銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】レッド・スパロー

f:id:sal0329:20180423215531p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-27
レッド・スパロー』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

33年間、CIAエージェントとして活動したジェイソン・マシューズのベストセラー小説をもとに、将来を断たれたバレリーナが女スパイとなり暗躍するさまを描いたスパイサスペンス。『ウィンターズ・ボーン』『アメリカン・ハッスル』でアカデミー賞にノミネートされ、『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスが主演、『ハンガー・ゲーム』シリーズ3作でジェニファー・ローレンスと組んだフランシス・ローレンスが監督を務める。『ラビング 愛という名前のふたり』などのジョエル・エドガートン、『君と歩く世界』などのマティアス・スーナールツのほか、ジェレミー・アイアンズシャーロット・ランプリングら実力派が共演する。
 

あらすじ

舞台上でのトラブルによって大怪我を負い、バレリーナとしての道を断たれ、ボリショイ・バレエ団での地位を失ったドミニカ・エゴロワ。病気の母親の治療費を工面するため、ロシア情報庁の幹部である叔父のワーニャの指示により、ロシア政府直属のスパイ養成機関に送られる。美貌を活かして標的を誘惑し、心理操作で情報を入手する「スパロー」として育てられた彼女は、瞬く間にその才能を発揮。ロシア情報庁の上層部に潜む、アメリカとの内通者を探る任務を任され、その鍵を握るCIA捜査官ネイト・ナッシュに近付くが...
 

かんそう

ロシアこわいよー。ワーニャおじさんを演じた俳優がプーチン似だよー。ハニートラップを仕掛けるロシアの美しき女スパイと言うと、アンナ・チャップマンを思い出す人も多いだろう。裏切った女スパイは殺されてバラバラにされるらしいが、FBIのおとり操作にあっさり身元が割れた三流スパイのチャップマンさんは、アメリカ国外追放処分を受けただけで、国に戻ったら英雄扱いだったそうだ。闇が深い。しかし、ジェニファー・ローレンス演じるドミニカは一流なので米露両国を手玉に取る。何を考えているのかさっぱり分からないミステリアスなジェニファー・ローレンスの美しさが正しく活用されており、観客すら手玉に取る。初披露されたフルヌードはその迫力によって男を萎えさせるという前代未聞の展開で、非常によい。拷問シーンはなかなかグロいので閲覧注意だが、アクションは少なめ。騙し合い、そして駆け引き、絶え間ない心理戦がスリリングで、次々と予想を裏切っていく先が読めない展開とテンポの良さで中弛みすることなく、長丁場も苦にならない。世間的には賛否両論のようだが、ジェニファー・ローレンス目当てのおじさんとしてはジェニファー・ローレンスを堪能できて楽しめたのであった。
 

【映画】さよなら、僕のマンハッタン

f:id:sal0329:20180422214319p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-26
さよなら、僕のマンハッタン』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

(500)日のサマー』でデビューし、ハリウッド大作『アメイジングスパイダーマン』シリーズを経て、前作『gifted/ギフテッド』で家族の絆を描いたマーク・ウェブ監督が描く青春ドラマ。セントラル・パーク、ブルックリン美術館、パティ・スミスも働いた古書店などNYの名所の数々を舞台に、サイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy In New York」にのせて、悩める青年トーマスの成長が描かれる。主演は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の出演が決定している新鋭カラム・ターナー。『007』シリーズなどのピアース・ブロスナン、『キングスマン:ゴールデン・サークル』などのジェフ・ブリッジス、『アンダーワールド』シリーズなどのケイト・ベッキンセイルらが共演している。
 

あらすじ

大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドにある親元を離れ、ロウワー・イーストサイドで一人暮らしを始めたトーマス。W.F.ジェラルドと名乗る風変わりな隣人と出会い、彼からさまざまなアドバイスを受けるようになる。ある日、思いを寄せる女友達のミミとナイトクラブに出掛けたトーマスは、父イーサンと愛人ジョハンナの密会現場に出くわしてしまう。父とジョハンナを引き離そうと躍起になるトーマスだったが、そうこうするうちに彼女の魅了されてしまい……
 

かんそう

ブラックリスト(映画化が実現していない優秀脚本リスト)”に選ばれ、『(500)日のサマー』より以前に脚本に惚れ込んだマーク・ウェブ監督が、10年以上映画化を熱望してきたんだそうだ。ほうほう、そりゃ面白いだろうと喜び勇んで観に行ったんだが、でもなんだかなー。ニューヨークの街並みや空気感を捉えた映像や音楽は素晴らしかったが、そりゃないぜっていうありえない展開にズッコケる起承転結。まだ大人でもない、だからと言って子供でもない、何者にもなっていない青年が、青春の息苦しさから脱却していく「大人への通過儀礼」を描くには、ちょっと拵えが過ぎている。すべてに作為的なものを感じて、名優たちの演技ですら妙に鼻につく。脚本がよくないのだろうか(元も子もない)。大きな声では言えないが、苦手なウディ・アレンと同じ匂いがしてアレルギーが出る。そしてマーク・ウェブ監督、制作を重ねるにつれ演出や構成が凡庸になってきてない?スパイダーマンで挫折したからだろうか。どうでもいいけどマンハッタンのアッパー・ウエストサイドに生まれ育った主人公トーマスがなんであんなに野暮ったいのよ。『(500)日のサマー』は素敵な映画だった。本当に素敵な映画だった・・・・・・
 

【映画】ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

f:id:sal0329:20180414233824p:plain

 劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-25

 

うんちく

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が描く社会派ドラマ。不都合な真実をひた隠す政府との闘いに命懸けで挑んだジャーナリストたちの姿を描く。ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムの自伝「グラハムの回顧録「Personal History(邦題:「わが人生」)」から着想を得て書かれたリズ・ハンナの脚本をもとに、『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーの製作総指揮によって映画化が実現した。アカデミー賞を3度受賞し、史上最多となる20回のノミネーションを獲得している大女優メリル・ストリープと、アカデミー賞主演男優賞を2年連続で受賞した2人の俳優の1人トム・ハンクスが共演。第90回アカデミー賞で作品賞と主演女優賞にノミネートされた。
 

あらすじ

リチャード・ニクソン大統領政権下の1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内では反戦の気運が高まっていた。そんななか、国防総省が作成したベトナム戦争を調査・分析した機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”が流出し、ニューヨーク・タイムズがその存在をスクープする。ライバル紙であるワシントン・ポストの社主でアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走するが、ニクソン政権は両紙その他の新聞を告訴して記事の差し止めを要求。キャサリンとブラッドリーは、政府を敵に回すことになっても真実を伝えるべきなのか、社運と記者生命、報道の自由を懸けた決断を迫られ…
 

かんそう

まどろみつつ映画館に向かった午後。つかず離れずの距離で睡魔が隣にいるのを感じつつ、物語が佳境に・・・!というところで気絶してしまい、はっと目が覚めしたらメリル・ストリープが決断してた。なので実は、どういう経緯で決断したのか分からないのであるが(オイ)、しかし、しかしだよ。さすがスピルバーグ先生である。クライマックスで泣かされた(えっ)。まぁ言わせていただくと、強く引き込まれる作品はどんなに眠くてもアドレナリンが放出されて眠気が吹っ飛ぶものなので、ある意味では凡庸だったのだろうと。泣かせどころの演出もシーンに合わせて流れる音楽も既視感たっぷりのスピルバーグ節だったしね。などと思うクオリティなのも当然なことには、昨年トランプが大統領に就任した直後、スピルバーグ監督が次作の撮影スケジュールを急遽変更してまで早期の製作と公開にこだわったそうだ。しかし観るべき作品である。”ペンタゴン・ペーパーズ”によると、歴代大統領はベトナム戦争におけるアメリカの軍事行動について何度も国民に虚偽の報告をし、政府が平和的解決を追求していると発表する裏で、軍とCIAは極秘に軍事行動を拡大していた。圧力に屈せずその欺瞞を暴いた報道者たちの闘いを、我々は目撃するべきだろう。アメリカは1975年にベトナム戦争から撤退したが、最終的に58,220人のアメリカ兵が死亡し、100万人以上の命が犠牲となったそうだ。このレビューをまとめている間に、米英仏によるシリア・アサド政権軍への攻撃が始まった。繰り返される暴力は、哀しみの連鎖を生む。1日も早い、本当の”平和的解決”を望む。
 

【映画】ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

f:id:sal0329:20180408223148p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-24
 

うんちく

チャーチル没後に公開された戦時内閣の閣議記録によって明らかとなった実話を基に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間を描いた歴史ドラマ。『プライドと偏見』『つぐない』のジョー・ライトが監督を務め、『博士と彼女のセオリー』のアンソニー・マクカーテンが脚本を担当。名優ゲイリー・オールドマンチャーチルを演じたほか、『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス、『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』のリリー・ジェームズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のベン・メンデルソーンらが出演。アカデミー賞に2度ノミネートされながらも、2012年に現代美術家に転向していた辻一弘が、ゲイリー・オールドマン直々のオファーにより数年ぶりに特殊メーキャップアーティストとして参加。第90回アカデミー賞で主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞に輝いた。
 

あらすじ

1940年5月、第二次世界大戦初期。ヒトラー率いるナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、内閣不信任決議が出されたチェンバレン首相の後任として、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルにヨーロッパの運命が委ねられた。国民からの人気は高いが、たび重なる失策から“政界一の嫌われ者”であったウィンストン・チャーチルは、ヒトラーとの和平交渉をすすめる政敵たちに追い詰められながらも、「決して屈しない」と徹底抗戦を誓う。ヨーロッパのみならず世界の命運を握ることになったチャーチルは、「ダイナモ作戦」を決断するが…
 

かんそう

原題の「DARKEST HOUR」はイギリスの諺「夜明け前が最も暗い(The darkest hour is just before the dawn)」からであろう。舞台はナチス・ドイツの台頭がヨーロッパに暗い影を落としていた第二次世界大戦初期、クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』の裏側とも言える物語だ。「チャーチルの”勝利”は大英帝国の崩壊と米ソの世界支配をもたらした」と言われながらも「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」に、スティーブ・ジョブズガンジーを抑えて選ばれた伝説の政治家チャーチルの27日間を濃密に描く。兎にも角にもゲイリー・オールドマンが素晴らしかった。姿形、声、話し方に加え、まとう空気までもチャーチルになりきった彼を、”チャーチル”に仕上げた辻一弘の仕事も見事である。チャーチルの愛すべき人間性が秘書の存在を介して描かれるのだが、気が短く怒鳴り散らしているかと思えば、愛妻クレメンティーンの前ではまるで子供のよう。言葉の魔術師と呼ばれ、朝から晩まで酒を飲み、常に葉巻を噛み、猫背で早歩き。悪に屈しない姿勢を貫き、民衆の声に耳を傾け、言葉の力で人々に勇気と希望を与え、奮い立たせ、苦境にあったイギリスを勝利に導いたリーダーシップ。そんなチャーチルの魅力をあますところなく描き、示唆に富んだ印象的なショットが続く映像も素晴らしい記憶に残る秀作。
 
なお、積ん読に囲まれながらチャーチルについて調べていたところ、文筆家で読書家だったチャーチルが遺した言葉を見つけて、とても耳が痛いのであった...。
「本を全部読むことができぬなら、どこでもいいから目にとまったところだけでも読め。また本は本棚に戻し、どこに入れたか覚えておけ。本の内容を知らずとも、その場所だけは覚えておくよう心掛けろ」
 

【映画】BPM ビート・パー・ミニット

 f:id:sal0329:20180401113535p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-23
BPM ビート・パー・ミニット』(2017年 フランス)
 

うんちく

パリ20区、僕たちのクラス』の脚本家ロバン・カンピヨが監督を務め、1990年代初頭のパリを舞台にHIV/エイズ感染者への差別や不当な扱いに抗議する活動家たちの姿を追ったヒューマンドラマ。当時実際に「ACT UP-Peris」のメンバーとして活動に身を投じたカンピヨ監督の実体験に基づき、脚本家のフィリップ・マンジョとともにストーリーを構築した。ほぼ9ヶ月を掛けたオーディションを経て選ばれた『グランド・セントラル』のナウエル・ペレース・ビスカヤート、『ブルーム・オブ・イエスタディ』のアデル・エネルらが出演。第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞している。
 

あらすじ

1990年代初頭のパリ。HIV/エイズが発見されてからほぼ10年が経っていたが、エイズの治療はまだ発展途上で誤った知識や無知による偏見や差別が横行し、政府や製薬会社も見て見ぬ振りを続け、感染者たちは不当な扱いを受けていた。活動団体「Act Up-Paris」のメンバーはHIV/エイズ感染者の権利を守るためさまざまな抗議活動を行っているが、仲間たちが次々と命を落としていく事態に業を煮やした彼らは、より過激な手段を選ぶようになっていく。そんななか、グループの中心的な存在であるショーンは、HIV陰性ながら新たにメンバーに加わったナタンと恋に落ちる。しかしHIV感染者であるショーンに、エイズの症状が表れはじめ……
 

かんそう

1980年代、世界で最初のエイズ患者が見つかると、「死の病」として人類を恐怖に陥れた。いたずらに恐怖を煽るメディアが誤った情報を流布し、各国でエイズパニックが起きた。日本では「薬害エイズ事件」が起き、血液凝固因子製剤の使用によってHIVに感染した血友病患者たちが製薬会社の闇と闘っていた。それと時を同じくして、ニューヨークで立ち上がったエイズ活動家団体「ACT UP」の活動をパリで展開した若者たちの姿だ。長くて重い、ドキュメンタリーを観ているようだった。何もかもが生々しく、リアルに描かれる。無知による差別と偏見、無関心という暴力、出口のない議論、抗い、闘い、踊り、生きること、愛を交わすこと、死ぬこと、それらを受け入れること。生き急がざるを得ないショーンと、彼に寄り添い続けたナタンが駆け抜けた時間から、美しい瞬間を切り取って見せつけるカンピヨ監督の仕事が素晴らしい。原題の「120 battements par minute(120拍/1分)」は心拍数。同じテンポのハウスミュージックのビートで「君に生きてほしい」という強いメッセージが語られる。少し冗長気味に感じる序盤の退屈がいつしか静かな感動となり、彼らがエモーショナルにむきだしの「限りある生」を全うしようとするエネルギーが大きなうねりとなって胸に押し寄せてきて泣けた。「沈黙は死」であることを告げる無音のエンドロールが更なる余韻を残す。良作。
 

【映画】ハッピーエンド

f:id:sal0329:20180326000712p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-22
『ハッピーエンド』(2017年 フランス,ドイツ,オーストリア)

うんちく

白いリボン』『愛、アムール』で二度にわたってカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝き、『愛、アムール』ではアカデミー賞外国語映画賞を受賞した名匠ミヒャエル・ハネケの監督作品。老境の夫婦の愛と死を描いた『愛、アムール』の続きとも取れる、あるブルジョア一家にまつわる物語が紡がれる。前作に続き、名優ジャン=ルイ・トランティニャンとハネケ作品常連のイザベル・ユペールが父と娘を演じる。『アメリ』『ミュンヘン』などのマチュー・カソヴィッツ、『裏切りのサーカス』、『アトミック・ブロンド』などのトビー・ジョーンズら、ヨーロッパを代表する実力派俳優が共演。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。
 

あらすじ

フランス北部の町カレーで、瀟洒な邸宅に暮らしているブルジョワジーのロラン一家。建築会社を経営しているが、家長のジョルジュは高齢ですでに引退している。娘アンヌが家業を継ぎ辣腕を振るい、息子ピエールが専務を務めるも、彼はビジネスマンに徹しきれない。アンヌの弟トマは家業を継がず医者となり、再婚した若い妻アナイスと幼い息子ポールがいる。そして屋敷には、住み込みで一家に仕えるモロッコ人家族が暮らしている。そんなある日、トマと前妻のあいだに生まれた娘エヴが、屋敷に引き取られることになり...
 

かんそう

前作『愛、アムール』の続編のようでいて、全く異質なこの物語について「この家族の、いま世界で起きていることに対する無関心。彼らは自分たちの小さな問題にばかり捕われていて、社会の現実が見えていない。それを表現したかったのです。」とハネケ監督が語っている。目の前にいる人と心を交わすことはしないのに、遠くにいる誰かには本心をぶちまける。一つ屋根の下に暮らしていてもお互いの本質的なことには無関心で、人々はその孤独を埋めるように、死の影やSNSの闇に飲み込まれていく。人とのダイレクトなコンタクトを失った自閉的な社会を、定点カメラやスマートフォンの画面を通して他人事のように描く。そして終始、切り取られたような、曖昧な描写が繰り返される。私たちはその前後の物語を想像するしかない。観るものが能動的にならざるを得ないという点で、非常に挑発的な作品だ。「“不快”な映画を作るときだ」とハネケ本人が宣言している通りだろう。ただ、人間の愚かさや醜さを克明に描いていても、やはり、ハネケの映画は絶望的に美しいのだ。淡々とした語り口でありながら、エモーショナルで激しく心を揺さぶられる。万人におすすめするような作品ではないが、ハネケらしい秀作であったと思う。
 

【映画】ラッキー

f:id:sal0329:20180325222920p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-21
『ラッキー』(2017年 アメリカ)

うんちく

アルフレッド・ヒッチコック監督の『間違えられた男』でデビュー、ヴィム・ヴェンダース監督『パリ、テキサス』で主人公トラヴィスを演じたハリー・ディーン・スタントン自身になぞらえて描かれた人間ドラマ。90歳の少々偏屈な現実主義の”ラッキー”が、人生の終わりについて思いを巡らせる姿を映し出す。コーエン兄弟の『ファーゴ』やフィンチャーの『ゾディアック』、イーストウッドの『グラン・トリノ』などで活躍してきた名脇役ジョン・キャロル・リンチの初監督作品。ハリーの友人である映画監督のデヴィッド・リンチが主人公の友人役で出演している。ハリー・ディーン・スタントンは2017年9月に91歳で逝去し、これが最後の主演作品となった。

あらすじ

神など信じずに生きてきた90歳のラッキー。ひとりで暮らす部屋で目を覚まし、コーヒーを飲んでタバコをふかす。ヨガを5ポーズ、21回こなしたあと、テンガロンハットをかぶり、行きつけのダイナーに向かう。店主のジョーと冗談を交わし、ウェイストレスのロレッタが注いでくれたコーヒーを飲みながら新聞のクロスワードパズルを解く。帰り道、とある場所で決まって「クソ女め」とつぶやくことも忘れない。そして馴染みのバーでブラッディメアリーを飲みながら常連客と会話する。そんな毎日を繰り返していたある朝、突然気を失い倒れてしまう。人生の終わりが近づいていることを思い知らされたラッキーは、初めて「死」と向き合うが...

かんそう

素晴らしい映画に出会ってしまった。ハリー・ディーン・スタントンがトラヴィス・ヘンダーソン役を演じた1984年の『パリ、テキサス』にオマージュを捧げつつ、ハリーに当て書きをした脚本で本人の体験に基づくエピソードが描かれる。ハリーの盟友デビッド・リンチ監督の存在も作品に奥行きを出している。90歳になるハリーの顔に深く刻まれた皺、静かな眼差し、呼吸。それを眺めているだけで、彼がどんな人生を送ってきたのか、どんな世界を見つめてきたのか、わかるような気がするのだ。偏屈で口が悪いのに、街の住人たちが彼を親身に愛していることが伝わってくる。子どもの頃に怖かった暗闇、去っていったペットの100歳の亀、戦禍の中で微笑んだ日本人少女。積み重ねられる会話、シーンのひとつひとつが味わい深く、何一つ見逃さないように見入ってしまった。死とはなにか、人生とはなにか、という哲学的な禅問答は、やがて「空(くう)」「無」そして「微笑み」の境地へと辿り着く。実際、ハリー本人も「ゼン・カウボーイ」と形容され、仏教的な価値観を支持する人物としても知られたそうだ。拈華微笑。そんな禅の言葉を思い出すような、ハリーの穏やかな微笑みに心を洗われた。

広告を非表示にする