256p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-63
アトミック・ブロンド』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

『モンスター』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したシャーリーズ・セロンを主演に迎え、アントニー・ジョンストン、サム・ハートが2012年に発表したグラフィックノベルを実写化。スタント・コーディネーターとして数多くのハリウッド大作に携わった実績を持ち、『ジョン・ウィック』の製作、共同監督を務めたことで脚光を浴びた注目の才能デヴィッド・リーチが監督を務めた。共演は『X-MEN』シリーズや『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイのほか、ジョン・グッドマンエディ・マーサンら実力派が脇を固める。

あらすじ

1989年、東西冷戦末期のベルリン。イギリス秘密情報部MI6の捜査官が殺され、最高機密情報が記載されたリストが奪われた。リストの奪還を命ぜられた凄腕の女性諜報員ロレーン・ブロートンは、遺体回収の名目でドイツに入国し、ベルリンに潜入中の諜報員デヴィット・パーシヴァルと合流する。しかし彼女を待ち構えていたのは、リストを狙いベルリンに集結した世界各国のスパイだった。そして彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ、”サッチェル”を見つけ出すというもう一つの任務があり…..
 

かんそう

いろんな意味でマッチョなシャーリーズ姉さんを堪能する映画である。彼女には有無を言わせない「人間として」の美しさがある。そんなシャーリーズ演じるロレーンが満身創痍の肉体美を見せつけ、顛末を報告させられるところから物語りが始まる。その時間軸を行き来する構成によって緩急がつき、中弛みすることなく楽しめる。アクション演出のスペシャリストとしてハリウッドの寵児だったデヴィッド・リーチ監督の手腕が発揮され、大立ち回りやカーアクションがやたらと派手なので暴力的な描写に面食らいつつも面白い。ロレーンがビルの階段を移動しながら複数の殺し屋との大乱闘を繰り広げる7分半の驚異的なワンカットは見事。ただ、おおそういうことなのねっていう結末を迎えるんだけど、そこに収束していく伏線があまり無いのでカタルシス感のようなものがあまり得られない。それで少々奥行きが足りないと感じてしまうが、1980年代東西ベルリンの世相やカルチャーが垣間見れるだけでなく、世界が変わった瞬間、あの大きなうねりを体感できる。そして、David BowieGeorge Michaelといった80年代を彩ったサウンド、スタイリッシュなファッションが痺れるほど素敵なのだ。それにしてもジェームズ・マカヴォイがね、いいよねぇ・・・
 

【映画】女神の見えざる手

f:id:sal0329:20171028175445p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-62
女神の見えざる手』(2016年 フランス,アメリカ)

うんちく

戦略を駆使して政治家の心や世論を動かし、マスコミを操作し、世界を変える決断に深く関与するプロフェッショナル集団「ロビイスト」を描いた社会派サスペンス。監督は『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデン。『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインが主演を務め、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた。『キングスマン』のマーク・ストロング、『インターステラ―』のジョン・リスゴーらが共演。なお本作の脚本は、イギリスの弁護士だったジョナサン・ペレラの処女作。初めて描いた脚本が映画化されるという、ハリウッドでは前代未聞のサクセス・ストーリーが背景にある。

あらすじ

ワシントンD.C.にある最大手ロビー会社コール=クラヴィッツ&Wの敏腕ロビイストとして活躍しているエリザベス・スローン。勝つためには手段を選ばず、一切の妥協を許さない仕事ぶりはクライアントから高く評価され、政府やメディアからも一目置かれる存在である。ある日彼女は、銃規制法案を廃案に持ち込みたい銃擁護派団体から依頼を受けるが、自分の主義に合わないと一蹴し、銃規制法案の成立に尽力する小さなロビー会社に移籍。大胆な戦略によって形勢を有利に変えていくが、巨大な権力をもつ銃擁護派団体や、いまや敵となった前職の圧力により、彼女の過去のスキャンダルが暴かれてしまう。さらに思いも寄らぬ事件が起こり、事態は予測できない方向へと転がり始め…..

かんそう

面白い。唸るほど面白い。幾重にも仕掛けられた罠が、緻密な脚本と構成によって描かれ、スリリングな展開に一瞬たりとも気が抜けない。最高潮に達した緊張感で迎える怒涛のクライマックスは、全身の毛穴が開くほどの爽快感。張り巡らされた伏線もきっちり回収してくれて、その演出も見事である。頭脳明晰、目的のためなら手段を選ばず、使えるものは何でも使う。サイコパス気質を匂わせながら、たまに人間臭い一面を覗かせるスローン女史のパーソナリティと、その成り立ちにも興味をそそられるのだが、多くは語られない。何が彼女を駆り立てるのか、彼女自身の真実がどこにあるのか、最後までハッキリと明かされない。ミステリーのようだ。プライベートな時間は皆無で、家庭も持たず、薬を多用しながら睡眠時間すらコントロールして1日に16時間仕事しているスローン女史。プロフェッショナルに徹することの凄みを見せつけられるとともに、そうかやっぱり、世の中を動かすにはそのくらい仕事しないとダメなのかと真面目に受け止めてしまうワーカーホリック予備群であった。年収100万ドル(予測)のスローン女史を際立たせるファッションやメイクも魅力的。