或る映画凝屋の手記

劇場で観た映画のことを中心に、適当に無責任に書いています。

【映画】メッセージ

 
劇場で観た映画を適当に紹介するシリーズ’17-28
『メッセージ』(2016年 アメリカ)
 

うんちく

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編の監督に抜擢されたドゥニ・ヴィルヌーヴが、優れたSF作品に贈られるネビュラ賞を受賞したアメリカ人作家テッド・チャンによる小説「あなたの人生の物語」を原作に映画化。独特の映像美と世界観で、まったく新しいSF作品を生み出した。主演は『アメリカン・ハッスル』を含め5度アカデミー賞にノミネートされたエイミー・アダムス、『ハート・ロッカー』など2度アカデミー賞にノミネートされたジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーらが共演。
 

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。世界中が不安と混乱に包まれる中、謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、彼らが人類に何を伝えようとしているのか探っていく。試行錯誤しながら彼らが使う言葉を解読するうちに、彼女は時間を遡るような不思議な感覚体験をするようになる。やがて知的生命体「ヘプタポッド」との対話が進むにつれ、彼らが地球を訪れた理由と、人類へのメッセージが判明し...
 

かんそう

言わずもがな、例のアレが「ばかうけ」にそっくりなことで話題になった映画である。英会話クラスの宿題で日記(英文)を書かなくてはいけないのだが、この映画を観たよっていうトピックスで"BAKAUKE" is a rice cracker, and “KAKI-NO-TANE”came out from a big “BAKAUKE”.って書きながら私はどこに向かっているのかと。あっ、巨大ばかうけから柿の種が…って思ったのは私だけじゃないはずだ。
さて、事前にどのくらい情報を仕入れて観るかが肝になってくるが、新鮮なインパクトとハッとするような気付きの瞬間を得たいなら、最小限にしておいたほうがいいだろう。でも、理解するには集中力が必要。例えば、既成概念にとらわれると、ものごとの本質や大切なことが見えなくなってしまう。時間の流れすら、概念にすぎない。そういったことを念頭に置いて観ると分かりやすいかもしれない。SFではあるけれども、これは壮大な愛の物語である。理屈ではなく、愛によって運命を受け入れること、そして私たちは未来を選ぶことができるということ。「彼ら」からのメッセージが、じわじわと胸に押し寄せてくる。もう一度観て、散りばめられた秘密をひとつずつ、紐解いていきたい。