銀幕の愉楽

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】レディ・バード

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-39
 

うんちく

『フランシス・ハ』『20センチュリー・ウーマン』でも各映画賞に多数ノミネートされ、個性派女優として多彩な才能を発揮するグレタ・ガーウィグが、自伝的要素を取り入れながら監督・脚本を手掛けた青春ドラマ。全米4館から全米1,557館まで拡大公開され、5週連続トップ10入りのスマッシュ・ヒットとなった。『つぐない』『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが主演を務め、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズ、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメらが脇を固める。ゴールデン・グローブ賞で作品賞および主演女優賞を受賞し、アカデミー賞でも作品賞ほか6部門にノミネートされた。
 

あらすじ

2002年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感漂う片田舎のカトリック系高校に通うクリスティンは、自らを“レディ・バード”と名乗り、ニューヨークへの大学進学を夢見ている。しかし看護師の母マリオンは、家庭の経済的事情からも地元の大学で充分だと聞く耳を持たない。母と衝突を繰り返す一方、親友のジュリーと一緒に学校で行われる演劇のオーディションを受け、そこで知り合ったダニーと恋に落ちるが...
 

かんそう

アメリカにもスクールカーストは存在し、ここ数年はその底辺にいる”はみだし者”にスポットをあてた青春ドラマが増えている。個人的には『スウィート17モンスター』のほうが好みだったが、これはどうやら監督のグレタ・ガーウィグが脚本主演を務めた『フランシス・ハ』の前日譚のようだ。私は『フランシス・ハ』を観ていない。うむ。さて気を取り直し、舞台となったサクラメントについて調べてみた。スイス人移民のジョン・サッターの手によって発展を遂げ、1849年のゴールドラッシュ以降アメリカを代表する都市になったとのことだが、実際のところ州都でありながらロサンゼルスやサンフランシスコに比べてかなり地味であり、田んぼが広がる田舎、暇なときにやることがない、とまで書かれていた。クリスティンが言う”文化が何もない街”とはまあ的確な表現らしい。そんな片田舎の閉塞感のなかで、思春期特有の自己特別感を持て余し、自我と自尊心をこじらせた、ちょっとズレていて冴えない女子高生の痛々しい日々をテンポよく描いている。自ら「レディ・バード」と名乗ってみたり、何者にかなりたくて都会に憧れる気持ちとか、斜に構えたバンドマンに恋してイケてるグループに近付いてみたりとか、背伸びしたり知ったかぶりしたり。痛い。痛いけど、その青臭さを懐かしく思い出す。そしてこの物語の特徴は、アメリカにおける大学受験の苦しみと、厳格で口やかましい母親との衝突と葛藤を描いている点だ。自分の考えを認めてもらえないクリスティンは、兄に比べて母親に愛されていないと思い込んでいる。だが、画面からは母マリオンが不器用ながら確かに娘を愛していることが伝わってくる。微笑ましく、切ない。近すぎて見えない親の寛大な愛は、ずっとずっと後になって押し寄せてきたりするものだ。尚、カリフォルニア大学バークレー校出身のお兄ちゃんはどうやらアジア系の外見なので養子らしい。終盤にそれを裏付ける母娘のエピソードが出てくるが、その頃にはもう、涙でスクリーンが見えないことだろう・・・。じんわりと、素敵な映画であった。
 

【映画】ゲティ家の身代金

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-38
ゲティ家の身代金』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

1973年に起きた世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を描いたクライムサスペンス。ジョン・ピアースンの原作「ゲティ家の身代金」をベースに、デヴィッド・スカルパが脚本を執筆。この傑出した脚本に惚れ込んだ巨匠リドリー・スコットが映画化した。出演はミシェル・ウィリアムズマーク・ウォールバーグら。公開直前にスキャンダルで降板したケヴィン・スペイシーに代わり、大御所クリストファー・プラマーが急遽ゲティを演じ、アカデミー賞演技部門ノミネートの歴代最高齢記録を更新した。
 

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ジャン・ポール・ゲティ。1973年、孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されるが、稀代の守銭奴だった彼は支払いを断固拒否。離婚により一族から離れていたポールの母アビゲイルは、息子を救い出すため誘拐犯、ゲティ家の両方と闘うことになる。狂言誘拐を疑われ、マスコミに追われて疲弊するアビゲイルだったが、その一方で、犯人たちは身代金が支払われる気配がないことに苛立ち始めていた...
 

かんそう

この映画の原題は「All the money in the world」である。1957年にフォーチュン誌に「最も裕福なアメリカ人」として掲載され、1966年に「世界一裕福な個人」としてギネスブック認定されたジャン・ポール・ゲティ。彼の当時の個人資産は、現在の価値に換算すると83億ドルに相当するそうだ。9兆円。なお、2018年の世界一はジェフ・ベゾスさん、日本の国家予算をゆうに超える1120億ドルをお持ちである。ピケティ先生が言う通り、格差が拡がり続けている資本主義社会の異常を実感しつつ、ゲティ氏に話を戻すと「世界一の金持ち」と言われた彼は「類稀れなるケチ」としても有名であった。孫のジャン・ポール・ゲティ3世がマフィアに誘拐されるが、しかし孫、父のジャン・ポール・ゲティJr.とともに普段の素行が悪すぎた。放蕩息子の狂言だと思ったじいさん、支払いを拒否。たしかに1700万ドルは途方もない金額だが、事件が起きた1973年当時はオイルショックで石油価格が暴騰しており、ゲティは1日に1700万ドル以上の利益を得ていたと言われている。その後の顛末は是非映画を観ていただきたいが、金に取り憑かれ、翻弄されたゲティ家のこの驚くべき実話が、安定のリドリー・スコット品質で中弛みすることなくスリリングに描かれており、見応えのある作品となっている。そしてこの作品の驚くべきことがもう一点ある。当初ケビン・スペイシーが特殊メイクにより81歳のゲティを演じていたが、セクハラ問題により急遽降板。公開を1ヶ月後に控えていた2017年11月、スコット監督はクリストファー・プラマーに出演をオファーし、たった9日間で再撮影を行ったのである。一時はお蔵入りも危惧されたが、クリストファー・プラマーの見事な仕事と存在感による”ジャン・ポール・ゲティの肖像”は圧巻だ。ミシェル・ウィリアムズの実力は言わずもがな、しかし『テッド』でダメ中年を演じたマーキー・マークことマーク・ウォールバーグが元CIAの交渉人をシリアスに演じているが、どうしてもアホかわいい。マット・デイモンの代わりだったのかしら・・・などと勘繰りつつ、最後に、ゲティ家について調べているときに出会ったゲティ3世の言葉を記しておきたい。
 
To me, money is not happiness at all.  ——John Paul Getty III
 

【映画】ファントム・スレッド

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-37
ファントム・スレッド』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

パンチドランク・ラブ』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ザ・マスター』で世界三大映画祭の監督賞を制覇したポール・トーマス・アンダーソンの長編第8作目となる本作は、第二次世界大戦後の英国オートクチュール界を背景に、仕立て屋とミューズの関係を描く。アカデミー主演男優賞を獲得した『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』以来、10年振りに監督とタッグを組んだ主演の名優ダニエル・デイ=ルイスは、裁縫師のもとでおよそ1年間修行を積み撮影に臨んだ。また、本作をもって俳優業の引退を表明している。ルクセンブルク出身の新鋭ヴィッキー・クリープス、『家族の庭』などのレスリー・マンヴィルらが共演。レディオヘッドのメンバーとしても活動するジョニー・グリーンウッドが音楽を手掛け、50点もの衣装をゼロから仕立て上げた衣装のマーク・ブリッジスはアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した。
 

あらすじ

1950年代、ロンドン。唯一無二のデザインと職人技術で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する仕立て屋のレイノルズ。ある日、別荘地のウェイトレスのアルマに一目惚れした彼は、彼女を新たなミューズとして迎え入れる。しかし、若く情熱的なアルマはレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく。苛立つレイノルズはアルマに対して無神経な態度を繰り返し、不満を募らせた彼女はある日、朝食に微量の毒を混ぜ込むが……
 

かんそう

名優ダニエル・デイ=ルイスの引退作にして、ポール・トーマス・アンダーソン監督の傑作だ。なんと表現していいのか、とにかく巧すぎて圧倒された。完璧主義のPTAが丹念に拵えた、プロット、構成、演出、衣装、映像、音楽、そして「音」が、恐ろしく統制のとれた美しい世界を創り出している。そこで展開される複雑怪奇な歪んだ人間模様が、まるで普遍的なもののように描き出されていることに戦慄する。自分を完璧に仕立て上げる朝に始まり、厳格なルーチンで生活の全てを創作に捧げているレイノルズ。田舎のウエイトレスだったアルマは彼に見初められ、一夜にして上流階級へと引き上げられた。当時(今も)階級社会のイギリスにおいては夢のような話であり、『マイ・フェア・レディ』の世界だ。彼はアルマの“完璧な身体”を愛し、彼女をモデルに昼夜問わず取り憑かれたようにドレスを作り続ける。どうやら彼の母親の体型に似ているらしいアルマは、16歳から母親の”亡霊”に取り憑かれている彼において”完璧”だったのだ。しかし自己中心的な彼にとって女性は創作の道具に過ぎず、これまで彼のルーチンを乱す者は容赦無く棄てられてきた。ところがアルマは他の女性と違い、情熱的で純粋で図太く、そして賢かったのだ。巧妙な駆け引きを繰り返し、主従関係が行き来する二人のあいだには、常にヒリヒリとした緊張感が漂う。アルマはレイノルズを意のままにすることで自己肯定し、レイノルズはアルマを通して母親の”亡霊”を見る。もう、ホラーの域である。そうして運命の二人が辿り着く、倒錯した愛のかたちは、まったく理解しがたいほどに甘美で狂おしい。
 

【映画】アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-36
 

うんちく

ラースと、その彼女』のクレイグ・ギレスビー監督が、「ナンシー・ケリガン襲撃事件」などのスキャンダルを起こしたフィギュアスケータートーニャ・ハーディングの半生を、独自の切り口で描く。『スーサイド・スクワッド』などのマーゴット・ロビーが4ヶ月に渡るスケート特訓を経てトーニャを演じ、本作のプロデューサーも務めている。母ラヴォナ役には、エミー賞を7度受賞している演技派のアリソン・ジャネイが挑み、第90回アカデミー賞助演女優賞および第75回ゴールデン・グローブ助演女優賞に輝いている。『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタン、『gifted/ギフテッド』のマッケナ・グレイスらが共演。アカデミー賞編集、ゴールデン・グローブ賞作品賞など数々の賞にノミネートされた。
 

あらすじ

貧しい家庭で、母親による暴力的な支配のもとで育てられたトーニャ・ハーディングフィギュアスケートの才能に恵まれた彼女は、努力を重ねアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、1992年のアルベールビル、1994年のリレハンメルオリンピックの代表選手となる。しかし、元夫のジェフ・ギルーリーの友人がトーニャのライバルだったナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生は一変。転落が始まるが……
 

かんそう

ここ最近、ホワイト・トラッシュ(アメリカ合衆国における白人の低所得者層を指す)が登場する映画を立て続けに観ている。史上最もスキャンダラスな事件を起こしたフィギュアスケータートーニャ・ハーディングも、被害者であるナンシー・ケリガンも、貧困から逃れる手段としてスケートに賭けていた。事件当時、ニュースで繰り返し流された”Why!?”と叫び続けるケリガンの映像を覚えている。子供ながらに、とても馬鹿げていて不思議な出来事だと思っていた。貧困家庭で暴力と罵詈雑言にまみれて育ち、無知蒙昧で品性の欠片もないトーニャは、公式試合でトリプルアクセルを成功させた史上2人目の女子選手でありがながら、エレガントさや芸術的な要素に欠けるため評価されない。劇中の台詞にも出てくるが、本当に実話がベースなのだろうかと疑いたくなるほどバカとクズしか出てこない。クレイグ・ギレスピー監督と脚本のスティーヴン・ロジャースが映画の冒頭で、この映画はハーディングと関係者の証言を元に(嘘か誠かはさておき)作ったもので、まるで馬鹿げているが彼らがそう言っているのだ、と言い添えている。まんまと、こんな馬鹿げたことがあるものかと呆気に取られた。モキュメンタリーの手法で物語が展開するが、躍動感ある魅力的な音楽と映像、ブラックユーモアに彩られ、マーゴット・ロビーアリソン・ジャネイの怪演も相俟って、ひとときも目が離せない。兎に角も秀逸である。
 

【映画】フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-35
『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』で世界を驚かせたショーン・ベイカーが監督・脚本を務め、35mmで撮影。フロリダ・ディズニーワールドに隣接した安モーテルを舞台に、パステルカラーに彩られた風景が広がる世界で暮らす貧困層の人々の日常を子どもの視点で描く。フロリダ出身の子役ブルックリン・キンバリー・プリンス、ベイカー監督自らがInstagramで発掘した新人ブリア・ビネイトが母娘を演じ、モーテルの管理人を演じたウィレム・デフォーは、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
 

あらすじ

定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、“世界最大の夢の国”フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。シングルマザーで無職のヘイリーは厳しい現実に苦しんでいたが、ムーニーは管理人のボビーに見守られながら、モーテルで暮らす子供たちと冒険に満ちた楽しい毎日を過ごしていた。しかし、ある出来事をきっかけに、厳しい現実がムーニーの夢のような日々に暗い影を落とすようになり...
 

かんそう

ものすごく正直な感想を言うと、少し苦手だった。理由はいくつか。映像の質感やカメラワークが好みではないこと。プロットやエピソードは面白いのだが、子供を使ったわざとらしい演出が時折鼻につくこと。シングルマザーを演じたブリア・ビネイトがあまりにも”はすっぱ”で、共感を持てないどころか、嫌悪感を抱いてしまう。だが、そのくらいリアルだったということだろう。無知で無学、怠惰で粗野。社会秩序から逸脱し、定職に就かない(正しくは”就けない”)彼女を断罪することはたやすいが、自己責任論を押し付ける前に、資本主義の最下層で喘いでいる人たちのことを我々は知らねばならない。日本でも貧困の問題は深刻だ。この作品は、彼らの厳しい現実を「無邪気な子どもの視点」を通して間接的に描くことで、その真実をくっきりと浮かび上がらせる。富裕層の笑い声が響き渡る世界最大のアミューズメント・リゾート”ディズニー・ワールド”の外側では、ホームレス寸前の貧困層がモーテル暮らしを余儀なくされているが、その一方でサブプライムローンの崩壊で主人を無くした廃墟が立ち並ぶ。いびつな社会構造の底辺で、蠢くように命をつないでいる母娘の姿に胸が痛む。そして、それを見守るウィレム・デフォーの厳しくも優しい眼差しが素晴らしい。苦手と言いながら、優れた作品として興味深く観た。
 

【映画】モリーズ・ゲーム

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-34
モリーズ・ゲーム』(2017年 アメリカ)
 

うんちく

ソーシャル・ネットワーク』『スティーブ・ジョブズ』でゴールデン・グローブ賞を受賞した脚本家アーロン・ソーキンの初監督作品。世界中の誰もが知っているハリウッドスターやミュージシャン、大物実業家らが顧客リストに名を連ねていた高額ポーカールームの経営者モリー・ブルームを描く。モリーが2014年に刊行しベストセラーとなった回顧録を基に、アーロン・ソーキンが独自の視点で脚色。主演は『ゼロ・ダーク・サーティ』『女神の見えざる手』などのジェシカ・チャステイン、『マンデラ 自由への長い道』のイドリス・エルバ、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のケヴィン・コスナー、『JUNO/ジュノ』のマイケル・セラらが脇を固める。
 

あらすじ

2002年、冬季オリンピック予選の最終戦。女子モーグル北米3位のモリー・ブルームは五輪出場を目前にして大怪我を負い、アスリート生命を絶たれてしまう。その後、ハーバード大学のロースクールに進学するまでの一年間、LAで休暇を取っていたモリーは、バイト先の上司からポーカールームのアシスタントを頼まれ、名だたるセレブばかりが集まる違法高額ポーカーゲームの世界に足を踏み入れることに。一晩100万ドルが動くスリリングで華やかな世界に魅了されたモリーは、やがて自分のポーカールームを構えて成功を収めるが、2012年のある日、FBIに突然踏み込まれ閉鎖に追い込まれた挙句、全財産を没収されてしまう...
 

かんそう

モリー・ブルームの顧客リストに名を連ねていた有名セレブとは、レオナルド・ディカプリオベン・アフレックトビー・マグワイアマット・デイモンマコーレー・カルキンアレックス・ロドリゲス、など。ちなみにモリー本人が明かしたのではなく、メディアが暴露したものだ。彼女は全財産を没収されても、顧客を“売る”ことをしなかった。顧客リストの中身を晒せば大金が得られただろうに、そうしなかったことに感銘を受けたソーキンが映画化を決めたんだそうだ。知性と美貌、そして高潔さを兼ね備えたモリー・ブルームを演じるのはもちろん、ジェシカ・チャステイン。『女神の見えざる手』で泣く子も黙る敏腕ロビイストを演じたジェシカ・チャステイン様である。ぐうの音も出ない。っていうか、ジェシカ・チャステインがいなかったら成立しない映画じゃね?という感想が頭をよぎるが、台詞の応酬がテンポよく、スリリングな展開を楽しんで観た。どうでもいいけどジェシカ・チャステインのオパ~イが見事であった・・・。大御所ケヴィン・コスナーの存在が霞むほど・・・。
  

【映画】私はあなたのニグロではない

f:id:sal0329:20180520195952p:plain

劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’18-33
私はあなたのニグロではない』(2016年 アメリカ,フランス,ベルギー,スイス)
 

うんちく

60年代公民権運動の中心的人物・思想家としたアメリカ黒人文学を代表する作家、ジェームズ・ボールドウィンが残した未完成原稿『Remember This House』を基にしたラウル・ペック監督によるドキュメンタリー。ボールドウィンの盟友であり、30代の若さで暗殺された公民権運動のリーダー―メドガー・エヴァース、マルコムXキング牧師らの活動の軌跡を追いながら、アメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。俳優のサミュエル・L・ジャクソンがナレーションを担当。ロサンゼルス映画批評家協会賞などで受賞したほか、第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など数多くの映画賞にノミネートされ、高く評価されている。
 

あらすじ

1957年。フランス・パリで執筆活動をしていたボールドウィンは、ある報道をきっかけに「パリで議論している場合ではない。われわれの仲間は皆責任を果たしている」と故郷に帰る決心をする。人種差別の最も激しいアメリカ南部への旅に出た彼は、公民権運動のリーダーだったメドガー、マルコムXキング牧師との出会いと別れ、司法長官ロバート・ケネディとの会談、それらの出来事を記録し、各地で講演を行う、精力的な活動を通して、アメリカの人種差別の歴史とその正体を解き明かしていくが...
 

かんそう

60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまでを描いているが、50年経った今でも人種差別を巡る状況が変わらないことを突きつけられるドキュメンタリーだ。
「歴史は過去ではない、現在だ。我々は歴史と共にある、我々が歴史なのだ。この事実を無視するのは犯罪と同じだ。」ハーレム生まれのボールドウィンは、1948年からパリに暮らしていた。当時、黒人が米国で白人による人種差別を批判することには命の危険が伴う。しかし彼は「二度と戻らなくてもよかった」はずのアメリカに1957年に帰還する。ノース・カロライナ州シャーロットで、黒人で初めて白人の高校に入学したハリー・カウンツという少女がいた。登校するハリーに罵声と嘲笑を浴びせ、石や汚物を投げつける白人たちの群れとともに、苦痛の表情を浮かべながらも、尊厳を失うまいとしている彼女の写真がパリ中の新聞に掲載されたのだ。ボールドウィンは彼女に同情するとともに「誰かが彼女に付きそうべきだった」と大いに恥じた。そして彼はマルコムXキング牧師らとともに公民権運動に身を投じ、"差別の正体”を解き明かしていく。「私はニガーではない。私がニガーだと思う人はニガーが必要な人だ。白人がニガーを生み出したのです。何のために?それを問えれば未来はあります。」作中に挿入される実際の映像に映し出されるレイシストたちの醜く歪んだ顔にぎょっとする。無知と先入観によって生み出される差別と偏見が、人を怪物に変えてしまうのを目の当たりにするのだ。私たちはきっと、それを直視したほうが良い。ロバート・ジョンソンよりも先に悪魔に魂を売ったブルースマン、トミー・ジョンソンを筆頭に、ビッグ・ジョー・ウィリアムズ、バディ・ガイジェームス・ブラウンといったその時代を映し出す黒人音楽に彩られているが、エンディングに流れるケンドリック・ラマーの「The Blacker The Berry」が ”この現実を見ない者は皆、偽善者だ” と訴える。キング牧師暗殺から50年、何も変わっていない。